WHOがエボラ感染についての「過小評価」を懸念。 中国ではエイ*患者が、、。

WHOがエボラ出血熱による感染者数などの報告ついて「過小評価」である旨の懸念と疑問を示しました。

私は絶対に犠牲者は1000人単位ではないだろうと思っていましたよ。



数だけでなく、全ての報道について「過小評価」、日本は特にね。


何度も書くが、咳や唾液などの空気が触れただけでも感染する場合があるのですから


がちゃがちゃがちゃがちゃ過小評価をするなっつってんです。

まさかこの時期にまだアフリカ方面に向かう方などは自殺行為ですので必ず中止をして下さい。
 

本日になり遂に渡航中止をされた随分と激しい時差をお持ちな会社さんも存在するようです、気をつけて下さい。

そして韓国や中国に向かうのも違う意味で自殺行為なので絶対に中止して下さい。

(どさくさ紛れに申しました。 ^:^ <-- こういう時でないと私の警告を聞かないよね、あなたがた?)


一方、中国ではHIV患者さんが航空機乗車を拒否されたそうで。

特に今はエボラの時期ですものね。


果たして航空会社はただキャンセルしただけでそこに何の保障も行わなかったのかどうなのか、などの事情は判りかねますが、

提訴経緯などは踏まずに普通に航空代金を返金することで治める方向へ円満解決に進めれば良いことだと思いますがね。

日本政府さん、

日本でのエイ*患者に対する対策声明を出した方が宜しいかと存じます。


病院さん、輸血は必ず検査して下さいね、患者さんの命に関わります。


エボラの過小評価といい、HIVへの対応の仕方といい、

日本政府および日本人にはもっと危機感を持ち血だ病気だ感染だ?などに対応して頂きたいものです!!


そう~~~、そうそうそうそう。


私が言っているのはそういうこと。

私が言っているのはそういうこと。

私が言っているのはそういうこと。

 
 
 
 

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.