5月25日に神を顕現させて頂きました。 その後自然界の動きを静観していました。 いよいよ開始されたのです。 相次ぐ地震、豪雨、竜巻に今後の洪水。 
5月25日、ある私の人生祝日儀式では思わぬことに神様を顕現させて頂きました。


これはボルトが200Mを5秒で走るかのようにすごいことなのです。


このように正真正銘 神様と共に生きる私は、その後世間が自然界が、どのような運びになられるのかと静観しておりましたの。


まず地震が増えたこと、豪雨が続いていること、それは北から南からじわじわと来ています。

そして昨日は群馬での大暴風雨。


人間単位で言えば政府が動かないものですから

それぞれに団体内、あるいは家族内、または仲間内で自動的に

これまでの極悪罪に決着をつけ合わせられているのです。


MERSのタイミングも偶然ではありません。



私はここ数年間、早く犯罪者を横浜アリーナと埼玉アリーナに集合させて隔離することを促しており、

罪人がこれ以上の大きな事件を起こす前にあらゆる犯罪を阻止しなければならないと書いていました。


しかしあなたがた社会は全体的に川崎事件の傍観者でもあり 共犯者 であるとも書いていましたよ。


何千年も昔から決められているその運命はこの世代で顕現し、まさに今 開始されたのです。

これまでのような地球でこのまま「運営続行」が可能なわけがありません。


地震と豪雨というこれまでの人間の極悪罪に向けての決着の形。

HAAPが運営されているから、と言っても 悪は神の許しなしでは動けないのです。


人間として堕ちていくのか進化をするのか、

2つに1つのこの状況。


神にそして神の子である私に、これまでの何百年間も悪の挑戦をし続けてきた成らず者たち。

生きるか死ぬか、

それを始めたのは当のご本人たち、


あなたがたの終わりが来たのです。


これは全て「神の計画。」




Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.