FC2ブログ

私の記憶はHDD。 (詐欺軍団を日本から排除せねばなりません。) 金太郎飴。
真面目な話、詐欺軍団は日本から排除せねばなりません。

近いうちに私の身に起きた体験を書きますね。

 
自分で書いていない本を著者かのようにさせられて原稿CHECKも出来ないままに

許可をしていない内容を世に出されてしまい大変な迷惑を蒙ったという詐欺事件です。


会話を書きますね、どのようにして詐欺の手口が行われるのか、ということです。


そして詐欺師とその周りが、不正を隠す為に被害者を加害者のように見せかける印象操作をして

罪を被害者になすりつけ、

会社単位の「団体で虚言を示し」加害と被害を真逆に摩り替えて行くということ


完全犯罪を狙うということ、


それはどのようにして仕立て上げられるのか、それを回避しなければなりませぬ、


の講座です。^:^


しかし 今 同じことが起きれば私は警察に駆け込むだけの事ではありますが。^^


8年前の当時は、人は人であると信じており、人ではない人がいるなどとは思わず、

まさか事件になるとは思いも寄らなかったのです。


印象操作手口などは皆さんも知っておいた方が良いことです。

そのようなことを施す人々からは距離を置き注意していて下さいませ。


犯罪者は噓ばかりつくので、皆さん、記憶をやられないで下さい。


詐欺師及び虚言癖の軍団が一番恐れるのは

「確かな記憶」なのであります。



私は鮮明写真もしかり動画レコーダーのような記憶を持ちます。

私の記憶はHDDなのです。


だから噓を打ち負かします。


犯罪者は自分らが犯罪者であると世間に知られるのが怖いから毎日毎日正反対の虚言をし、虚偽を記述し

世間を眠らせたままでいさせようと

私の存在の証明への細工を仕掛けて来ているのです。


しかし以前にも申したようにすでに私は勝利を得ています。


彼らは虚言癖軍団であり、「詐欺」 とは 「噓つき」 であり、その存在全てが噓から出来ている。


噓ばかりの金太郎飴。


それが詐欺師であり、犯罪者たちの正体であります。
 


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.