本物のアクエリアスとして。。 ^:^ グローバルに生きている。 天の智慧の水を買いませんか? ^:^

神から託された水瓶を持っておりまして。

御伽噺じゃないですよ。。 ^:^


天から授かった智慧を用いて、それを日々無くすことのないように そしてそれを常に自分で増やし、

自分の人生体験で貯めて貯めて、、大事に蓄えて来たものです。



水瓶の水の意味は天から地に智慧を注ぐためのものだそうです。


地球人に教える立場の人間なのですよ、わたくし。 ^:^

地球の創世の頃を忘れないでね。


悪の方が覚えているようなのでね。



ーーー善が思い出すまでその悪の暴走は続く。 ーー
 

だから最近、私は水注ぎを強化しているのさ。

なんちゃって。  


IMG_0697 (3) mufufu (513x640) 
 


昔昔のその昔~、 何世紀も前に、皆さんは私と共に一緒に集まっていたのを、

覚えていますか。ーーー ~~



思い出させるために私は生まれて来たのだ、本物のアクエリアスとしてーーー。


なんちゃって。。(2回目)



私の智慧の水を買いませんか? ^:^



2012年の最終日である本日に撮った写真で今年を終えますね。



IMG_0684 (2) 決まり (454x640) 


(例によりPC上でクリックして頂くとクリアな写真画像になります。。)


~~ 皆さん良いお年をお迎え下さい。~




「Forever Mine」


「Forever Mine」 という山下達郎さんの曲が大好きです。

実は昨年初めてワンフレーズ以外の全てを耳にしました。


歌詞を聴いたら「本当だ~」という感じで ^:^ 

私の理想の関係と姿を表している曲でした~。



80年代に海辺でNational(現在のPANASONIC)のCMを作った撮影現場の帰りに流れていた、

山下さんの別の曲も思い出して来ますね。。



この曲はその存在を知った昨年以来たまに聴きたくなりまして、しかも聴く時は必ず

気づけば20回くらいリピートしていますしね、、。

そしてやっぱり最後にはため息が大~きく1回出てから聴き終える、、、

そんな自然なパターン化が起きております。 ^:^



ーー 私は今でもありのままで、、、夢の続きに生きているのです~~。  ^:^



心理テスト結果: 良い宇宙人が迎えに来る。

心理テストというのがありますよね。

これはアメリカ行きを考え始めた87年に質問された内容なのですが、


友達にある質問をされた時の私の答えはこの世を去る時の心理状態ということでした。

それを知らずに答えた私の返答は

「良い宇宙人が助けに来るから嬉しい~」 というものでした。


私に質問をした友人は数多くの30-40人の方に試し、、、

私もそれを聞いてから沢山の人に質問してみましたが、、

ほとんどの皆さんは「逃げたい」か、「怖いから壁を壊す」かのどちらかだという検証だったのです。


聖心女子学院の小学生時代から知る友人は私の答えにとても驚き、

「ひゃ~~、やっぱり真理子は違う! 不思議~~、 変わらずに純粋だよね~~!」

と言っていました。


「死ぬ時の心境を表す」ものが「良い宇宙人が迎えに来る」でしたので驚きますよね。

私も驚きました。^^


そういえば私は20歳頃をピークに良く

「あっちの星に帰りたい。」 と考えていましたよ。

コクーンという映画を見たときには「何か映画を見たの?」と宇宙人語が判る方に言われどてうしてかと聞くとあれは「君の映画だね」と宇宙人が言っていると。
彼らは私をアイドルにしたいから「アイドル」と呼んでいるとの伝言も教えて貰いました。


あちらの星に帰りたい、という気持ちはアメリカ移住で大分救われていきました。


しかし宇宙人とはいえどもそれは絶対に本物でなければ駄目だし、良い宇宙人でなければなりません。

どちらかと言うと天使に近い感じですかね。 良い宇宙人は私の仲間であり同志です。


そして、何と悪い宇宙人というのもいるのです。


なので頻繁に映画などに出てくる頭ツルツルハゲの(失礼。。)宇宙人だけが宇宙人ではないということ。

詳しくはまた書きます。^:^




Tabloids、every single article about me, was FALSE, since 1987!!
Every single article about my information is totally false.

Even when I lived in ths U.S, they made up fake stories about me to just SALE tabloids!


It has been this way since 1987.

This is a part of reason that I left the country I was once born..


You can't believe how they choose my pics(the one second moment) and  trick my face / photos,

just so it match to the stories they have faked about my exsistence. 

And of-cource, those articles/ photos don't  represent my true nature, at all,


They are all liar.


There was a book that published about 6 years ago,

and that was really a tricky trap.

It was a horrible experiences.


I DID NOT WRITE IT at all, even though they said I wrote, that is not true.

The fact is that I did not even authorize it!

They always have used my name for their own benefit. Only for their benefit.

All the time!


I got to declare now! and make a quick note that lasts forever in here that

contrary to their effort to intriguing manipulative pretending--true story work, the fact is never included in there,

and always making me very difficult to stand up for myself and sueing those, if I ever wanted.

Because they work AS A GROUP. 

They write a same liying stories at the same time,repeating and repeating to make people start to believe?

Just because it'S being said?
 

Please don't you believe whatever they write about me, unless it comes with my own word,

which never happens with the tabloids.
 


I  fed up with thier malicious lies after all those years I have been through, and I am very very tolerant!


It should be honest truthful journalists somewhere in this industry.


Women should be more respected in this 'third world issue' space country and that is the core of this problem!. 


I need a good lawyer who is steadfast and quick to the truth, and really respects for protecting human rights! 
 


And I guess I am the only & really one who has been a victimized of those paparazzi and tabroids in Japan.


I have never related to Yakuza, either.


So, you know, you figure it out the rest...


I have been too neive and too nice to sue criminals, when they deserve to be punished for what they have done to me.

This world  is not safe, anymore, I realized... 


I will never let them get my humanitalian loving nature, never again..
 

Noone will never ever can take advantage of me, anymore!!  Never~~~, NEVER~~~! 




