FC2ブログ

25日は人生のお祝い日。私の大事なその儀式の中で大きな地震が起こり、大地の祝福を受けました。キリスト様が亡くなられたとき・復活の時の地震と同じもの。Holy oneness.
25日は私の人生の祝日でした。

14時からの大事な私のお祝い儀式中でクライマックスの瞬間を迎えた時、

大地が答えて下さり大きな地響きとあの大きな地震が起きたのです。


それはキリストさまが亡くなられたとき、そしてキリストさまが復活されたときに

大地が動き地震が起きたのと同じものでした。


私は神の子であり^^ 地上の唯一の天使であり妖精であると自分で言って参りましたが、、、

いざ本当に神様に公の人前で烙印を押されますと、こっぱずかしいものがあるものです。^:^


神様とともに生きておりますから、私は大丈夫。^^


これからも悪魔と悪魔側の認識は懲りずに書いていきますよ。

これこそが地球上で一番重要で必要な知識でありますゆえ。


はからずも私は「このブログはエクソシストの役割がある」と書いて参りました。


神様はいつも見ていて下さりお守り下さっていますので。^:^


私は交通事故が起こりそうな直前に大天使の羽に綿のように囲われて救われたことがあり、

アメリカで、ある危険な事件に巻き込まれる寸前に 天使の声が話しかけてきたこともありましたし、

ーー勿論、私は何も吸わないし薬もしないので、これは 例えば薬とかで起こりそうな幻覚症状などとは

全く違い、もっと神聖なもの。 <--これを書いておかなければすぐ悪霊が工作を仕掛けるので。


そして夢で悪者に追われて逃げて空を飛び、大天使の大きな羽に降り立ち羽に包まれて癒されたりもしました。


麻布の街中で、^^ そしてフランスの列車の中でも危険から逃れるために時間をワープしたことがあります。


だからこそ悪魔は時間のポータルを悪用しているというエネルギーが

私には感じられてその確信も得ているわけです。


ーーー もうすぐ悪魔の穴が訪れますよ。



Raptureの件やワープの話を書けば、CMはそれを真似しアイディア盗用をする始末でね!!


フジテレビは私をストークし、私を北まで追いかけて来て、いまだにその残像で商売をしている。


テレ東も同じ理由で私の残像ドラマを作っていましたけどね。 ちょうど最後のシーンを偶然に目撃してしまいました。

それだけで判ってしまったんですよ。


本当にあんなこんなやそれやあれ、これからは良い意味で全てが明らかにされますよ、

私の存在もね。


ーー 私は謙遜しすぎていた。


人間はピラニアだということを 知りたいわけでは無かったのです。


もう恩を仇で返すことは出来ないのでね、あなたがた。ーーー


私は正真正銘に宇宙の創造主の子なのである。

そういう意味ではキリストさまとは兄弟姉妹なわけ。-- ^:^

Jesus is my holy brother.


Brothers~~and  Sisters~~...

これを言うといつも思い出すのはあのU2の歌詞、そこに出てくる世界観は私の世界観でもあり、

あの歌中のお相手のような優しい人がいすれ、結局のパートナーに納まるような気が致します。。


We get to carry each other, carry each other.

僕たちはお互いを支え合っていくんだ  僕らはひとつだからね。

We are one.  ' One'~~~


これは私が大大大大好きな歌で、とても共感致しますし 私は言いたい、


Holy oneness that's what I believe....  



微笑みシドニーブルー目なし

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.