FC2ブログ

書くタイミングは直感。私がいたからこそ成り立ち皆が聴いたあの沢山の安地作品たちをこれ以上汚すな!! あばずれシロアリ売春婦!!そして共犯者の玉よ!!
書くタイミングはいつも事前に慎重に考え直感の基に動くのですが、

自分でも判らないタイミングが事を教えてくれることが多々あります。


先 月からUPしていた諸々、そしてその流れで必要であったあるバンドへの真実表明を17日に記述しましたが、

そのタイミングがまるで計られていたかのような ものであったということ、


先週末にある報告が来て自分でも知らずに書いていたのが偶然なものであったというのを示しておこうと思いました。


あれから早や1ヶ月ですが、


この間に私の知らない間にまたもや妄想精神異常が何かを仕立て上げていたかも知れないような気がしたので、


それは例によりいつもの妄想カルト精神異常裏切りキチガイ連中の、限りなく馬鹿な工作憑りつかれ病気


だということをお知り下さい。


1)先週に入った報告から考えますに、

相手は私の諸々に触発され、例のごとくに思いつきで対抗し、

日にコロコロと変わるあの思いで動いただけと考えられ、


それはすなわち私を充分に意識し勘違いな対抗心からシロアリのしゃしゃり出たあの


ごきぶり精神で動いたものと結論づけます。


2)つまり、私の動きが先であったことで、


今 やただのストーカーのように常に私を意識し動いているその底辺の勘違い行動がエスカレートしていた、


その気持ち悪さを私はどこかで感じ取ったのかも知れな い。


よってその数日前の私は知らずにいたシロアリのその悪意ある気味の悪い勘違い行動を、


あるスポーツ紙が私の表明と同じ日に書いていたという偶然が起き ていたということでした。


3)性懲りも無く数年経過しても未だに幼稚な動きを取り、私を富に意識しすぎて、


場違いなあばずれが勝てもしないのに自己中な行動でしゃしゃり出てくること事態が


もはや玉の馬鹿野郎な落ちぶれ縁であったことを証明してくれました。



4)これで二度と心配することもなく、一人で亡くなられていく運命になってもいた仕方ないと府に落ちたのです。


5)実はその人の魂はすでに体から離れており、魂は正直なもので私に謝罪し許しを求め、


魂は私の元に現れました。それは2012年4月のことでした。


体のことは心配しないでとの本人魂弁なので、


これまで心配しないように生きて来ましたが、魂・心さえもなくしたような玉の動きに、


いわば私のあの流れのその魂は、もうすでに死んでしまったのと同じだということです。




6)先月の行動の報告を先週末に聞き、今回のような行動を起こせるということ事態が考えにくい異常精神、

これは恩を仇で返すどころか、泥棒や殺人さえも可能なほどに冷酷な、


ただの無責任馬鹿野郎であったということが判明してしまいました。




7)ただ、

これ以上私の残したこれらの作品たちをあの人やシロアリが汚すのであれば、それは法的手段も辞さないということ、

はっきり記述しておく。


8)カンダやギリシャでも殺人未遂のような事件を起こしていながらそれを隠れたままで暮らせるわけはない。



9)人生で初めて私は弁護士を雇い話しあい、


猶予を与えるためにまずは家裁でとやんわりと始めた優しささえも踏みにじり、私が真剣に提訴をした翌日に


これ見よがしにあばずれシロアリと籍を入れたという嫌味が、シロアリとは何の愛も無い縁だということを私に教えてくれていた次第です。


10)世の中に生きているのは悪人だけでなく、


私のように常識のある人は他にもいらっしゃるので、あなたらの極悪罪は必ずや裁かれる。



共犯者同士の罪になるのですかね。


11)家裁での証拠として私がレポート用紙30枚ほどにすべてをまとめ、


時系列で全ての問題と一部始終を書き上げたとき、


弁護士を通じて「半分以上が創作だ」と言ったということを聞いた時には、


どこまでも性格が悪くなり 真実さえ誤魔化せると思い込んでしまっているということは安易に想像出来きていたが。


12)そんな奴を私は人生で何度も庇っていたのかと思うと


ただただそちらの性格に疑問を持つ次第であると同時に私はただ利用されたのかと思わされる。


ーーー あの当時から。



13)二度とあの歌たちを歌わないで欲しい。


私がいなければありえなかったあの作品らを、これ以上 あばずれシロアリと汚すのはやめてくれ。



シロアリゾンビあばずれにより汚されるのはまっぴらだ!!!