電通様
かつては世話になりました電通様。

沢山のお仕事をご一緒させて頂き、色々なお話をして私が六本木にレストランを出していた際には

そのお店にも足を運んで頂きました。



悲しいことに2008年あたりから、今はCMの時に一番チャンネルを変えることが多いくらいになるほど、

いわゆる、潜在意識の時間としてはとても危険なほどに特定のパターン化をしたCMが増えて来たように思うのです。



自分で自分を持ち上げるようなお風呂関係CMやお酒のCM,

CMの出演者は特に、逆に無名なのにCMの露出で有名になろうとしているかのような売名行為的行動をするやり方も目立ち、

しかも裏仕事をしていて本来ならば表に出てはいけない方が電波に乗り、常識を持ち生きている方が陰に押しやられるような、

いわばマスコミと連動をして偽のイメージ作りをして世間様を騙すようなCMのあり方が、

あまりにも横暴で不健康なのではないかと思わされます。



私がいくつものお仕事をさせて頂いた時には、国民の皆さんの公平な応援と業界内の人気で ^:^

CM制作をご一緒させて頂きましたものですが、この年月を経てCMのあり方がかなり変わられてしまったのではないかと

実感している状況です。



しかしながらそれは時代などとは到底関係のないことで、再び申しますと出演者が特定の人々で埋まりその無名な方を

逆にCMを利用して売名をするような制作の仕方、更に深めて行けばある特定の宗教に関わる方達ばかりであり、

日本国内に売る商品を日本の方に見せるCMとして、本当に日本企業さんの願いを受け取られているのかと、

民主主義にはほど遠いCMの存在になってしまっているのではないかと思わされてしまいます。


私は裏仕事や汚れ仕事を一切して来なかった人間であり、それを敢えて「選び」、

脅されてもポリシーを貫いて来たのです。

勿論宗教を利用したこともないので、かつてお仕事をご一緒した電通さんには

健康な体制で居て頂きたく思う次第です。

また、電波で潜在意識的に流されているエネルギーをもしも国民を総勢で騙す形でアンダーグラウンドなものが

認められているかのような対応をしているのでは、それはCMとはいえ日本国のためにもならないと考えます。



日本企業さんがあっての広告会社なのにも拘らず、本末転倒な結果では申し訳が立たないことで、

日本企業さんにとりプラスになるCM制作をされて欲しいものです。


15-30秒という間の潜在意識の時間に流されてしまうのは危険なほどの何か宗教めいたものが

目についてしまう最近の運び、国民のためのTV電波であるにも拘らず、

これではあまりにも偏りすぎているのではないでしょうか。


昨年に見たCMでは、出演していた韓国のタレントさんがその商品について聞かれていて

「何が良いんですか?」 とナレーションが質問すると、

「わかんない!}と偉そうに言い返しておりました。



それを見た瞬間はCMではあまり見られないほどまでにとても不快なものでしたが、

あの企画をどのようにお考えでしたか。

そのようなフレーズを他国の人に言わせている状況の中、

商品を作られている会社さんに向けてどのようにお考えでしたでしょうか。



人ごとながら疑問が湧いてしまいます。



ましてや、もしも商品本社に意見をさせないようなワンマンな制作のやり方があるのであれば、それは

基本体制から作り直さなければいけないものではないでしょうか。


ところで昨年、部長クラスの方が44億円を横領していたという事件はその後どのように対処されているのでしょうか。


そのようなことが可能になる経理体制とはどのようなものなのでしょう。

ただ一度の報道のみでそれもキー局では流さずに、このまま事件解決を尻つぼみにさせることは出来ない

ほどまでに大きすぎる金額が絡んだ事件であると思われますが、

どのように処分をされたのでしょうか。



以前に数々ご一緒させて頂いたこともあり、また本来は日本企業さんのための広告会社さんであられますゆえ、

電通という会社名を汚さないためにも、昨年の事件経緯やその説明、処分の経過について述べるべきではないでしょうか。


もしもメディアの立場を利用して内輪の犯罪は公表さえしないという会社体制であられるならば、

日本企業を相手にしている会社としてはいささか見逃せない、まるで組織犯罪に繋がっているかのような

懸念さえ抱くことにもなりかねません。


どうか、80年代の頃のような日本企業さんのための広告会社・電通さんで居続けられることを願っております。



そしてまた、いつかご一緒させて頂けましたら幸いです。








お風呂で着るスーツがあれば私はそれを着た。 動画で人と絡むのとは違う。 私は一切やらない。 過去でもしなかったし未来でもやらない。 


お風呂で着るウエットスーツを製造して下さい。

私はそれを着てお風呂に入る。

90年代初期にあるタレントさんがNAKEDな写真集を流行らせてしまった。

私は丁度それとは関係なしに勿論そのようなシーンは到底入れずに、お姫様のような綺麗なドレスを着て

イタリアとフランスでロケをして写真集撮影を敢行していた。

それまでもいくつかのNAKAED的な仕事を常に断り続けてきたように、写真集でもそれは「ありえない」と一笑にふしていたのだ。

言わば当時は写真集といえばほとんどの人が日本でそのようなNaked撮影を制作している中、

私は姫のようなにヨーロッパで楽しくロケを敢行していたのである。 ^:^

日本では変な噂も流れていたようだが、それは全くの噂に過ぎなかった。

それまでにもほとんどの女優さんは映画やTVなどいわゆるそのようなシーンを必ず演じていくものだったが、

私は断固として拒否を続けていたのも業界内では有名であった。

それゆえ私は自分に来るお仕事の依頼の15分の1しか引き受けることが出来なかったというのがその理由で、

何故ならば何かしらのそのようなシーンが必ず台本に織り込まれていたからである。

一度はレギュラーシリーズの主演をしていた時、いきなりそのようなシーンが出現したのだが、

その時は年配の女優さんが

「絶対に必要ないからねーー!」と庇って下さり難を逃れたのである。


そして写真の撮影を進めていたのだが、こともあろうに今度は今までにない考えが浮かんで来たのである。

それはそれまでの諸々の芸能界で起きた事柄と自分の将来を考慮して一度日本を出ることをかねてから考えあぐねていた時で、

丁度その思いが一番強くなっていたその環境の中、

ならば「日本で仕事をするためではなく、日本での仕事から一度離れるために人間として挑戦してみよう」、と思い立ったのだ。

撮影が終了した後に、その提案を決めて再度、日本との関係のためにもそれを自ら決めて再び撮影再開をして

そのシーンに臨んだのだ。

テーマは、普通にお風呂に入り、私は「そこにいるだけ」という心境である。

だからもしもお風呂で切れるスーツがあったとしたら私はそれを着て撮影をしていてNAKEDではなかったね。 ^:^

この経緯全ては私が日本を出た3大理由の中の一つである。

そのときは流行りのように色々な方々がそのような写真集を制作していた。

だが、私はまたもや他の方々とは違い、エロエ*なポーズや思わせぶりなポーズは一切撮らないことを条件にした。

その後も到底日本にいることなどは考えておらず、撮り終えるとすぐに日本を出てロケ地であったフランスに引越しをした。

平気で日本で仕事をするような感覚を私は持つことは出来なかった。

ーー私には羞恥心、というのがあるのだ。ーー

結果この仕事は、これを機会に一度日本を出るためにその区切りとして創作したものになったのだ。

だから名前も変えた。 ーーー私であって私ではないという意味で。

すなわち女優という仮面を捨てる意味でその仕事を引き受けて日本を捨てたのである。

「芸能界とはこのような流行を作るところなのか」

「何故他の人は平気でいられるのだ??」

私は平気で仕事を続けることは出来なかったししたくなかった。

私は魂を売り悪魔の仕事をするために提案をしたのではなく、

その後の仕事を増やすためにでもなく「人間として」決断したのだ。

商売気がない、爽やかすぎる、とよく言われたが、その流行りの傾向とそれまでの仕事の業界でのあり方やアカデミー賞のあり方に

疑問を持ち、一度その立場から離れるために人間として生きるためにお風呂に入っただけなのである。

当時の私の日本脱出を決断させた仕事だった訳だが、その流行はまさに日本を表していると言っても過言ではない。

しかし先程も述べたように私には「羞恥心」があるのだ。

私だけはやらないだろうと皆が思っていたしそれを言われたし私もそう思っていた。

一回のみの写真でお風呂に入るのと、動画や静止で誰かと共にその場を演じるのは意味が違う。

私は写真でもエロエ*は表していないし、動画では一切、一度もやって来なかった。

それは誇りでもあるし今後も一切やることはない。


動画でやるのは悪魔への魂売りであり、娼*と同じことであると考えている。

それは女優魂とは違う、悪魔への魂売りなのだ。

私の観点はそこにあり、私はエロエ*を一度も認めてはいない。

認めることは出来ない。

だから私は言いたい。 


本当に汚れ仕事を自ら疑問も持たずに引き受けて実行している人たちがその仕事の本当のことを何も書かれずに、

何処までも綺麗に生きている私が嘘を書かれ続けているのはおかしい。

TVや映画で脱がなかったから風邪あたりが強くなった、という事実もおかしい。

それまでに散々の捏造の記事も出ていた状況も重なっていた。

私は女性芸能人には珍しく羞恥心と常識のある人なのだろう、^:^ それがこの当時の日本脱出行動で証明されているようなものである。

当時はどのような宣伝をしたのかも知らない、知りたくもなかった。

日本という国にはいれなかった。

80年代とは、そんなものだった。

私は羞恥心のために日本を捨てたのだ。

今後はまるで私を生贄に差し出しているような、そんな日本の芸能界を許してはならない、ということである。

これは皆さんも知っておくべきことである。

そしてその当時は最近のインターネットというものが存在するようになるとは誰が思っただろうか。

(これ以上私の存在への捏造が進むならば、私は国を提訴したい心境です。

一番綺麗に生きている私が捏造されているのは、国の秩序が乱れているからに過ぎない。)

