盲導犬さんは人間と同じ立場。 刃物を向けた場合は器物損壊ではなく殺犬未遂とするべきです。
盲導犬は人間と同じ立場です。

尋常ではない性質の人間は盲導犬にちょっかいを出したり

ぶつかったり刃物を向けたりするそうです。



そのようにBullyな性質の人間は社会で働くべきではない精神障害者、

その本性を隠して動物さんや子供さん、大人の社会人に関わってはならない。


勿論公的にペンを握ってはならず、タイプも打ってはなりません。


本性を隠しながら公的に暮らしてはならない。


盲導犬に刃物を向けても現状では器物損壊にしかならないという法律も見直さなければなりません。


この事件は器物損壊ではなく、殺犬未遂なのです。

どうか、法律を見直して下さい、日本政府さん。


ありえないその行動は、非情無情な精神異常以外の何物でもないのです。

 
 

  
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.