野次を飛ばしたなどと騒がれた議員さんの事務所のドアに生卵?? 日本人の感覚ではありえない行動です! どこの団体?? ならば私はこう言います。 --「野次」馬は黙っていなさい。ーー
誤魔化さずに名乗り出られた鈴木議員さんは多分皆さんが想像されていたであろう年配の方ではなくて

若い方でしたね。


そしてその後、議員さんの事務所のドアには失礼なことに何故か生卵がぶつけられていたとのことですが。

生卵をぶつける?? とても日本人の感覚ではあり得ない行動です!


どこの団体ですか?と。

本当に失礼なのはどちらの行動なのかと?


警察の方、議員さんをお守り下さいませ。


そして別に自分が言われたわけでもなく当の女員もわざと過剰に反応しただけなのに

言葉の意図を曲げて関係ないのに参戦して来る。。


そういうのをね、「野次」馬と呼ぶのですよ。


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.