ちなみにその時に日本を出たのは勿論私だけ、他の人は普通にそのまま仕事をしていた訳であり、

それは私にはとても考えられないことだった。

何度も言うが、他の方々にみられるようなエロ*ロな意味合いは全く出さずに、私はただ「そこに居た」というだけだ。

そして写真と動画の意味はまるで違うという意味は、動画でそれをやるのは娼*と同じであるということで、

何故ならばそこには第三者が出現するからである。
 
私は爽やかに一人でお風呂に入ってそこに居ただけである。

しかももしも写真であってもそこにエロエ*が配分されると勿論意味が変わる。

そこには「他人」を意識するからである。

だから私はそのようなことを拒絶し一度もしていないのだ。

これは私のポリシーであるから一生変わることはない。

今までそのようなことを言われて煽られても、脅されてもよしとして来なかったのは私の誇りである。


たとえハリウッドで100送遠のギャラが出たとしても私はやらない。

動画でやるのは娼*なのだという、全く意味合いが違うことになる、というのをお知り下さい。

ちなみに90年初期の当時、流行りの写真を撮った人は以下の方々である。

尚、この方々以外にも沢山の方が出しているらしいのだが、当時に聞いた方々の名前くらいしか私には解らないので

後は皆さんで調べて下さい。

(順不同。 みなさんに「さん」を付けます) ーー


宮沢りえ、島田陽子、細川ふみえ、川島なおみ、大竹しのぶ、樋口可南子、烏丸せつこ、

高岡早紀、桂木文、他


そして次の方々は93年以前に、またはそれ以後に、

日本で流行していないにも拘らず独自でNaked写真を出した方々です。(それぞれに「さん」をつけます) ーー


藤原紀香、菅野美穗、高岡早紀、高橋恵子(関根恵子)、手塚里美、後藤理沙、吉井伶、田畑智子、三浦理恵子 他

動画でNakedになっている方々。。(それぞれに「さん」をつけます) ーー


小柳ルミ子、樋口可南子、島田陽子、鈴木保奈美、吉永小百合、深津絵里、 星野真里、遠野なぎこ、三津谷ようこ、

吉高由里子、杉本彩、水野美紀、寺島しのぶ、烏丸せつこ、 真木ようこ、田中美佐子、笛木優子、沢尻エリカ、

大竹しのぶ、黒木瞳、川島なおみ、小向美奈子、尾野千代子、藤谷美和子、 高岡早紀、小島聖、宮地真緒、高橋恵子(関根恵子)

黒谷友香、 故人・夏目雅子、真行寺君枝、浅野厚子、名取裕子、 鈴木杏、麻生祐実、神楽よしえ、天海祐希、 他  

きわどい写真あるいは写真を出した方々ーー

華原朋美、浜崎あゆみ、前田敦子、

裏でNakedになっている写真や動画が出た人たち、または

動画でNAKEDに近いそのシーンを演じた方々 ーー


里田まい、堀北真希、高橋彩アナ、佐々木希、長澤まさみ、青田典子、

さとう玉緒、華原朋美、中川翔子、きゃりーぱみゅぱ 他

プライベートでNakedが流出したひとたち ーー

佐々木希、菅野美穗、AKB 指原(その他)、中川翔子、加藤アナ、夏目アナ、

武井咲、 AKBの子 他

皆さんが全てに対して正直に生きて頂きたい。

裏仕事やエロエ*を早く取りし締まわないと、日本はエロエ*によって滅びることになる。

それは日本で生まれた私にしてみれば、これほどまでに恥なことなはい。

その時には私は日本との関係を世界に向けて発信する覚悟である。

日本の良いことを80%は伝えるが、それを上回るほどの20%の暗闇。。

あくまでも、私は「日本」の心配をしているので話している、

さもなければ「その盲目の箇所」に、隣国が更に摺り寄って来ることになるからです。

エロエ*を利用させられないませんように。。

ーーー 撲滅: 異常なまでのエロエ*思考、にエロエ*志向、にエロエ*嗜好。

2013年、日本という国が爽やかにそして風紀も正して綺麗に生まれ変わっていけますように。。



王冠のような雲。。

王冠のような珍しい雲を見ました。。 

  IMG_1665AKEJPG (640x378)
 

すごく綺麗で宝石のようにも見えます。 


 IMG_1666yuyake (640x412)


そしてこの雲を見た2日後の先週、モールを歩いていましたら、、、

何とこの雲のような可愛いカチューシャの生存を確認致しました!
 
(すでに購入して自宅撮り。 ^:^)

IMG_0290 (640x480)
 


IMG_0284 (640x480) 


 まさにこの雲の形のようなカチューシャです~!

 雲からのお誘いなのですから、、 やっぱり一緒に生きなくっちゃでしょ?


 ということで頭に乗せているこちら、わかりますでしょうか?

 
IMG_5544 (2) YORI (453x640)
  



 髪の毛の色と区別しようとしたのですが、、


 であれば光の真下で撮ったこちらの方が良いですね。
 

 カメラ目線ではないですが。 ^:^   


IMG_0271 (2) 決まり (510x640)  


 それではまた。。。



2012年最後の日

今日で今年が終わるのだとかいう、、。

今夜は花火を見に行きます。   




何せ今年最後のBLOGなので、喋り納めの書き納めになります~~。


また後ほどに。。 
 




メリークリスマス!
レストランのクリスマスツリーを
 
鏡に映して双子にしてみましたよ。。^:^

 IMG_0306 (480x640) 

 

こちらは昨年のイルミネーションーー


  2012 071 (480x640)  


 2012 065 6 (640x480) 


 ホワイトクリスマスを何よりも望む私なのですが、、、

 
 皆さんは楽しいクリスマスを過ごしていますか。~


 こちらは今日も暑いので


 IMG_5020 (2) (768x1024) (480x640)

 とりあえずこのような姿で、 、、


 メリークリスマス! 


 20121225 最初


あと2日でクリスマス。。
クリスマスまであと2日ですね。

今夜はイブイブということでクリスマスショーが行われていたのですが、

今過ごしている(またもや)暑い国のマンションからは500Mほど先の広場でしたので、

クリスマスソングがいくつも聞こえていました。

 
こちらは夕方の写真ですが、すでにショーは開始されていて左側の海辺で大きく白く光っているのがステージです。

IMG_1275 2明るいところ (480x640)


その後、夜も暗くなりきったところで

IMG_1309 夜 (480x640)

花火が始まりました!


IMG_1323 1 (480x640) 


IMG_1329 2 (480x640) 


IMG_1313 - 3コピー (480x640) 


色とりどりの花火は綺麗ですよね~!
 


(決して菊の花の写真ではありませんでして、、。 手を加えてアートにした訳でもなく。

寄り切りすぎた為なのか今回はただ、「ぶれている」ということで御座います。。)


遂に今年もクリスマスを迎える日が近づき、此処まで来てやっと少しずつ

今年が終わるという実感が湧いてきたところです。。



皆さんはいかがお過ごしですか。ーーー 



大好きなパパイアサラダとベトナム風春巻き。。
大好きなパパイアサラダとベトナム風春巻きです。


IMG_1252 (3) (640x480) 



IMG_1251 (3) (640x480)


先月までいた島には今年の2月から滞在していまして。



バレンタインの日にはホテルの方から、一輪の薔薇とバレンタインチョコケーキの差し入れを頂きました~。
 
IMG_1221 (640x480)

ほどよく冷たくて美味しかったです~~!  


