今週末も良いお天気で。
今週末も良いお天気ですね。

私にとりましては格別な週末です。^^


それとは別に、明日から圭ちゃん試合も始まります。


帽子なしで試合に臨まれることだけはお願いしたいのですが、、。 ^:^



サンバイザー付き
ゴムバンドなどはこの世に存在してはいないと思うので、

帽子の代わりにせめてゴムバンドだけで、、
、 と思っておりましたら


圭ちゃんが帽子ではなく!今まで見たことのないゴムバンドで!練習をしている姿が映りました!~ ^:^

良いですね良いですね。


このような見えない遠隔会話って大好きです。

エネルギーのキャッチボールと言いますか何と言いますか、
そりゃあ、受け取りますでしょうからね。^:^

でなければ私も書かないわけですから。


受け取れる方受け取れない方というのがあります。


全てに意味があるわけです。


とにかくこの素直な流れに感謝しております。^^


本番試合でも是非ゴムバンドで頑張られて勝ち進んで行って下さいね。。

新しい試みを嬉しく思います、新たな出発ですね!^^


奇しくも格別な時期を迎えている私にとりましても、今週末は新たな出発なのです。


、、 この件の詳細はまたいつかの機会にでも、、。


幼少の頃からの私の原点のお話です。^:^


それでは皆さん、良い週末を。。




微笑みシドニーブルー目なし


2011年からのLive表示。 2011年に突然の人口数字増加。 今の時期にハゲ社長の退き。 ワンワン!
Live表示が盛大になり始めたのは

東大震災の半年後あたりからでした。


人口1億3000万と言い出したのも9月頃。

2つの番組でのみ突然に「人口1億3000万人が」と突拍子もなく洗脳言葉を流しておりました。


それはフジと日テレでしたよ。

日テレでは中居のまーちゃんが言ったのがとても不自然で、

SMAPに疑問を感じた一瞬でしたね。

スマでは未だに国民に募金「請求」をしているようですが。


そんな時から開始されたLive表示、

私には裏が判るので。


国民に催眠術は仕掛けないで下さいね。

少なくとも私はやられないので。


そして、宮城では「戸籍情報を保管していたPCが壊れた」

と当時の地震直後に報道で言い出し、人口は1億3000万、だと急に数字増加をさせたわけです。

PC一つで戸籍が操作出来るわけではありませんよ?

しかもあのタイミングでの数字増加?


そして「壊れたPC」との報道をしたとき、どこかの室内で床に浮かんでいたPCをただUPで映していましたが、

それが「戸籍証明紛失」の証拠とはなりませんよ??


更にその後にフジが突然、「戸籍のない子供たち」とかいう内容のドラマを 無 から作り出しましてね、、、。。ーーー

観ませんでしたが。^^

悪いですがその題名は本当は「インベーダー」にするべきなのではないかと。

当時にそう思わせて頂いたものです。。。


そんなこんなの全ては繋がっているのです。


しかし今年、新たな動きがそろそろ出るのでしょうかと思いながら。


やはりその人たちはこの上ない岐路に立たされていくのでしょうね。今後。

そういえばハ*社長が退いたようです。

この時期に?? ---



「祖国の犬なんかにはなるなよ。」

なんちゃって、、。。


ワンワンワンワン。


結局最後にはご本人が一番ワンワン言うことになるのでしょうか。




微笑みシドニーブルー目なし


無法地帯。 真実とは真逆に動いているこの幻の中で。
教養もない法律もない精神の形成もない、

命もなく人権も無い、

的が外れた週刊誌記事のように極悪で、

犯罪に拍車を掛けているだけの偽社会無法地帯。


一つ一つ始末する時が来たのですよ。


真実とは真逆に動いているこの幻の中で。




微笑みシドニーブルー目なし


悲しい人間たち。 249人の方々とは集まり。^^
249人の方々と集まっていくのです。


それにしても社会は悲しい人間たちで溢れていて。


悲しいものですね、

別に悲しんではおりませんが。



微笑みシドニーブルー目なし


Live、ではなく中継と表示して下さい。 ーー
TV画面での表示ですが、

Liveではなく 中継 と表示するべきです。


此処は日本、

中継・生中継とするべきです。


Live、とは後ろから読むと Evil 

となり、

これは 邪悪 という文字を随時表示していること同じ、

確信犯的邪悪なTV制作を故意に誇示していることになります。



これ以上 国民への催眠術は見れたものではないので

Live表示は中止 を是非試みて頂きたいです。ーーー



微笑みシドニーブルー目なし

Copyright ©     石原真理               “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.