4月。 残れる249人の有志の方々。 首都直下型地震は西にずれました。
まだ日本に残れし249人の方々とはいずれお会いするときが来るということは

此処4年ほどの間に度々伝えてきております。


沢山の応援コメントをありがとうございます。^^

非公開コメントというのも、友人から安全なものは転送されてきておりますが公にはせず隠しておりますのでご安心下さい。^^

応援を下さるファンの一部の方々には249人に入られる代表の方もいらっしゃるかと思われます。


まだ繋がりのない方々が此処にお集まり頂ければ嬉しいです。^:^


必ずや最後に残られる方々であります、

私の友人や家族、懇意にしているStaffさんや数少ない有名人の方々もその中に入ることでしょう。。



4月になりました。

自然に集まる流れと同時に、私のほうからもご連絡を差し上げることを始めて行きます。~

業界でも一般の方でも、、です。

名づけてこれは 一万光年先からの電信。。 ^:^


ほとんどこれまでの一年間、雪の国に滞在をしていた時期を終え、冬眠を終えましたので^^。

私の場合、タイミングや形、何処で暮らすか、など

全ては計画のもとに意味を添えて直感と共に魂で動いておりますゆえ。


東京が一番危なかったのは昨年の夏。

しかし大地震が起きる代わりに地球が思わず 私の協力のもとに新生致しました。^:^


首都直下型地震と言われていますが、それを私のお陰で(2回目)昨夏に乗り越えた東京、^^

ひとまず落ち着きました。


この災難は西にずれた、と感じます。

大阪弁が思わず標準語にならないようにお気をつけて頂きたいと思います。


しかしこのまま有志の方々の集まりが、、有志の方々の運びが

思わず自覚のないものであるとするならば


それは西の後に「大災難」が東へ戻る機会を与えることになり、


その時には もはや私は協力が出来ない状態になるということ。

災難を免れることは出来ないものとなる ということ。


信じられないことですが、私が思う日本・地球への愛国心および愛地球心?により地球が一度のみ、

昨夏に免除を下さったということです。 すごい!<-- 私が。^^

心して私の動きに注意を頂きたい ということ、

今のうちに書いておきますので^^


ご注意下さい。


そしてこれは何度も書いておりますが、私が自分のことを自分で客観的に書かなければならないこと自体が


今の日本を現しているということであり、



自分のことを自分のこととしてではなく、極めて客観的に私は自分のことを書いているのだということ。



日本人は 真実を見極める目 を持たなければならないということです。


さて、 

とは言いますがもしもそんなこんなのネガティブな、これまでのあなたがたの行動が、

私に対し行ってきたその行動も含めた異常な隠蔽工作が 

今まで私の大きな器で受け止めてきて あげていた その極悪罪が、

大目にみてきてあげていた本来ならば禁固901200年のその極悪罪が、

地球上から無くなったとでも思うかのように勘違いをして本来ならば感ずべきその恩を

仇で返してきたあなた方の

その精神異常な態度が、

宇宙の目からみて

やはり許し難いものであるとするならば、

結局 後には 諸々の災難が東に戻ることになってしまいます。



どちらにしても私は生き残りますが。 

なので日本の真実は間違いなく世界中にくまなく伝えていくので


後のことは任せて下さい、、。^^



ーーー そんなことは もはや30年前からすでに覚悟をしていることです。 



以上、

ごきげんよう。。



微笑みシドニーブルー目なし 
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.