6月に沢山のインスパイアーと勇気を私が与えたことで芸能界に起きた交際報道ブーム。売名やらせもありますが。そして私のコピー真似で横から金儲けのみを企てるけしからん芸能事務所たち。
今年6月、私は知らぬ間に自然と沢山の人に勇気を与えていました。


その影響はまたもや芸能界にも起き、それにより急に6月ー7月から増え出していたのが交際報道ブームです。



売名やらせ誤魔化し報道政略も多々見られましたよ。


2005年、2006、2007年、2009年 2014年、2010年、そして2012~現在まで、


そして私がアメリカにいながらにしてコンスタントに仕事をしていたその度ごとにも、


偽造工作、内容捏造の記事でマスコミは騒ぎ、詳細の真実は書かずにいつまでもしつこく故意に印象を悪くさせる陰謀を


決して私には見えない写真とSETで 雑誌、スポーツ紙、ワイドでも勝手に騒いでいた1980~2001年、



それら全ての期間も、


相変わらず芸能界は私の動きをなぞり勝手な自分らの金儲けへと繋げて来ているのです。




わけわかんない芸人の監督ブームも 私が「本当の映画」監督を「真剣にした」ことが始まりですよ。



私がドアを開けてあげた流れでしかないわけです。




故に何か今やっている誰でも監督みたいな番組を見ることはないし、何だか急に司会をやっているような変な女タレントがいますが、


あれも明らかなるビア*臭がすごいです。



別に世界のき*のではないので、勘違いしないほうが良い。 日本には文化が無いです。



ま、その話は今は良いとして。



今年の6月、此処で圭への応援をスタートしたことで、



恋愛心などを刺激された人たちが沢山いたということです。





今はブログ経由で語ることはなく直接ですけどね。^^ 



そしてそのスタートは、沢山の人に恋愛への気持ちを思い出させたということ、


勇気を与えたということですね。



私は自然と世の中の恋愛意識を上げていたということです。(まとめ)