 
こちらはそのホテルのお庭とプールです。

IMG_1260 (640x480) 



IMG_1116 2 (640x480) (2) 


IMG_1115 (2) (640x480) 


そうこうしているうちに、またもやもうすぐ新たなバレンタインが来るのですね。。




たまに行くシンガポール。 久々のPHOTOS.。。 なのに。。

たまに行くシンガポール。

やっぱり行くなら、、、カジノだべ?


ということで、せっかくなので泊まるお部屋もその上のホテルで。。  ^:^

3回目の Marina Bay Sands Hotel.


これはラスベガスに住んでいた時に週末にはホテルに泊まっていた時の行動パターンと同じ傾向。^:^


此処は初めて行った時から粋なスイートルームにUPGRADEをして下さり、

でも一人で3部屋をどのように使うんだ? と。。


なので映画を観る部屋、


 P1090504映画1 (640x480)

 

 (Back to the future を見ました~)

  P1090370 2 (640x480)

 そしてこちらのソファーではテレビを、


 P1090375テレビ (640x480)


テーブルでは、、、、、

あ、ちょっと待って下さい?

何か写真がおかしいですね?


ーーー 以前と同じデジカメとやり方なのに、画質がかなり落ちてますね。。
 
、、 何で何で??


何が起きましたの? システムが変わりました???


ちょっと、こちらの大きさではいかがですか。


P1090404テーブル (640x480)

     
このテーブルで書物や食事をしました~。 


ーーー少しは良いですね?


小さいけどボケていないのと、ボケているけど大きいのとどちらが良いですか?

2つにひとつしか選べないとしたら、どちらにしますか?


ーーーー 一応、小さいので通してみます。


 こちらは全体写真ですが、画質が良いとKitchenテーブル部分に置いてある

 私の鍵が見られます。。^:^  あ、あそこにはバッグが。。。 (気にしないで~)
 
 
  P1090378全体と左のキッちん (640x480)  


 そして左側の玄関やKITCHENも広くて綺麗です。

 

 P1090367入口キツちん 1 (640x480)  P1090529 きつちn 2えすプレ (480x640)
 

お部屋の大きな窓からの夜景が抜群ですが、
(窓枠が入ってます。。)

枠P1090025_conver シンガ 窓下 窓  

夜にはお部屋の真下の広場で、光と水のシンフォニーショーが行われます。
  
  P1090008_convert_2シンガ部屋下 水

 ブルーが映えてとても綺麗でした~~。


 最上階には例の長~いプールがありまして。  

 (先端から撮っています)  

 P1090178_convert_ シンガ屋上プール 
 

デッキからの眺めと私の足舐めのプール。。 ^:^

(下部分のサンダルが私の足です、、。)

 

P1090153 (480x640)  (小)
 



P1090153 (480x640)      (大)

 

夜のライトがプールの水面に映ってロマンティックでした!

  

 そして最後に、、、 私は元気ですよ~。


 逆光ですが。。 (しかも画質が落とす影の関係で、ピースをしている指さえも何もかもが滲んでおります)

   P1080732 (480x640)
  

やっと写真を撮り始めたので、次回は逆光ではないものを。。 ^:^


しかし、システムがかなり変わりましたね~~。

以前はどんなに縮小しても拡大しても画質が落ちることはなかったのに?
 

ちょっとこの画質は携帯で見るには(見るにも)どうですのーー~? FC2さん、何とかなりませんかーーー??


綺麗な画質のままお届けしたいところなのですが、、。


ーーー PCでクリックすると、綺麗な画質のオリジナル写真が、全く滲まずにしかもボケていない状態で見られることを発見しました!


トライしてみて下さいませ。。


ではまた次回に。。。


(失礼致しました。 昨日の更新で「スペイン人に、、、」の話の文章をUPしておりませんでした。

直してありますのでお読み下さい~~。 ^:^ )



日本で平和に、、。。
日本で平和に、

美味しいものにでも親しんで、、 ^:^、

創作に専念しながら平和に暮らしてみたい、、



というのは ある。



日本にあやかっているのは日本人ではなくて他国の人たちではないですか。


「平和」と言う言葉を利用されて、ただ「良い人が黙らされて」はいませんか。


ーーー 日本で、まずは日本人の方々が平和に暮らせる日が一刻も早く来ますように。。


またもやスペイン人に間違えられて、、。。

先週、またもやスペイン人に間違えられまして、、。

其処はツーリストのお客さんがほとんどなので、店員さんは勿論英語一本で対応していたのに、、
 

急に何故か私には 「ムーチョ グラシア~ス!」 ^:^


その笑顔に「あ、いえいえ。。。」とは、何か雰囲気を壊しそうで、


しかもいつも昔からまずは日本人に見られないし、スペイン人かイタリア人、あるいはそれ系のアメリカ人に見られるし、、。


更に今回の旅では初めて「日本」という言葉を使用するのが辛くてですね(今の日本の状態に関して)、


なので今回は、人生の半分が詰まっている「カリフォルニア」に住んでいたと話しているし、、、

その場で日本人だと言い直すと話が長くなるし、、。



ま、食事後のただの挨拶だから、いいか?

というのを2秒ほど考えた後、


普通に


「デ ナーダ!~~」 と


返答しておきました~。。 ^:^



いつの間にスッチー。。。

今年の夏に帰郷した際、障子で仕切った個屋で会食をしたのですが

隣りの方々の声がとても大きくて、たまに単語が漏れ聞こえていたんですよね。


スッチー、スッチーと何度か聞こえていて、制服がどうのとか聞こえましてね、、。


何とも、アン・スーチーさんのことを「スッチー」などという呼び方で

あだ名みたいに呼ぶのはどうなんだろうと思いまして。


しかもスーチーさんはどんな制服を着てどこで演説をしたのだろうかと、

こちらで他の会話をしながらも実は考えあぐねていましてね。

その頃は丁度スーチーさんが他国を回られていた時でして、、。


そんなことを気にしながらもこちらでは普通に会話をしていたのですが、、。


。。。。 えっ!! 違う、違う?

 
何、スッチーとはスチュワーデスのことを指すのだそうです?!


私は知りませんでした、、、。 ーーー

そういえば質問しないままになっていましたが、いつからそのような呼び方になったのですかね。。? ^:^


、、、、 多分、1989年~2012年の間だとは思う。。。
 



広島のカキフライ。。
あるメールを頂きまして、そこには「広島ガキのフライが」、、と書いてあったのですが、


どこの広島のガキが(すみません、私が言ったのではないです、、。。)どちらへ飛んで行ったのかと思いましてね。

それにしても、ちょっと酷い言い方のような、、大丈夫かなと思ったんですよね、、。


ところがそのまま読み進めていきましたら、、、


あ、びっくりしました。。 、、広島で食べた牡蠣の話だったのですね、、。 ^^:


、、、良かったです!  ^:^



だとすれば、、、 何とも一気に美味しそうな話で御座います~~!


