世界に携わるとすぐに出てくるこの動き。 負けずに自信を持ち進んで下さい! 脳のハイジャック。
世界に携わるとすぐに出てくるこの動き。

選手さんたちは自信を持ち進んでいくので良いですね。


ブラジルのときに思いましたが、 日本は相手の攻撃を引いて待つのはどうなんだろうと、

3人くらいはいつもゴール近くに居てパワー満開で相手を阻止するのが必要ではないかと思いましてね。

あれは相手がすぐにゴールを決めるチームが多かったこともありますが。


そしてなんなら皆さんがゴール前に散り張って相手の動きを阻止するのはどうなのか、と。


そしてそれを昨夜は相手がやっていましたね。

まるで 日本はそれをしないように、とでも言うかのように。


こちらもそれをやったら誰が果たして崩していくのか、

相手もこちらもゴール前にいたら誰が動くのか。


何故動くのを日本がやらなければいけないのかと? ちょっとおかしくないですかね!


何で相手に動かさせないのか?


そしてハリルさんの言葉で 罠を掛けられた、とか これは初めて観た とか、ちょっと嘘臭いんですけど

あれは何ですかね。


監督として事前に相手国の弱みとか研究してそれを元に準備するべきでないのか、

次は3ヶ月空きますけどそれは監督の仕事の内で、試合後の昨夜に選手さんたちと建設的な話はしたのですかね?

相手がただゴール前に陣取った場合のこと。

だけどハリルさんはそれを予想するべきだったのではなくて?


これまでハリルでは珍しかった横パスがまた出ていましたけど、あれはくせが出てしまったのか、それともまさかのハリルからの注文ではないですよね、、?

でもあれですよね、昨日のシンガポールのやり方ならずっと横パスで80分居て最後の10分で怒涛のように

GKを疲れさせても良いくらいに相手は高飛車な選手たちでしたね。


だからバチが当たって足が釣るんですかね。 そんな動いてもいないのに。^^;

ちょっとびっくりしちゃいました。 2人も?? ^^; 

まあ、大変ですけどね。^^; 長谷部さんも大変でした。。


F1のレースで準備万端で優勝候補でも車の整備が急に悪ければ予想とは違う動きになりますよ、

それで選手のせいにされてもね。

で、匿名で相手の周りや無関係の敵人たちが日本選手の自信を無くさせるように後から後からNETで文字攻撃するような。

自分たちは少しもグラウンドで動いていないのにね。

ま、例によって見ても読んでもいませんが大体判ります。

ーーこれが奴らのいつものパターン。



金メダル候補の水泳選手さんが突然大会中に吐き気をもよおすような運びに持ち込まれているような、そんな感じでした。


日本代表の監督さんは次々と脳ハイジャックでも受けているのではないかと思わされてしまいます。


これから試合が続いていく中で上に昇るためにもそちら方面でも守っていかれるように、

疎い人が多いならば個人単位でも守られていかれるようにして下さい。


それにしても昨夜のドローは、

日本代表さんの本当の実力ではないですし、岡崎さんに怪我が無くて良かったですね。


前回の快勝のときに後半の後半ではありましたがベテラン3人さんを交代させていたハリルさんを見て

その考えはちょっと違うのではないかと思い、采配に心配になったんですよ。

今回は相手の動きを見て、とか言っていらしたそうなので、

ならば 最初に戻りますが、こちらも引いていたらどうなるのか、を知りたいですよ。

お互いゴール前に90分間待ち合うだけな訳かと。

何故日本だけに攻撃をさせるのか、何の法律がそうさせたのかと?


それと変に意地悪なマスコミの言葉は気にしないで。

進むのみ、なので 謙虚を装わされて自信喪失を促すという「罠」にはやられないで下さい。

それこそが「罠」であります。


それから相手のGKに、日本に取り失礼な質問をしたマスコミは誰なのかと?


「すごい守りですね。日本に来て貰えますか?」という馬鹿な質問がない限り

「日本からGKの話が来たら考える」というわけがないですよ。


え、何、じゃあ急に相手のGKが「僕はね!日本から話が来ればGKをしても良いかどうかを考えているんですよ! 誰か~ 話を聞いて!」と

自分から突然言い出したかのように書いているっぽい印象を与えてるっぽいですけど。

真実は全然違うに決まっているじゃないですか、

よくそんな売国奴みたいな奇妙な質問が出来ますよね。 

あ、、、。


日本が世界に絡むと動くのです。

これは私が動けば、何かを書けばすぐに奴らが反対のことを「仕立て上げる」のと同じ動きです。

って、これは今関係ない、って? あ、そうねそうね。

でも関係ないわけじゃないけどね。-^^


とにかく選手さんたち、負けないで下さいね。~~

次は9月。 一喜一憂の流れ応援の動きもありますが気にしないで、

それにしてもイタリア記者たちの記憶力っちゅうのは、

ほとんど6時間っぽいです。^^


昨夜のことではないです、昨年とか色々の件。


ということで一応 律儀なけじめとして応援として書き残しておきます。。^^





IMG_0271 (2) 決まり (510x640)

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.