テクノロジー進化は人間をロボットにしてしまうのではないかと不安に思う今日この頃。
 ウエアブルなどを含めた独自画像を扱うテクノロジー進化を目の当たりにすると、

人間はロボットになってしまうのではないかと感じてしまう。


そのうちに一人だけの世界が各々目の前の空気中に広がり

心がますます置き去りにされて孤立してしまうがゆえに、

この進化は政治と同等にテクノロジーという名の人類侵略なのではないかと懸念してしまいます。

例えば一人で独立心旺盛に未知の世界へチャレンジしていく生き方や、

悪に立ち向かう為のテクノロジーなら大賛成なのですが。。


その反対にあくまでも受け身の形としてそれそれが独自にロボット化してしまうのであれば、

それは地球未来の方向性が違って来る為、とても恐ろしい事になりますね。


持つべきものは夢のある独立精神と、

悪に立ち向かう 「善の精神」 ですよ!! ^:^


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.