FC2ブログ

今日は赤色、、。 そういえば富士山での登山。街角でも皆さんもファンの方々も昔から変わらずに今も優しいのです。^:^
 
遂に色づけまでは出来るようになりまして!!!!

ただ、、、何故か下線が現れていますので、、


もしかしてですがこれって赤になっちゃってます? 

、、きっと必ずやそうでしょう。。


ちょっと今確認するのは富士山に登るくらい大変なので後で確認してみますね。


そういえば皆さんは富士山に登ったことが御座いますか。

私は2006年の夏に一度のみ参りました。


富士山は初めてでしたが、頂上まで登ったのです。


Tシャツで夜に出発して歩き始めていましたら

欧米の方が声を掛けて下さり「その格好で行くんですか?」

勿論英語ですが話しかけて下さいまして。


それまでアメリカで登山といえば、低山ですがPalmSpringsに向うbefore手前での 

(あの名前は何だった、ポール?^^) with ポールウォーカー、Paul WalkerとのHikingぐらいでして。^^

昼間登山の経験だけでしたのでその印象で行ってしまいましてね。

そんなんじゃ寒いですよ??? これあげるから着て行って。

とジャケットをサラッと渡して下さいました。


そちらは大丈夫なのですか、寒くないですか。と言うと

僕はもう一枚あるから大丈夫、ということで、

ではお借りしますね、とお礼を言い 日の出見ますよね?と確認をして

頂上で朝になったらお返しなりをするつもりの旨をお伝えしました。


2回ほどはまだ登り初めの段階で偶然会い、 大丈夫?と挨拶を交わしていたのですが、

その後は会うこともなく頂上でもお会いすることが出来なかったのです。


本当にすぐに寒くなり、あのジャケットが無かったら凍えていたのではないかと思います。。

有難う御座いました。。  

どちらにいらっしゃるのでしょうね、、。。^:^


そしてなかなか初回で頂上まで行ける人はいないそうなのです。

しかも女の子で?


途中で妙に高い階段がズンッと目前に現れて来たりしますから。

そして後から知った他の経路、、。。


実は3つあるそうな登山口の中で私は一番険しい道を選んでいたようです。。


登山中はやはり何度もばれましたが^^、途中では握手をしたりスタンプ貰い場でも話しかけられ握手をしたり、

帰りの休憩店では写真をお願いされたりもしました。

その写真はお店に飾られていましたね。


他の知り合いの組が別便で別ルートで登っていましたが、日の出を見ずに途中下山したそうです。。


高山病にかかり酸素ボンベを使いつつ

休みながら結局下山されていた方々を何人もお見かけしていたので心配でしたね。


21時前に出発して休憩なしに登山していましたが、朝3時30分頃でもまだ先が長く思い、

もう間に合わないのではないかと上を見上げて確認をしましたら

八つ墓村のような方々が並んでいたので笑うというより人生の虚しさを感じましてね、、。


一瞬、「御来光って何よ、ただの日の出じゃん。明日も昇るし。」


何もわざわざ、、。

という気にもなりましたが^^、諦めずに淡々と頑張りましたところ丁度10分前に到着し

またもや別の優しいファンの方々と記念撮影もしたのです。^^


街でもコメントでも皆さん私には優しいですよ。

論点ずれた嫌がらせの虚言癖は妬みそねみの業界かじりか一般の勘違い、

あるいはマスコミの中の頑固なキツネぐらいなものです。


復縁の時も2人で街を歩いていても私ばかりに寄って来て応援して下さっていました。

私はそれで何か本人に後から言われるのではないかとヒヤヒヤしたものです。

そして最初のうちは大丈夫でしたが。。


私には事務所のやらせもごり押しもないのに、応援して下さる皆さんはすごいですね。^:^

見る目があるからすごいのです。^:^ ^:^


この富士山の一件は登山しよう~と思い立ってから数日後の運びでしたが、大変に面白く貴重な経験でした。~~~


最近は寒くなりまして今日もかな寒むですね。

セーター着ま~す。^:^


と、ここで話を戻しますと^^、色づけは現れますが

写真掲載がまだなのでもう少々時間が掛かります。何せこちらにまだ転送が出来ませんので。。^:^


信用抜群だというHDで 高速 のはずなのですが、ちょっと鈍行になっておりましてね。

更にはあることをしているので倍に時間は掛ります~。


-------- 今確認しましたらやはり赤色で御座います。^_^;


しかし例によりとてもではありませんが私には直せるようなことではないので、^^

この状態を尊重し^^ このまま載せておきますね。~~~ ^:^


IMG_0271 (2) 決まり (510x640)
 遂に
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.