海のイルカさんたちとも喋れる気がする。 フロリダ・オーランドの犬。 バリ島の犬。。。
私はイルカさんたちとも喋れる気が致します。


「も」というのはニャンやわんたちや鳥たち、そして自然世界と自分はいつも喋って来たからなのでしょう。



それにしても忘れられないのはフロリダのオーランドにいた犬たち。


WaltDisneyWorldの近くのShopping街にある海沿いの道を歩いていた時なのですが、


2頭の大型犬が向こう~~のほうに見えたのですよね。


私が歩いている方向にいた犬たちはこちらを遠方からじっ~~と見ながら立ちすくんでいました。



それぞれ縄付きでおじさんたちに連れられていた形ですけどね。


ま、犬ですので。^^


そしておじさんたちは2人で話し込んでいたので、犬っちたちはこちらを見ていたわけです。


で、近づいて通り過ぎようとした時に


一頭の犬っちが私としっかり目を合わせながら、こう言いました。


「Haaa~~nn??  Who is this girrrrrrlll ??~~

ん~~~?この子は誰だ~~?」と、、、。。。^^;



私はその声とその顔に
まるで人間の大人のような反応を垣間見たので、


一瞬 「気持ち悪っ!」と思ってしまいまして^^;、


これは今でも思い出すと笑えて来るくらいなエピソードだったのですが、


犬っちたちは大きな黒茶色のラブラドールでした。。^^


そしてその目がどこかで見覚えがあると思ったんですよね、


そうなんです、それはベルギーに行った時に見た現地の男子たちの「目」と一緒だったのです。^^



フランスに住んでいた時にベルギーへ遊びに行ったことがあるのですが、


ベルギー街の沢山のお兄さんたちは皆、すけBE-そうな目つきで、^^;こちらを見ておりました、、、


ずっと目を逢わさずに無視していましたが、


オーランドの犬っちには油断してしまいましたの。。^^


ベルギー人たちと被るほどに何とも男勝りな感じの犬で御座いましたよ。。^^;


本当、珍しかったです。。。^^



ま、バリ島で出会った沢山の犬の中で、たった1匹だけ変な犬さんがいた時よりはマシでしたがね。


その犬は何様なのか、ものすごく興味シンシンな上目線で私に言いました。


「へ~~~え?? 君は何~?? 何だろう、ここらへんの子じゃないよね~~?~」って、。。^^


その犬は反対側の向こう~の道から意識を飛ばしながら私をじろじろ見ながら待っていたんですよね、、


すごく嫌な感じで。^^;



そして私が目前を通り過ぎようとした時、急にその犬は故意に意地悪く吼え出しましてね、、、。


~やっぱり嫌な感じでした。^^


なので私は その手には乗るまい!と思いながらわざと怖がらずに歩いておりましたら^^


このからかい犬は更にからかうように、私の後ろから故意に大きく吼え続けましてね、、、。


これが隠れたバリの姿か、、、と思ったものです。。^^



するとそのときに私は人生で初めて殺気を感じまして。


これはまずいと感じたので道のすぐ横の、誰もいなかった民家の玄関に向かって逃げ込んだわけです。


するとそこには、急に現地のお兄さんがバイクに横座りで、まるで私を待っていたかのように静かに

存在していましてね。


~~これはまたもや神様と起こした奇跡の瞬間です。私を救済して下さったものであると確信しています。~


なので私は 「すみません!あのきちがいみたいな犬が 私を襲おうとしてます!!」と^^(英語で)言い、(<--本気)


後ろを振り向きましたら、


案の定すぐ2Mほど後ろの所まで何と走って付いて来ていました!


大道路の反対側で先程まで飼い主たちと共にいたのにもかかわらずです。



するとその現地人は「大丈夫。ここで見ていてあげますから」と言って下さったのですが、


犬はその現地人を見上げると、


 「あ、あれ? 何だ、知り合いだったのか。。。」


と言い、急に吼えるのを止めて引き下がったのですから!


何という犬だ。 



だけど私の罠にまんまと引っかかって「脅し」計画が頓挫させられたので^^


つまりは間抜けな犬だったということですよね。。。<-- ^:^


あ~~、助かった。~ ^^



しかしこのようないやらしい性格の犬に遭遇するのは人生初でしたし、^^


それまで必ずどこのわんちゃんやねこちゃんともしかも他のバリ島ワンとも仲良くやっていた私としては


本当に心底から驚愕!!したものです。 ~


暑い暑いバリ島だからですかね、バリ島だから。



それ以来、私はバリの町を一人で歩くときはいつも長傘でも持ち歩いていたほうが良いのかも知れない、


と真剣に考えていたぐらいです、、。。^^



あれは紛れも無く犬のイメージダウンですよ。



なので、海のイルカさんと話せそうな気がする、~~


という言葉の中には 


急に思い出したあのとんでも犬への嫌味もきっと自然に紛れ込んだような気も致しますが、^^



海中のイルカさんたちへの尊敬の念が充分に込められているのです、、。^^



IMG_7427 11

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.