FC2ブログ

(追伸あり) 破局報道について
 

 今回突然に、破局 などと簡単に一方的な報道をした日刊スポーツさん、

 
 何を持って あのような僭越な記事が書けるのでしょうか。


 私は当事者であり、物事には順番というものがあります。

 
 結婚という形を取り、人前で宣言をされて始まった生活、

 
 そこには責任と誠意というものが問われます。

 
 
 破局、などと 一言で簡単に割り切り捨てられるものではない。

 
 両者が話し合い、今後を決めていくのです。


 

 私は結婚という形を尊敬しています。

 
 (ま、過去に一度、環境事情と諸々で叶いませんでしたが、、。

 
 って、そんな説明はしなくて良いのですけど。。)

 
 この半年間 いろいろありましたが、

 
 それでも私は努力と我慢と夢を重ねて此処まで来ていたのです。

 
 親しい関係者に、別れを告げてもおりません。

 ですから、非常に私は困惑しています。

 以下は、当日の記事を受けて

 ミヤネやさん番組に出した説明内容です。


 「 2月に再会した際、彼は歌う気力もないほどに落ち込んでいました。

 健康状態も著しく損なわれていたところ、私は彼の元 気を回復させて

 歌う心を思い出させ、復帰を考えるところまで に導かせて頂いたのです。


 ある意味、命をも救わせて頂いた状況であったと自負してお ります。


 ですから、彼の仕事再開で関係がおかしくなる訳はなく、

 そのように報道するのは酷い言いがかりのように聞こえます。


 軽井沢改装も彼の意思ですので、誤報は避けて下さい。

 
 アメリカの件ももう時期クリアになるので、

 
 それが原因でもありません。


 今後はコメントを出すつもりはありません。

 時期が来たら2人で確認報告を致します。   」

  追伸:

  私は本人ですが、状況に困惑している。これが事実です。

  前回のエントリーの言葉と繋げて憶測しないで下さいね。

  “今日のタイミングとは関係ない”と書きました。 すなわち、今日の破局記事とは関係ない、という
  
  事です。
  
  私が予感して未来を書いたことと、実際の事実状況は別物です。

  これ以上は、今書けません。

 


 

 



 

 

 

 

  

 

 
                    

 

 

 

 

 

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.