FC2ブログ

本当なら普通に紹介したい写真たちなのです?^^ ファンの方々がお送り下さったそれぞれ1点づつのもの。 そして「工作」に関する表明。
写真たちを普通に公開したいんですよね。


ただ、私の場合はそれをやると「奴等」がまたもや工作を仕掛けるのでその度に説明を書かなければならない。


普通にやっていそうで、私には並々ならぬ戦いがあるんですよ。



皆さん。 私の人生、
皆さんならすでにすぐに何度も殺されてますよ?



、、、、あ、 まあ、そんなことを書きながら。。^^;



ーー 写真をただ掲載するための説明。


2004年に帰国したことで、とはいってもアメリカ移住時でも、いながらにして仕事もたまにしていたわけですが、


現地アメリカでは日本との関わりは一切なく、それだけでもすぐに集団で動く日本気質としては珍しい自由を得て

純粋な生活をしていました。 


私の場合は日本にもいないのにずっと切れずにマスコミが名前を出し騒いでいた(る)わけですが、


今ではNETなるところにも場所を移して其処では主にきちがい連中がきちがいを増加させようと毎日発狂しているそうです。


そしてアメリカ移住時でも日本で仕事をする度に毎回毎回メディアは異常な工作内容で騒ぐという繰り返しでした。


やがて日本に落ち着くと、今度は私の名前を使用して私が自分で書いたかのような一人週刊誌のようなものを工作し発売したのですから


その異常さは極まりないわけです。


ーー そして私はナイーブ過ぎて純粋過ぎる生き方をしていたということをその事件で知ったという運びでした。--


本当にね、日本で全うな女性として人気者の立場はつらいですよ。^^


判らないかな、他にはいないもんね。 


全うな女性芸能人の人気者なんてね。 ^:^



そんなことで^^、私は日本と向き合うために日本に再び住み始めて引き続き仕事もしていたわけですけど、


そんな私という存在にまたもや 関係も無いのに急
に「横からあやかり便乗」を試み出した、


私とは違って80年代にすでに消えていた人たち。そしてその裏側。



そして更に私が復縁をしたことでそれらは如実に動き出し、「横からあやかり便乗商売」の露骨さは尋常では無かったわけです。

それは未だに続いていますけれども。


それらは私と関係もないのに

嘘メディアを利用して嘘のごり押しを2009年から始めたわけです。


その年からが特に酷かったですね。 NHKドラマでそれら同士が2年前につるみ出したりね。

一度も観てはいませんが。


此処で私が方言を書けば、それが可愛いと思ったようで、急にそのNHKでは方言を前面に出していたらしい。


すべてが私からのあやかり便乗感謝無しな運びなわけです。



その「横からあやかり便乗商法」は、
最近では ブームは繰り返すなどと馬鹿な言い訳を作りだし、

ついに誤魔化した言葉で隠蔽しようとし始めましたが、

そんなものは本当は皆な、知っているんですよ。

ーー あなたがたはなぜ言わない?と私は言う。


このように、これらは全て私の動きが原動力になっているわけです。

男性も女性もね。



そして何故わざわざ私が自分でそれを書かなければならないかというと、


奴等は毎日、この真実を隠蔽しようと企み動いているからです。


ーーー色々な意味で。


そしてこれは
大きくいえばこの「地球を支配している人たち」につまりは繋がるわけですので、

私は警告しているのです。


ーー これは今までにも何度も書いてはいますが。


しかし中にはそうとは知らずに 妬嫉、野心、嘘、工作、ごまかし、人間への嫌悪 などを心底にお持ちの方々が

悉く「彼等」に利用をされてお互いはお互いに繋がりが無いかのように見せられてはいるのですが、
 

実際全ては「同じもの」であり、今ではそれが旨く否定的なサイクルをこの世の中にほぼ仕上げられている状態です。


特に日本人の、成功者への妬みは酷いものがありますし、「有名税」なんか存在しませんのでね。


すべては妬み嫉みです。


日本にも「彼等」がいますが、本人たちはそれを理解しているかといえば必ずしもそうではありません。


「知らぬ間に」利用をされ、宇宙の法測に反する支配エネルギーに加担しているだけだということです。


私はそのエネルギーに「ちょっかい」を出されているので、それを排除するためにバンパイアーが行っていることを

「キャンセル」するためにもいちいち此処に書き、そのエネルギーを自分の元に取り戻しているわけです。


世の中の負のサイクルを善人たちで排除をするのは並大抵のことではないですが

と同時に

しかしその事実に気づきそこへ向かい皆さんも行動をすることで、この地球が守れていくのだということです。


「奴等」の計画
文は存在するんですよ。


来月あたりに終に紹介しようかとも思いますが、


それにより何故
私がこのような文章を書き続けて来たのかが判ると思います。


とは言っても、その原文の存在は数年後に知りましたけどね。