昨日も書きましたが、コメントでも実は 良い恋愛をしたいと思います!というものが増加していました。



自分では気づかなかったのですが、芸能マスコミの動きを見て私は感づいていました。


と同時に報告も来ていたので、私の勘はやはり当たっていたと理解していたということです。



ーー私が正しかったのはいつものことですけど。^:^




私の姿を見ていつも刺激を受けている芸能界、



その恩を仇で返して来ている芸能界、



しかしそのやり方は終焉していく。



結局私のように パワーのある芸能人は 他にいないわけですよ。 
悪いけど。



男性でさえも影響を受けるわけですから。



男尊女卑している場合じゃないべ。ということです。




そしてそれはあなたがたの私への動きで、あえて私に伝えているんですよ、ありがとう。 



逆にね。




つまり、真実を誤魔化していつまでも隠れて嘘をつくのはもう止めなさいね、芸能界。ということ。



6-7月の芸能界恋愛やらせ交際売名ブームは、またもや私に影響を受けたわけで、



私が始めてほどなくして6月中旬以降に始まりましたね。



売名やらせ交際報道は売名ですから事実かどうかが疑問なものばかりで、例えば爆笑の田中っち報道もやらせでしたね。


まずは社長が流して本人が否定するというやり方パターンです。



そんなこんなの流れ、いつもいつも私のエネルギーの真似をするばかりで ついなぞってしまったと


業界全体が素直になりゃあ可愛いものを、



下克上を試みて真似を隠蔽しようと動くから憎らしいコピー集団に成り下がったままなのだっつうことです。



先週もありましたね、謎めいた結婚報道。



誰も本気にはしていないだろうというあからさまな不自然さなのに、NETに入り込みごり押しの売名・やらせデマを流す業界と、


メディアを牛耳れば世間の五感を騙せると高を括っている業界のやり方が何とも9世紀から進歩がない感じです。



この堀*たの事務所は前科2犯なのでもう黙ってはいられないため書き残しておくと、


この事務所は私のエネルギーを真似し、横から入り込むことで運営をしていたようなけしからん事務所です。


芸能界よ、私のエネルギーを真似ることでしか運営できていないくせに!という核の真実話ですが、



芸能界は所詮、私の長所にあやかりそれを無断使用して金もうけをするか、


あるいは私のエネルギーを曲げて世間を騙すかしか出来ていないんですよ。



全てを冷静に 私の言う真実の目から 事実と運びを見てごらん。


私が全て正しいんでね。




正しい人が他にいるなら私は認めるよ。 ただそれだけだ。



あなたがたは嘘つきに生き過ぎて来た。



もう限界だ、あなたらの。




報告によれば、私は2009年の騒動の時にその真実の姿が ジャンヌ・ダルクのようだ!と言われていた。


大体私へのNET言葉は赤文字に書いた感情により基づいて動かされている。



それはもうこの35年間の、コンスタントな芸能マスコミによる私への動きで はなから私は知っている。



つまり私が書かれていることを逆に利用し、全然関係のない業界人らが自分らの金儲けのために



私の存在を多々利用して来ているという流れである。



CMもドラマ構成もね。



6月、7月の交際報道ステマに絡み、急に謎の結婚報道をした事務所の前科2犯のひとつは、



私がジャンヌ・ダルクと呼ばれていたことで、これらは私の存在を使用し、


ダルクとは何の接点も無い、人生経験も無い売るものも何も無い男性との恋愛経験もない(<-- 別の意味で。)


そんなビア*なませた子供を、タバコしか吸わないタレントを


何故 急にダルクと関連づけられるというのか!



それは、私が言われていたから、というだけで! これはビアンならではのナルシスト団体としか思えない流れなのである。



私はその流れを見て驚いた。


どれだけ卑しいのだろう!と。


これは、人様の手柄を 自分のようにいうのと同じである!



2020年ロゴと同じ思考なのだ!!!
  

ーー皆さん、今なら判りますね、あの人らのやり方が!


私はこれをずっと伝えていたのだ!!



世界中が目撃している!


これは 私が世界に向けて伝えるのも近いということだ。




そして私がジャンヌと呼ばれてほどなくして一年以内を掛けて急に舞台を作り出したというこの流れ、



世界の偉人を!しかも欧人を、たかが日本にいる日本タレントで秋葉演芸化をしようとするその思想そのものが


精神異常で間違っている。


少しもぼやかずに、そのものをやろうとするそのナルシスト精神が!



欧米に関われる対等な日本女優は私ぐらいのものである。



これを肝に据えろということだ。



それを知るナルシスト事務所は、そこに横から入り込もうとした。



ダルク事件だけではない、この事務所は今度、私が負けない強い意思を持つということで



嵐が丘のキャシーだと言われていたらしいが、すると今度はこれさえも使用したのである!




ふぞろいPart3でも脚本家の山田さんは私を嵐が丘と繋げていた。




それは私のセリフにも出て来ている。 ふぞろいPart3の第4話だ。



そのPreciousな意見を、このビア*事務所はまたもや横路からしゃしゃり出て来て、



急に秋葉演芸学芸会を作っていたらしい。 



誰も知らずいて私も知らずにいたこの秋葉演芸茶番の嵐が丘、



歴史さえも馬鹿にして私の存在に負けているのに挑戦しようとするこの末恐ろしきナルシスト精神事務所は、


けしからん存在であるとしか感想が出てこない!



赤西仁を落とすためだけに呪いでも掛けるための事務所だったのだろうか。



私の存在を意識し、NETで言われている私の長所をすぐに自分らの金儲けに繋げようとしているこの事務所、


全くのミスキャストでも私のエネルギーに関われれば良いかのような無謀さ、


無客で誰も行かないのにスポンサーから金だけをむしり取る演芸学芸会を制作するそのずれた精神と



常識の無さ、そして世間を馬鹿にした態度は、芸能事務所免許を剥奪するに値するほどの


犯罪であると見受けられる。



私の真似をして来たから真似をされたのか、今は堀き*の2番煎じみたいな、これまた何もないタレント


有*というタレントに真似をされ、それで焦った上での結婚報道なのでしょう。



昨年はこれまた同じビア*の仲*が焦りだし


私がカマービア*のことを書いたから肩身が狭くなったのか、社長が「誰か、うちの仲*を貰って!」と言い出していたらしい。(業界の目撃者)


そしてまもなくして謎の結婚報道。



私には堀*の謎暴走報道は、これと同じだとすぐに理解した。



、、、^:^


とにかくね、 私に多大なる影響を受けている芸能界のくせに、それを隠して来ているあなたがたを



私は真実の光の下に晒さずにはいられない。



芸能界は生まれ変わるべき。



あなたがたの犯罪は もう誤魔化せない。



私はそのために芸能界にスカウトされたわけです。



そしてそれは神様によるスカウト。^^




2012 Hyatt

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.