楽しんで下さいね~! ^:^



せめて。。。

きっと、もう近いです。


どちらでも良いです。



早く真実の人が増えますように。



せめて一般の方々の中に増えて下さい。。





昨年のフジの番組。 「女性について」、、。。
私は普段、性別を意識しないで生きている。


それは、性別を考えるのが「気持ち悪いから」という理由から来ている。


しかし昨年からフジテレビが少々疑問に思う番組作りをしているので、

「女性には2種類の存在がある」ということを世間に知らせる必要があると思われます。


フジテレビは昨年、「怖い女性の特集」のような番組をレギュラーで作成していたようですが、


心底、その番組の題名を見ただけでとても驚愕致しました。

何故あのような番組を作るのでしょうか。

明らかなる嫌がらせではないのかと思われます。


その内容に当てはまらない一方の女性に対して、です。



人間として公平であるならば、次には「怖い男たち」というのを作るべきですし、


「怖いカムカムカマーたち」、そして「怖いトレビアンたち」、をも作るべきであると考慮致します。


けれども一向にそのような番組は見られません。全てが「女性」なのです。



その一種類の女性にのみ集中して特集を仕上げて、女性という立場を日々「過小評価」するように、


世論を誘導させているかのような番組作りをしていませんか。


それは間違っていると考え、BPO問題にもなりかねないことです。

そのような生き方をしていない女性の方々も存在している、


現に私もその番組内容の女性には当てはまらず、そのようにずるくは生きていない女性であり、

他にも存在していらッしゃると思うので、決め付けた内容で女性全てを括るのは止めて頂きたく思います。

その事実は必ず番組の冒頭で「尚、これらに当てはまらない女性の存在もある」と


一言アナウンスをするべきです。


番組内容に登場する方達と同じように見られてしまうのは迷惑です。



特に私は冒頭にも書いたように性別に関係なく生きているので、男女に分けられること自体が気持ち悪いのですが、


性別で人格を特定すること自体にも無理があると思われます。

良い女性もいればするい男性もいるし、酷いカマーもいるでしょう。



これだけ女性のみを特集されると、まるで幸せな男女を増やさないように、


あるいは幸せな男女の姿を妬んでいるカマーやビアンたちが、


その腹いせでただ創作しているのではないかと、まさにそれは世も末へとわざわざ誘導しているかのような、


異常な執念を感じてしまいます。



性別で結論づけようとするのは止めて頂きたいと思います。


2種類の女性が存在しているということ、番組の女性過小評価の内容で、その一部の方々が

まるで全体かのように誤解をされて迷惑をされている方々が、私以外にも存在していると思いますので、


今後は存在を決めつけたような番組作成は控えて頂きたいと思います。


そしてそこに同じ女性を使い金銭を使い、信憑性があるかのように作成するのは控えて下さい。

何故かフジテレビだけが女性特集を作成しているようですので、


以後気をつけて頂きたいと存じます。



このように真面目にテレビの影響を考え、その悪影響が出ないように媚びずに意見していますが、

それは私の貴重とも言える(^:^) 立場ですので、前向きに捉えて下さいませ。


わざわざ皆のために書いているということを、

わざわざ「私が」書いているという意味を、深くお受け取り頂きたいと思います。



(、、、、昨年書けば良かったですかね。。


 でも手遅れではないので、、。。)




嘘のない綺麗な社会、そして世界作りを。
人様(皆様や私)の体験を認めない社会だとすれば、

社会人全てがそれぞれ私の示しているような深い経験をしなければ世間の(日本の)あり方が

理解出来ないことになり、

ということはイエス・キリストが何人も現れて同じように十字架を背負わなければ

キリストの通った道を認めることが出来ない、ということにもなり、

更にはノーベル賞を頂いた人しかノーベル賞の存在を信じないことになり、

すなわちそれは幼稚園児があるいは小学生が、

大学院生にならなければ幼稚園児として小学生として習得するべき内容を幼稚園児の段階では

全く何も信じない、ということになる。


それらの基本思考構造全てが何と僭越で生意気で、馬鹿げたことであるのか!!

ということになるのです。

私はただの女優ではない。(突然ですが)

人生と地球のあり方を教える立場の人間である。 


私の経験から学ぶべきものを、人様の経験という「実積を妬み」、

そしてその「自分には出来ない人生体験にシット」しているような幼稚な思考と結論で、

貴重な人様の人生体験をわざと見ないようにしているようでは、何も学ぶことは出来ないですよ。

ーーーーー 早く私のレベルの話が少なくとも理解出来るように、

地球がそのように回って行けるように。


今まで長い間、このような過激な人々の中で

私は全くそれを恨みもせず我慢だけをしてただ純粋に静かに生きて来たのである。

これは神業ではないか!。。。


しかし私の魂は悪魔へのボランティアとして存在している訳ではないし悪魔崇拝の生贄でもない。



ーーーすなわち私は悪魔に魂を売らない。


過激な組織犯罪者たちが自分たちの罪を無実の人々に擦りつけるという構図はもう止めるべきだ。



思考の中から、そして脳の存在意義の視点から「嘘のない」綺麗な社会作りを、

そして「嘘のない綺麗な世界作り」を目指して欲しいと願っている。


私はただ、それだけを示している。ーー



もしかして、私以外の大半の記事は本当なのですか。
もしかしたら、、、

私以外の記事の内容は実は本当のことが多いのではないかと思い始めた今年の4-5月あたり。

丁度その頃4月頃から5月にかけて、私は「そろそろ色々と本当のことが世間に出ても良い頃でしょう」

という言葉を此処に残した。


それからはタイミング良く色々なことが日本で騒がれ始めて、

ある一件ではたとえその原因が本当ではあったようでも、一人の役者さんが集中的に酷く追いかけられる姿や

(自分の場合を思い出した。あれはお相手の方が*鮮の方ですよね?<ーーー 私にはその空気で解り、

確信しています。

反*のエネルギーが絡むとあのようになるからです。私はそれを経験しているので。)

その後には生活保護問題やら竹島問題、そして先日に起きた中国でのデモ、と続いて、

今年は全ての基本問題が出揃いましたね。

昨日は政権交代が再度起きて、自民が政権を取りました。

(自公、という言い方は止めて頂きたいのですが)


このように遂に皆さんは、日本に起きている本当の姿を目撃し始めたのです。

私はそれが嬉しくて、感激していたのは8月のことです。

日本が気づくまでに、そして私がそこに費やして来た期間は25年でしたが、その間どんなに狙われても

倒れることなく生き抜いて来ました。


この基本問題を25年前に私が一人で告げることなどは到底無理なことだったのは、

今になれば皆さんが解ることだと思われます。


急がば回れ。 


私はまさにこの問題をすでにあの当時に経験し、だからこそその理由を知っていた訳でしたが

それを世間に示すことは皆無であったため、

せめて日本と共倒れをしないようにと、

また、証拠と共に生きている自分の魂を守るために、

13歳の時からいづれは住むと決めていたアメリカへ、

自分のひとつしかない魂を守るために渡米したということです。

(そこでは新たな経験が待ち、それと共に更に深い世界事情を知ることになった訳ですが。)


日本で残るは「宗教の問題」ですね。

2013年はそれを目指すべきです。

25年というのはは長かったですが、、

罠にも負けずに全てを超えて命を守り抜いたからこそ、

世界で見て来た経験を守り今此処にいるからこそ、

この問題に留めを刺せるほどの人生経験を超えて来たからこそ、

諸々の問題浮上に貢献出来る経験をした人生を持つ人がいるからこそ、

問題解決に拍車もかかっているのだという事実、

私が得た人生経験から来る言葉のエネルギーとその姿が、どれだけ日本に貢献をして来ているのか、

だからこそ狙われて来たこの陰謀を、負けずに真実で超えて来るのは並み大抵なものではなかったということを

お知り下さい。

(自分のことではありますが、他に言う人がいないので。)


会社面接の際の履歴書は皆自分で書きますから。この説明はそれと何ら変わりはない。

(ただ、履歴書にも嘘を書く人がいるが、それは許されることではありません。)


しかし、ーーー

私はその人たちの本性をもう知り尽くしているので、別に期待はしていない。

ーーそれらはただ、潰れていくだけである。

そしてドリームキャッチャーのように、真実を捉えられる方だけが更に真実を勝ち得ていけば良いのです。


(、、、、「真面目かっ?!」 。。 )


