日本学術会議が動いたようです。早稲田も理研も動かないならばですね。
Brat小保方さんへの「処分」と理研への責任において日本学術会議が動いたようです。

理研からも早稲田からも息が聞こえてこない感じで御座いますが。。



真摯に日本の研究体制と内容を考慮しているのは日本学術会議連盟の方々なのでありましょう。

これでBratさんの研究ごっこも終わりが近くなり非情な処分も待機していることかと存じますが、

「リーダーとして」潔く処分は受けて下さい。

どんな種類の犯罪者も私は光で浮き上がらせますし、今後隠れていることは出来ないので捏造詐欺は捏造詐欺として

世間にその姿がばれて行ってもそれはいた仕方のないことであります。



結論を申しますとこれは何ともアマチュアな勘違いで頭のよろしくない肩透かしな事件。


もしもBratさんに良い熱意があるならまた5-6年ほど経過してから

理研は関係なく別場所で個人費用か何かで弁護士も雇うことなく違う形で臨むしかないようです。

しかし、、、


ちなみに貴方が今STAPと呼んでいるその緑の小さな細胞は、「すでに」違う名前でこの世に「存在」しておるようでしてね。


あ、、。。。

  

  

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.