自暴自棄もいい加減にしろという話である。



これは私に対する冒涜であり人権侵害だ。

14)玉よ、あなたは気がおかしくなっている。


せっかく治ったのに、私を裏切ったことで、もう地獄を見始めてしまったのだということ。


もう曲も作れないわけだから、何かをすっきりさせたほうが良い。


これ以上私のエネルギーがたぶんに入った歌たちを 


ゾンビシロアリに巣食わせるのはやめてくれ。



まだあの時以降に一人でいればどうにか救われたものを、


今は地獄での縁で更に引きづられている。


それは 私と別れた後の香港でのドンちゃん騒ぎ乱*の時の地獄の縁ではないか。



復縁とか、美化するのはやめろよ。


ク*リ仲間、整形仲間なだけのくせに。



その地獄の縁が 私への裏切りへの代償のようだと見受けられる。



2009年からのあの一連の動きは人として許されるものではない。


先月のそちらのパクリ動きもね。



そして家裁でみられなかった誠意は、玉を自由にさせるわけがない。


15)シロアリとの性格の悪い意地悪生活を生き延びるために あの 

私がいなければ成りえなかった歌たちを ただ「利用」しているような現状ならば


全ての曲を返して欲しい思いだ。


ロマンも何も、全てを踏みにじる行動を敢えて取ッているこの変態ルームメイトとの生活に、


私がいなければ出来えなか津た歌たちを利用するのはもうやめなさい!



あばずれシロアリとあの歌たちを絡めるな!


少しは心を持て!玉置!



その腐ったような生き方しか出来ないのなら、


いつそあなたはASKAのようになったほうが楽なのではないか。



二度と私の残した作品たちを汚すのはやめなさい!


きちがいな勘違いをしてしゃしゃり出てきたあばずれシロアリに脳をやられ、


自分でも壊したことがこのようの表に出るというのは、私に迷惑をかけているということだ!!!


 
以上、 


今回、私も残したこの作品たちに何の関係もないシロアリが


故意にあのタイミングでしゃしゃり出てきたのは、紛れもない勘違いなねたみそねみ。


そしてその地獄の糸をまとわりつけている玉本人でありシロアリな変態どものもはやひと括りだということ。



私は自分の感覚で17日に訴えていたが、


それはまるでこの勘違いシロアリの動きを感じ取ったかのようなタイミングだったということが逆に証明された。


すなわち神さまはそれを見ていて、この横暴さと泥棒加減を私に教えて下さったのだということ。




けしからん人生を送っている変態が、私の助けた人だなどとはね。


神様も見てはいられない思いでしょう。



人間として、先月の行動はとても残念な醜悪実態である。



コー*、真実は ひとつだよ。


もう、あばずれと共に私への嫌味に生きるのはやめたほうがいい。


自分で全てを壊しているだけだから。


いい加減に生きて誤魔化すのはやめたほうが良い。

人には伝わるものだ。




よってその運命は、


きちんとした話し合いを私としないままにゲイの場所へ訪れたのが不運の始まりだったということだね。


それが悪魔の囁きだった。


玉はその罠にまんまと引っかかってしまったということだ。


私にはもう何も感じないことだがね。



ただ、


私への冒涜と人権侵害、そして私がいなければ成り立たなかった作品たちへの冒涜を私は許さない。


このまま続けるのであればそちらを告訴する。




前回とは違う主旨だ、映画「Eyes」と似た主旨。映画を観てはいないけどね。



私がいなければ成り立っていない曲たちへの冒涜を施すあばずれシロアリを私は許さない!!




全ては私への 妬み嫉み、 出来もしない勘違いな並ぼうとする蛇精神であり



田舎者下品なしゃしゃり行動。




コピー精神であり、エネルギーバンパイアー、あばずれシロアリ蛇の犯罪共犯者になるなよ、玉!!!



私がいたからこそ成り立ち、皆が聴いていたあの沢山の安全地作品歌たちを これ以上汚すな!!!




IMG_7588 

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.