国民さんと私の間の絆を引き裂こうとしたのはマスコミ。(大袈裟ではなく)

国民さんと私の間の絆を引き裂こうとしたのはマスコミであるということを知って頂きたいと思います。


そしてそれは未だに皆さんの真実の目を眩ませようと企んでいるということです。


一般人のふりをして何かを日々嫌がらせのように、まるでそれが世論かのように書き込む工作を行うこともあるということ。

(私に向けての場合は、ですが。)


私の人生経験さえも全て邪魔しようとするこのマスコミ(特に以前)と民族たちは、

皆さんと私の間の絆を常に狙っているということを忘れないで下さい。


何をしても何を創作しても、すぐにピラニアのように邪魔をして肝心な主旨を変えて全く違うものに仕上げ、

私の人格さえも工作をしてその印象さえ惑わせようとするこの一派を、

私は二度と人良く静かに耐えるつもりはないので(国がおかしくなので)、皆さんもしっかりと自分なりに示すように努力をして下さい。


このマッチポンプ工作の火事現場を、ただ眺めているだけの野次馬で終わることのないように

お願い致しますね。

(前にも違うパターンで同じことを書きましたが。)


絶対に忘れないで下さい。


喧嘩?。。 心配していましたら、、。
おじさんたちが大きな声で喧嘩しているようでしてね。

心配したんですよ、誰かが怪我してもいけないですから。

Egyptで選挙の暴動があったばかりでしたしね。


ちょっと心配なので下を覗いてみましてね、、。。


するとおじさんたちの集団がプールの中で?!

まずはボールを掴んでいるおじさんが目に入り。。。?!


、、、 何とそれは! 中東系のおじさんたちが15人ほどで

大きなドスの効いた声で、、、 

「水球遊び」をしていた場面だったのであります。


。。。 あ~、 そうでしたか。。 

遊んでいたんですね。 OK。。。


良かったです。


。。。 それにしても、かなり斬新な「遊び声」で御座いました。。。


 

日本人の20%
日本で目覚めている方々はたった20%です。
 

本当に日本に来るべくして生活している地球創世の頃からの遺伝子を残されている方々です。


 
家族構成やメンバーは関係ありません。

同じ家族でも「生き方」や性格が違うからです。 

ーーー 気にしないで。


その遺伝子から来るエネルギーがじわじわと巡り、60%までは行けるだろうと信じていますが、、、

もしかすると、最悪の場合は42%くらい止まりかも知れません。


アメリカより10%少ないですね。。

明日の総裁選

明日が決まりではない訳でして。


大事なのは新法律を掲げる、ということでその内容だと思うのですが、


その前に明日に向けて新法律が出来ているとしたら、、、、


それはやはり手っとり早く、


「特定の宗教に入っている人は、選挙投票券を剥奪される」


というのが一番だと思うのですが、いかがですか。



免許証から戸籍表示を削除するのも止めて下さい。


重犯罪容疑者の国籍を、~~何とか籍の~、、、


と、その容疑者の本当の人種を世間に示すのは重要な報道責任であり、必須な事柄です。


ブログで詐欺をしたのは許されるべきものではないと思われますが。
 

私がアメーバさんからのお誘いで躊躇していたのはまさにこの意味であり、

また、他のブログサイトも離れたのは、

「宣伝が多いプロバイダー」だという印象からでした。

(アメーバさんの場合は自分で調整は出来るのだと思われます)

アメーバさんでの別の第二ブログを少し考慮していた矢先のことでした。



今回起きた詐欺の加担は、ブログに書き込んだ本人たちも実は詐欺行為に及んでいるのだという


真剣な事態であるということです。



この事実は消せるものではなく、同じブログ内で謝罪しただけで逃れられるものではありません。



私に向けて何度か私の人格と性格を例によりまたもや曲げて嫌がらせをしてきた

デビ不人も詐欺をしていたということで、どうりで私の存在に関しても、同じように詐欺をして

「自分が目立つためだけに」そして「自分よりも目立つ人を見るのは悔しいーーーー!」という下世話な根性から

私の名前を使い売名行為をして嫌がらせをしてきたのだと確信致しました。



これがきっかけにはなりますが、今まで詐欺をして来た記事を慌てて削除なさったのと同じように、

私の人格と生き方を曲げる詐欺をしている内容の記事も削除するようにして下さい。



デビ不人は、自分のマイナーなブログだけではなく私が復縁の相手と海外旅行をしていた時期にもフジテレビのお昼のワイドショーで、

私が全くとってもいない行動を嘘とでまかせで内容を捏造し、

「泣いて、わざとカメラの前にその顔を映させた」とでっちあげを話して嫌がらせをしていたようです!



これは、あるスタッフさんがVTRと共に教えて下さり、その証拠を取ってあります。



この陰湿な嫌がらせは人権侵害以外の何ものでもない、他者にもよく危害を与えて数々の提訴をされているようですが、

私の場合も例外ではないと伝えておきます。



特にフジテレビでは公共の電波で嘘のでまかせを言ったのは許されることではない。



私は人を提訴するように生きて来なかっただけであり、今後の運びによってはどうなるかは解りません。

詐欺の記事を削除したように、私への嫌がらせの記事も削除するべきであり、削除下さい。

アメーバさんにも連絡致します。



またまた、Yahooよ。 そんなものばかりを上位に持って来ているという報告を受けていますが、

その工作も止めて下さい。



ファンの方々の応援の記事、文春の「ある人」の「嘘がばれた」という本当の記事や新潮さんの2010年10月の記事や

他の応援の記事、出演した番組の記事や消される前のオリジナル動画などを上位に見せるようにして下さい。


ブログを見てその内容を鵜呑みにし、事実をすり変えるのも詐欺と同じ。

本当はギャラを貰っている宣伝でしかないのに、

ステマ行為で詐欺集団を助長させたタレントたちのブログとその本人は、社会的責任があると思われます。



芸能事務所の方々は、そのタレントたちに然るべき対処を考えるべきではないですか。


一部の方々、あるいはかなりの大多数の方々がもしもやられていたのであれば、

それはブログをやる意味自体が全く意味をなしておらず、

たとえば私はにいつのまにか書く事は日本を心配するものが比重を帯びて来ている中、、、

最初は楽しいことを書くつもりでブログに入るのに、やはり日本の心配をみなさんにお教えしようと

正義感が出て来てしまう中、、、

お金のためだけに身勝手に詐欺をするその詐欺行為は、あまりにも許しがたいものだと言えます。



殺人を犯した時に、「私は殺人を犯しました。」とブログで謝罪をすれば済むとでも言うのでしょうか。



芸能界として、取り締まりを行うように願いたいところです。 

警察の方々も、ブログで謝罪をすることで手を打つような安易な解決法だけは避けて頂きたいと思います。



尚、、、私は数名の名前を聞かされたのみで、どなたがどうのだとか、これ以降関わりを持ちませんが、

自己中心的に自分にとって都合の悪いものはすぐ削除をして、身勝手にも本当は自分が勝てない立場の相手にだけ

その腹いせで嫌がらせをして堂々と犯罪を犯し続けるな、

と言っているのであります。


人が常識を持つか持たないのか、は、やはり年齢は関係ないのですね。



私はさわやかに罪なく生きている。 正直に真実に。 だから本当の犯罪者を取り締まりなさい。

私は罪を犯すことなく正直に真実に生き、さわやかに行動して生きている。


罠を掛けられ言われなき罪に問われたこともあるが、その悪の思いもよらないでっちあげの罠には負けない。



その反対に、罪ある犯罪者がその極悪に胡座をかき、何事もなく逃げ回り普通に生きているのはおかしい。



この構造には終止符を打つべきである。



この蔓延した数多くの犯罪に向けて真剣に取り締まる体制を今整えていかなければ、

政権交代ごときで日本が変わることは、残念ながら皆無に等しいと言える。


日本の一番の癌は、政治と蛇(邪)宗教が関わっていることだ。


そこに、本来であれば日本が関わってはいけない民族が味方のフリをして侵入しているのである。


本当の犯罪者を今すぐに逮捕せよ。


もう、何年も掛けて逮捕状を取っている時間はない。



ガジェット? その悪趣味な下世話妄想キチガイ記事を削除しなさい。 この記事の信用性もまるでなし!




