昨日は自然と、結局ポールの映画を観に行く流れにあいなったということでして。。。 Paul Walker in Furious 7。
結局昨日は自然とポールの最新映画を観に行く流れになりましてね。

あの流れで
の映画公開は不謹慎ではないかと思っていたので拒んでいたのですけど、

やはり自然と、、しかも初日に観る流れとあいなりました。。


お土産でステッカーを配られましたがあれは全国共通なのでしょうか。


映画は勿論自分ならではの見方になりますので、

途中で
出て来た東京のシーンが東京舞台の回でもないのに突然過ぎて、

もしかしてポールは最初の段階で私たちのことをバラシて^^いたのか?とつい感じてしまいましたね、、此処でも写真を掲載していたので、、。。

ま、これは本人同士のことなので皆さん、気にしないで、

今度夢の中ででも質問してみます。^:^



CG的なやり方
で上手く撮影されていて楽しめましたが、一番気になったのは最後の追悼の部分でした、、。
普通であればRIPとかメモリー オブとフルネームでやるべきなのが、

ただ下の名前でForPaulとだけ書かれており、

もしかしてポールは何処かで生きているのではないかと思わせようとしているのか、

それともまさか何処かで生きているのか、、、 いやそんなわけはないです?

それにしても本当の追悼のような形にしていないのは見下したような失礼対応としてなのか何なのか、

どちらにしても陰謀が受け継がれていたような最後の形が妙に引っかかる思いで御座いました、、。

兄弟さんの名前もスタントとして流れていましたけれども、、。

ポールと出逢った頃の映像が最後に流れたのは本当に嬉しかったです!^^


実は昨日は予期せぬハプニングが起きたことも手伝い、

結局拒んでいながらも 今度は一人で^^ また観に行ってしまいそうな予感もしています、、。。


こちら、コンパクトにまとめて写真に撮りました。

ただ、、、今使用しているのは昨年ハッキングされた後からの
新PCで新しいやり方にしてからSD系の写真が

初めてでしてね。

本当に面倒なことになってしまいました。。 だからもうサイズはこんな感じのままで。^^;



762 2


ポールが生きていることはないと思いますけど、もしも何処かに隠れていたらそりゃあ再会をしたいところですが!^^

どうか記憶がやられていることのありませんように。。。 その場合は思い出させてあげましょう!~^^


実はポールの事故最中の気になる写真もあり、Hollywoodのタブロイド動画も直後に駆けつけ、知っていたかのようなおかしな撮り方をしており、

しかもすべては見せないという変な見せ方でしたので

全体的におかしな報道だとは感じていたんですよ、、、。

そこにきて今回の映画の追悼挨拶でしたので、色々と考えてしまうことがあるわけです。


どちらにしても陰謀絡みなの
で一筋縄ではいきません。。。

今はひとまず 空気を共有出来ることだけを感謝致して、、。。



本当はポールとも行ったアメリカ Los AngelesのCenturyCityの映画館で、本人と一緒に観たい思いに駆られているのは

認めざるをえませんね、と いうことで。^^

もうやんなっちゃうね世界を何とかしなかきゃね、ではまた。
。^:^



2014-11-30 015

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.