FC2ブログ

始まりました。今度はイスラム教押しですか。 HollywoodでJenniferやMark、そしてScott。 パパラッチ。
またもや利用ですね。

私は数ヶ月前に、イスラム教には良い人もいる、と書いただけなのです。


嫌な予感がしながらも、イスラムの良い人が誤解されるのは可哀想だと思ったのですが、

案の定、やはりテロ方面の人々のほうがイスラムを今度は日本に持ち寄せようとし始めているようでして。


私がイスラムの中の良い人を擁護した記述以降から度重なる最近のTV番組でのイスラム教押しの姿、

シリア問題にかこつけての計画の下に行っているこの電波でのごり押しに、

私は目を疑いませんでした。。^^


イスラム教はいくつもの宗派が分かれ過ぎているので、改宗するにはややこし過ぎますね。

それなら現地に行き確かめることを勧めます。今行くことは勧めませんが。^^


判らないのに改宗するのは危険ですし、何よりも宗教などに入ること自体が必要ないですからね。

無駄に入ればそこではマインドコントロールの罠に嵌められます。


そして見えない鏡を見させられて、その鏡が割れると自殺プログラムが発動しますので。

気を付けて。-- 


あ、判らない?。。 そうですよねぇ、、、。


そういえば鏡と言えばDisney映画。

皆さんはまさかDisneyのマレフィセントを観てはいないですよね?

あれは悪魔の映画なので気を付けて下さい。 ^:^


アンジェはそろそろ捧げられていくのではないかと思ったりもします。

もうどっぷりです。^^


Brad Pitt に失望をし始めてから早や10年近くになるのです。。


Jennifer Anistonとは90年代に2回も続けて私は一緒に仕事をしていて、現場で会話もしていましたから。^^

そのうちの一つはあのFriendsで、カフェでのシーンでした。^:^

カフェを出てから一言、またもや監督が(初めて逢う方)私にセリフを増やしたのですが、

結局放映ではカフェでの横姿と後ろ姿。。 ^:^


映画Rock Starのほうは、どなたか私のファンの方がご自分のブログで2007年頃に紹介をしていたそうです!^^

あのピンクのジャケットを着ているのが私ですね。^^

あの時も現場で監督が500人ほどの大勢が集うコンサートのシーンで私にだけ台詞を増やしましてね。 

このJenと Markも入れた主役グループが車から5人で降りた時のシーンで、Jenとのすれ違い様に同じ仲間かのように挨拶して話すというシーンでした。 劇場では見れていなかったですね、、~。

Mark Walbergも優しかったのです。 遠目にいる時も器用にジェスチャーと口パクで話しかけられましたが。 ^^


何せ私はわざと自分の素性を現場では隠して参加していたので。^^

しかしやはりHollywoodの皆さんは、やっぱり本物である私を見る目があったのでさすがです!^:


撮影が終わると必ずstaff達にサインはあるの?と聞かれてましたよ。

Shakiraというラテンの歌手が新人で出てきた時にPepsiのCMで一緒でしたが、最後のカットシーンでは私だけ選ばれて彼女の後ろに座らされましたのも楽しかったです。


監督から急に呼ばれて台詞を増やされるというやり方は、他の現場でも起きていました。 ^^

Scott Wolf も優しくしてくれましたよ。^^


唯一色々な現場の中で、同じJenniferでもLove hewitt だけは、隣にいる私を睨み付けておりました。。

あ~、言っちゃった。。^^ 

私はメイクさんと話していて、ふと気づくと睨んでいたHewitt と、一緒に話すのかどうかのタイミングを失いましてね。。

Hewittは、私が同年代か年下かとでも思っていたようで。^^ Scottが来たら急変したのですがね。。^^


その姿を見たScottが後から私に謝ってくれたりなんかして、、。。 これも人間模様です。^^


Jennifer のアニストンのほうは当時密かな婚約中で結婚前の頃でしてね。 

幸せ~~な感じでしたよ~~。^:^  だから。おい、アンジェ!! と思いますし、Bradはおかしいです。^^

まさか映画公開前のタイミングで突然に結婚するとは、、の状況でしたね。~


フロリダからCaliforniaに、実は何度か呼ばれて行き来をしていた頃の話です、Paul Walkerには告げずにね、、。。 ^^

Hollywoodでは皆さんが優しかったのです。


事務所は和製二コール・キッドマンだ!と言い、私の売り込みのために色々な人に挨拶したり、パーティなどで対等に話などをしましたが、

そのようなのがどうも日本で有名な私にしてみれば当時は面倒でありまして、^^

今なら大丈夫ですが、当時は(今も)有名になりたい人がロスには溢れており、ちょっと引いてしまいましてね。^^

なのでフロリダに居たわけで、後半はラスベガスに移り住んだわけです。


そしてロスでは事務所と話してとりあえず、素性も隠せてすぐに現場で誰ということなく動ける方向で

わざとちょこちょことやっていたのです。^^


私にしてみれば、有名になるという気持ちはなく^^(もう有名なので!)そんなことは関係なく、ただ「現場の匂い」やカメラ、撮影スタジオが恋しかっただけ

なんでね~~。

だから逆に、有名になると色々起きるので^^、 ただ演技をしたかったんですよ。(ま、これは私だから言えることですけどね!^^)



でも事務所は有名でいて欲しい、と。^:^ 日本でのことも話したわけではないんですけどね。


人として会ったのに、才能があるスター性のカリスマがある!と言われると、まあ、嬉しいものではありましたが。^^


そして本格的に表で動く前に、、またもや今度はアメリカでパパラッチ(欧米での言い方。日本相手で使うのはおかしいよ)が


私を騒ぎ出した時に^^、その時には耐えられるように魂も守りも自分で強くするためにただちょっと、訓練を始めたかっただけのことです。 ^: 


急がば回った、もう準備は出来たのでそろそろ遂に完結致します。 ^:^

    IMG_0697 (3) mufufu (513x640)    
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.