あなたの書いた記事は嘘に嘘を重ねた内容で、私の実際の人生を4行ほどの実積以外は全く示してはおらず、

何の的も得ていない。

信用のない個人ブログ感覚で「通信」という言葉を使用して誤魔化すのは止めなさい。



このような知能の低い捏造記事を書きなぐり、あなたは嘘を売り生活をしているのか?


あなたは私の人格を全て正反対に曲げてこの記事を書いている。
 
あなたは間違っている。 責任のない自称・関係者に私が迷惑をしているのだ

そのような人間ではない人とは、私は関わりたくない。

振られた腹いせにいいがかりをつけるのは止めてくれ。

私は公私混同をしない。 枕営業(こんな言葉を遣わさないで欲しい)もしない。



それが気にいらない自称・関係者がいるというだけだ。 それがキチガイ沙汰だと言っているのだ。


この記事は全てが事実無根の悪質な内容で、頭がおかしい人の文章であるのは一目瞭然である。


何十年間もアメリカにいて帰国した私が未だに第一線にいるのは、私が応援されているからに他ならない。

私が認められているからに他ならない。



創価学会員ではないのに成功をして人気を得ているから気にいらないというのか?



あなた方は自分たちの欲のため、汚いお金の為に勝手に騒ぎ私の名前を使い何十年にも渡り嘘を書きなぐり続けている、

その事実を隠蔽し、ゴキブリが殺虫剤で殺される寸前の「最後のあがき」」状態で記事を書き続けている。



そんなことは許されてはならない。



あなたがたの手の届かない魂として私は生まれ、ハイクラスな人格で生活をしている私を、

あなたがたのようなゴキブリが到底語れるものではない。



あなたの生まれは朝鮮か?

私と日本国民が一体になるのを阻止しているのだね、昔のように?

また始めたのだな?


 
あー、そうです、その人たちはあの本の発売から始めたよね。

あのとき私は帰国後の映画撮影を終えて、その公開を待っている大事な時だったね!


中国のデモの件での私のまともな反応へのいいがかりへのチャンスを狙っていたのか?

あなたは何者でもない、あなたは毒を撒き散らし、人に迷惑をかけているゾンビである。



脳がまともに動いていないようなので、病院に行きなさい。



あなたがたのIQ 0.01の脳私への妬みそねみを「日本語」を使用して工作捏造して来たことを、

私は二度と我慢をして放置するつもりはない。

自分たちの悪趣味で勝手に捏造をすることを、私が自分で切り売りしているかのような妄想を公的に書くのは犯罪だ。 

偽造罪、名誉毀損、人権侵害である!!



あなたがたの妄想は、私には皆で陰で白い粉でも吸っている、、あるいは打っているような姿を浮かばせる。


その横には題目でもあるのか??


それはやがてどこかの歌手のように、あるいはどこかのタレント役者のように、いずれは精神病院へ行く予兆がすでに見られている。

ーーー私の人生に関わるな

根本的に傲慢で僭越、悪質な妄想の記事を書く前に、



あなたがたは統合失調性であり、きちがいであり、治らない病気であり、社会に出てはいけない人なので、

病院の隔離病棟で隔離されていなさい。



マスコミの力など、 私が潰す。


これ以上、地球を汚すのは止めなさい。

これ以上、傲慢なきちがい薬常習犯が、ペンで暴力するのは止めなさい。

日本を犯罪大国にするのは止めなさい。



マスコミよ、詐欺を犯すのは止めなさい。


あなたは私の名前を使用し私の記事を書き、、、何てことはない、自分の名前を書き売名をしている


もっとも、キチガイ記者のことだから仮名かもしれませんが。


また、この記事に出ている個人名の方々と私の生き方には何の共通点も存在しない。

私はその人たちとは違い、薬とは無縁に生きており、奇行を犯したことも一度もない!



これ以上すり変えられるのは我慢ならないことである。



あなたはその腐った汚い心で、私の綺麗な人生に何かを投げようとしているが、

それは成功しない。

それどころか、その汚いエネルギーは1000億倍にも増えて黒いナイフとなり、あなたの元に戻って

あなたを刺しまくるだけである。



いますぐにその軽率な行動を反省し、この陰湿で妄想に満ちた事実無根ないいがかり記事を削除しなさい。 
 


Yahooよ、この記事を私の名前と関連づけるのも止めて下さい。
 
それは私とされているが私ではない。



これらは全て捏造、工作であり、これは87年から私の身に起きており

それは「組織ぐるみ」で行動されている。



明後日の選挙は心して投票しなければいけない。


ーーーー私の身に起きていることは日本そのものだからである。



ガジェ何とかよ、かつては私の味方の記事を書いていたくせに、今すぐにその間違った妄想記事を削除するように対処下さい。



デイリースポーツさんへ


それは4月か5月以降に本の件で書いた記事について。


この記事の内容は事実に基づいていないので削除を求めます。


私は森*レ*さんにレ**などもされていないということです。

当時も急にワイドショーで知っておかしな話になっていて、何故森*さんはもっと強く否定しなかったのか、と

あの時にも思っていた。

亀田戦を観せられに行き、いきなり言われた。

「ちょっと、森*さんのことでインタビュー来てるんで話して下さい」

「。。。(森*さん?)。。。何のことで?」

「何かですね、真理子頑張れ、って応援してるというらしいです」

「。。。(え、、あ、)そうなんですか、、」

 そのゆに、この人はいつも誤魔化し、マスコミに言うことと私に言うことが全く違う人だった。



森*さんはあるタレントをレ*プしたという話をこの日とから聞いていた。

そこから話を創作したようだ。

しかし何故森*さんは今回は違うことを言わなかったのだろう?


ある方がこう言った。

「男は、好きな人と噂されるのは嬉しいものでね。自分でほのめかしたりもするんですよ。

何もないのに。」

 (だからといい、私以外の人も被害に遭っているのかと言えば、そんなことは聞かない。

私に集中しゅているのだ!)


別のある人はアメリカでこう言った。

社長 「こうして話ていると、何か疑われますかね?ははは」

私  「(え??)!、、、。あ~、ははは、、。でも、、

    それはないと思います!」

社長 「あ~~、でもねーー。 否定すれば否定するほどうたがわれるんですよねーー。ははは」

私  「、、、、。 (失礼、、気持ち悪いです。どんな人が否定されたら疑うんだ?その人は普段嘘をいうからだろうか?

ないものを否定して何故疑われるんだ?そんな人ばかりだからだろうか?)

(何故日本の人たちはそうなんだ?)」



私はね、断固として否定しますよ。


そしてね、世の中では嘘つきが否定して嘘をつくのも本当なんですよ。

だからややこしいのです。



国中の50Mにひとつずつ、嘘発見器を置いて頂きたいです。

嘘つきが通ると音が鳴るようにして欲しいのです。

私はこの上なく嘘つきが大嫌いですから。


「石原さんによれば」とさも私が語ったかのように書いていますが、

私はそんなことは言ってもいない。


しかも「女性誌によれば」ということを書いていますが、それは全くの嘘。

それが掲載されたのはただの卑猥な五流男性誌であり、この本の担当者が実はデスクとして働いていただけだ。

週刊*衆という例のあれである。


いきなり呼び出されて出版社に行くと、この記事を魅せられて

「あと1時間で入稿なんです」と言う。

私の責任刊を利用して甘えて罪のし放題だつたこの人。

ーーこれを入稿しなけれ2ページ白紙になる、それは出来ないことは解りますよね?

