明日はGLの大事な試合です、今度のグラウンド会場はメルボルン、とのこと。メルボルン?と言えば、現地の方がお勧めのカジノがありましてね、、。^^
アジアcupの試合会場は毎回異なり明日の試合は

メルボルンで行われますね。


メルボルンと言えばオーストラリア現地人の皆さんも勧めるカジノがあります。

それはゴールドコーストでもブリスベンでも必ず私がカジノに出向いていたから

という理由からの勧めなのではなく、現地の方の自慢なようです。^^


勿論、ならばと訪れましたが私の目的は雰囲気を味わうこと。

ギャンブル自体が好きなのではなく、カジノ全体の雰囲気が好きなのです。

ラスベガスに住んでいたということもありますが。

いや、だからこそラスベガスに移り住んだということでもあります。^^

お酒も飲まないのですけど、ラスベガスカジノではフリードリンク、Tipだけで しかも下手すれば

スロットであれば25円ほどであるいは無料でも?何でも飲めるので、

20歳以下でしょ?と言われながらIDを見せながら^^

たまにオススメも頂いていましたが、

主にラテやミネラルなどで楽しんでいましたよ。


それゆえ、オーストラリアのカジノで飲み物代を聞かされた時には

ラスベガスでフリーに慣れていた分、心底驚かされまして。

ラスベガスでは無料だから、と言うと向こうは向こうで驚いておりました。。^^


ベガスに住んでいた時はほとんど毎日カジノ通いでしたので賭け金を一日100ドルまでと固く決めていましたが

それでも私はすぐに勝ってしまうので^^100ドルさえも使わずに半日以上も充分に遊べましてね。

特にスロット場では手軽に賭けられるので、

ドライブがてらに色々なところに出向いていましたよ。〜〜


齎してくれそうな 台 を見分けるのが大事で、そこで全てが決まります、^^

たった3回だけ回して合計9ドルで800ドル近く勝った時も気持ち良かったです。

フロア係りの方が °いま座ったばっかりでしょ、見てたよ〜° と

すぐに来てくれました。

いつもは遊ばない1ドルの3つ並びメガスロットでしたが

きっと恩恵を授けて下さるために呼んで下さっていた台を^^ 私は感じ取ったのでしょう。。^:^

もっともっと精神が私にはないので^^ 小さな賭け金で大きく勝った時はすぐに止めて台を変えますが、

この行為はギャンブルに呑まれないためにも非常に重要な行動だと思っているので

皆さんも覚えていて下さい。^^


勝ったら止める。 これです。

そしてその後は勝金には触わらずにただの遊びに撤します。


それにしてもギャンブルのコントロールに問題が起きることは多いようで、

ギャンブル依存性になられてしまう方々も多いようです。

どんどんと賭けて経済的にも圧迫されてしまうようなので、

ラスベガスカジノのテーブル横やスロット横にはさりげなくギャンブル依存者用セミナーの案内などが

置かれているのです。

カジノで払いながら依存性になりセミナーでまた請求をされ、、

政府のやり方ですね。


是非ご自分ならではの少々のおこずかい設定を上回ること無きよう、

依存しない付き合い方で気を付けて頂きたいものです。

とは言っても日本にカジノはないわけですが、、。

その代わりに競艇やパチンコなどの大きな賭けになってしまうのでしょうか。


私は5〜25c(円)の楽しくて可愛いアメリカのスロットマシーンにしか興味は無く^^、

結局は20ドルほどの賭け金で勝つのでそれで充分に遊べてしまいます。

ベガスカジノ本場には面白い物語仕立てのスロットや可愛いイラストのスロットが多数あるので、

遊び甲斐も勝ち甲斐もありとにかく楽しい時間を過ごせるのです。


そこではドラマやエピソードも沢山起きたのですが

頻発に訪れていて後にはお仕事もした有名なBellagioという大きなホテルでは、

夜中にスロットをしていた時に

ラスベガスで有名な会社の社長さんがいきなりスカウトをして来て、

こんなこと、普段はしないんだけど〜〜と言いながら

あなたならいつでも雇うから〜 働きたければ電話して来てね〜〜と仰られ名刺を渡して下さいまして。

なのでその一年後に^^連絡をしてその流れで同日にそのまま会社に呼ばれ

ユニフォームを渡されて それから暫くは趣味のようにカメラガールになっておりました。^^


普通は面接などがあり勿論落ちてしまう人が沢山いるのだということを

後に副社長さんから聞かされた時にはいたく感謝をさせて頂いた次第です。。


カメラガールとしてはBellagioだけでなくMGMやNYNYニューヨークニューヨーク、

MirageやHarrah's、Treasure Islandなどの有名なショーでも撮っていましたね〜〜。


カジノには綺麗で美味しいレストランや楽しいアトラクションなど揃っているのが嬉しいですね。

よってシンガポールでは、カジノが真下にあるMarinaBaySandsに必ず泊まるというわけです。

それが以前に載せたスイートルーム写真であり、お部屋でのピース姿シルエット写真なのです。^:^


今までで一番物足りなさを感じたのは実は残念ながらマカオのカジノでして、

サービスや広さ、そして

煙草を吸わない私にとっての喫煙状況でした。

サービス向上に臨んでいかれることを期待しています、、。


けれども宿泊したマカオのホテルはとても情緒があり綺麗で、お部屋のリビングと寝室の際には

メゾネットでないにもかわらず数段の階段があるという楽しいサプライズを頂きました。


そんな様々な国にあるカジノの形、

そして現地の皆さんが勧めるカジノがある

メルボルン

での明日の試合、^^


是非勝ち進んで頂いて、

試合後には皆さんでお忍びで息抜きとして?

カジノの雰囲気でも味わいながら

ちょっとしたお祝いでもして頂きたいところです!〜〜


変わらずに応援していま〜す。




微笑みシドニーブルー目なし
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.