という脅しである。

だからわざわざ入稿間際になって言い出したんだろう。



私はこの人が逮捕されるべきだと思っている。

それが本当の気持ちだ。 6年かかったが。

賠償や謝罪なんかでは到底償いきれないほどの 大罪 である。

「石原さん、これが会社に知れると、僕は首になるんですよ」と勝手な理論で

私に我慢をさせたこの人は、今は芸能界には勿論いない。

しかし、このような記事を見させられると全てを一瞬で思い出す。


この方が近づいて来た時には、この人は私に「出版プロデューサー」という名刺を見せていたからだ。

週刊*衆の記者だというのを隠して。
 

レポーターの梨元という人と一緒に。この方は亡くなりましたが、

「(石原さんに)自分のしたことを謝るなら死んだ方がまし」という魂の持ち主でしたね。。


その後どんどんと話も変わり、全ての運びがキチガイ沙汰で、嘘まみれにされて行った。



私はレ*プなどされるような状況に自分を持って行く人ではない。

そのような種類の危険はいつも回避し、脇は甘くない。

私を誰だと思っているんだ?



その人たちは全てが嘘だ。

その人たちは皆がグル。



演技について教わるとか何とか、事務所の方の勧めで3回お会いした。

炬燵で1回本読みをしただけだ。それ以外2回は喫茶店で話をした。

インベーダーゲームをした。



本当に気持ち悪いので(失礼)、とてつもなく離れた人をそんな対象になんか出来ない。

迷惑だ。迷惑である!!



あまりにも自分の知らないところで話が周り過ぎている!

何度も言いますが、私は特に2009年8月にあの本の担当者の更なる本性を見てからというもの、

これは謝罪と賠償だけで済むことではない、と訴えたい。
 
しかも未だに謝罪は頂いていない。

これは留置場に10年いて貰うに等しいくらいの事件である。



日本は狂っている。

犯罪者が捕まらない体制になっていることが狂っているのだ。


よってデイリースポーツさん、私の平和な人生に問題を起こさないで下さい。


何故今年のタイミングでわざわざまたこんな記事を書くのか、あなたがたにそんな権利はない。

そしてYAHOOも絡めてまた工作しているようなことを聞いた。
 
(Yahoo、全く私らしくない写真をわざと検索TOPに出しているということを聞いてますが、

あなたがたは嫌がらせが趣味なので? 何処の会社なので?)



、、、、、、 という、ざっと述べただけでもこれだけある理由から、早急に削除下さい。



これよりも深い事実もまだあるんだ、という事実と、事実に基づいていない偽報道は報道違反である、

という理由から、

今すぐにこの記事を削除して下さい。



そして二度と、未だ取り締まわれることのまだないこの「事件」に関して、

今のうちから被害者を加害者に回すような工作を、記者の仲間内でやり続けないように願います。


、、、、の意味からも、早速の削除を宜しくお願い致します。



以前も申しましたが、良い記者さんのことは応援したいのです。

良い記者さんが増えて欲しいと思います。



、、、、の意味からも、早速の削除をお願い致します。





無銭飲食の被害


昔、無銭飲食というのがよくありましてね。



あの方たちはちゃんと罪を認めて謝罪をしたのだろうか、

そのレストランや食堂、、そして無銭で食事をして迷惑を掛けたその店長さんやご主人には

きちんとお金が支払われたのだろうか。



たまに思うときがあります。



勿論、日本人にそんな罪の遺伝子はない。


日本は犯罪大国ではない。 日本を汚すんじゃない。

犯罪者よ、逃げずに罪を認めなさい。


何もかもが嘘な人たち、事実などがあるのだろうか。



詐欺師は死んでも詐欺師。

謝らないのが詐欺師。



罪を認めないのが詐欺師。



極悪殺人者などに何故弁護士がいるのです?!




もっと他に、弁護をしてあげるべき人は沢山いる。




女性セブン、 ポストセブンさん。。

女性誌の中で唯一大丈夫な部類の女性セブンさん。


そのNETNewsであるというポストセブンさんですが、、2月の段階で私の記事の報告を受けていました。

またもやあまりにもその「宣伝の仕方」に呆然としてしまい、月日が経過するのは早いもので。。


今後は徐々に呆然とする期間を短縮していこうとは思っています。


とにかく、今後は二度と第一線にいる(^:^)私の名前と存在を利用し、タレント役者を宣伝するのは止めて頂きたい。

売名行為を施すのは止めるように願います。


また、マスコミの罠でしかなかった昔の本の件と私の存在は、二度と

絡めないようにと、ここに宣言しておきます。


あなたがたはひとつの真実を表に出さぬように記者同士で罪を犯し、ましてや私が何度事実を何度を言えば

真実を真実として捉えるのだ、ということになります。


この記事は題名からして売名行為以外の何ものでもなく、今ではきっと名前さえも残らないようなその方と

私が同じかのように、私の後ろに続くかのように(続く訳がないのに)作をするのは止めて下さい。


金輪際私の名前を使用することも私の生き方を曲げてその上で自分らの売名行為を図ることは禁止致します。


世間が誰も知らないようなタレント役者に私の存在を絡めるのは失礼極まりないことであり、

私の本を勝手に出したその内容さえも自分たちに良いように利用して「七股」だの何だのと、

訳のわからない生き方とその売り出し方に、私の人生は一切関係がないのである!


そのような生き方のタレントとは全く正反対に生きている私の名前を絡めて売名を図るのは誰が見ても非常識なことだ、

一切禁止するのと同時にその馬鹿げた宣伝を謝罪するべきです。


これでは、かつて覚せい剤犯罪者と何故か(ただの売名行為以外の何者でもない)私の名前を絡めた、

酷い女性自身と変わらなくなります。

女性セブンさん、あなたがたは女性自身や週刊女性とは違うと思っていましたよ。。


ましてやその記事には事務所の人の言葉なども出ており、その言葉からは計算めいた計画を感じました。


(案の定、一時的に少々仕事をしていたようですね。 七股などと言いながら。)


最早今頃ではもう名前さえも残らないような方であろうのに(失礼)、この記事や売り出し方で一時期に注目を浴びて仕事を増やすような


そのやり方に私の存在と名前を乱用するのは許されることではありません。


金輪際止めて下さい!


今後そのような事態が起きた場合は、その週刊誌のみならず、売名行為を犯している事務所共々提訴させて頂きます。


2001年に女性セブンさんの取材で、私は占星術を行ったことがあります。

対象は編集部の依頼で、イチロー夫妻、沙也加さん(今はまた名前が変わってますかね)、そして長瀬くんと

かつてのお相手浜*ちゃんとの関係、という3つの話題でした。


そして私が占ったすべての結果が全部当たっています!!


そういった良い内容のものを出していくべきではないですか。

(ちなみに、使用するのであれば、当時の写真OKですので。)


今までいくつもいくつも嘘ばかりを書き続けられ、その馬鹿な記事をもとにしてきっとNETではまたもや嘘ばかりが工作されているのだろう。


その真実を私は皆に知らせるためにも、また,自分の人権を守るためにも正して行かなければならない。


女性セブンさん、期待しています。


そして、二度とこのように私の名前を無断で使用したり、嘘の記事やマスコミの罠を使用して訳のわからない人の

売名行為を行うのは金輪際止めて下さるようにお願い致します。


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.