すなわち私はまたもや^^正しかったということです。



日々、進化ですから。


原文を見てもそれをただ茶化したり馬鹿にかまけているであろう人々が存在することも目には見えていますよ。

すでに地獄にいるような人々ですので。


ただそれはそれまでの人達なのであり、別に私が気にすることではないわけです。


皆さんが真実には感謝を持ち 理解をすればこれは我々の勝利となります。



ーーどちらにしても勝つのですが、では 果たしてあなたがたはそこにいるのですかということ。


個人個人の選択ですよ。


理解しない人はそれもこれも全部ひっくるめて奴等の思う壺、のまま。


それはやがて2つに分かれる地球人の始まりだということです。



この真実を無駄にはしたくないので、いつ公開しようかと考えているうちにすでに5年が経過致しました。


だからPaul Walkerには感謝しているのです。


原文を知ることになりましたのでね。 そして2年前にもそれははっきりと。



私の行動には全て意味があるので。


1つ1つ計画をして、その終結から逆に行動しているわけです。


つまり私は先を考えていて、そこから計算をして今動いている、と以前にも書きました。あえてね。^^


で、

此処で話を戻しますと、私の写真1つにしても、私が公開すると奴等はまるで何年もご飯を食べていなかったホームレスのように

私のエネルギーを「漁ろうとします」。


Yes、彼等バンパイアーはNETに蔓延っているので。



しかしそれらは食べているような錯覚を起こしているだけで、何も上手く進んではおりません。


私がこのように書いているので、毎回それは全てエネルギーは漏れているということです。


そして、そのバンパイアー行動を試みる度に、それらは自分で自分の首を絞め、更に苦しく地獄へと落ちているわけです。


ただの掲示板などとは捉えないほうがよいですよ。 私の名前があるところには。


神の罰が当たるからです。




そこで今日紹介をする普通の写真なのですが^^; それは数々の方々の名前も入った写真なので

横から便乗商法が起こらないようにと考えていたため、ややこしいわけです。


夏に色々なビデオを紹介しましたけど、その後の便乗も尋常では無い。


感謝無きゾンビなのです。



故に写真たちをUPするタイミングに数ヶ月掛かったというのが理由ですね。


結局、今も昔も大体が裏の力と共にごり押しが蔓延していたという事実を忘れてはならない。


私は全うでしたし今もポリシーある全うな人間なので、
この芸能界の裏事実を知りませんでしたよ。。




逆に私には今も昔も、逆の「ごり戻し」という工作が行われてきているということを


書いておかなければなりませんぬ。


それこそがこの地球のカラウリを知る基本だということです。



何故か私が選ばれてしまっているということです。


しかしとどのつまりが私は普通に仕事に戻るというわけです。^^


時間軸は言いませんが。 それは関係ありません。


さて、


要するに大きなことを小さな世界にまとめるとすれば^^、

私の存在をいつも意識し工作し、私のエネルギーを工作し湾曲を試みようとすることで其処此処でお金を動かす人たちがいるということを

お知り頂きたい。


ーー 故に私が写真を一枚紹介するだけで、そこに何か他のものが写りこんででもいれば、

奴等はそれらの「暗闇」に故意にSpotを当て、私という「光」を工作し

闇を売ろうとするのだということです。ーー


そのような壷にいるモグラたちに、みすみすただ餌を投げかけるようなことを私は致しません。


その上を歩き、その上を知るからです。




地球という存在の未来を正していく時、


私という存在・事実を通らずして 未来を作ることは出来ませんよ。



ーー いつか判ります。 予言として書いておきますね。^^



そんなこんなで写真に戻りますと、時が毎日経過しているということで


私の存在が芸能界にあるということで、



今現在何らかの事情で裏力と共に 少々急に浮かばせている元タレントたちが

今 「横からあやかり便乗商法」で数年前から試行錯誤の元に出てきているだけなのに、

昔から変わらずにいたかのように工作することに対して


私は黙っているようなことは出来ないんですよ。


それは歴史の湾曲ですからね。


特にそれが私という真実の存在を曲げることで 自分たちを浮上させている一派であるなら、



尚更です。



ーー ここまで追いて来れてます?--


そしてそれは人間としてあるまじき行為だということです。



と、これは前置き説明として書きました。


では。


以下の写真ですが、そんな意味合いを持ち少々黄色で塗らせて頂いた部分があります。


本当は過去の一時でさえも裏の力で押されていただけなのに、そして中には「ただのポ*ノ女役者さんでしかない」のに

その瞬間のみで私と名前が並んでいただけなのに、


この表紙を利用して

まるで今も昔も変わらずに例えば注目?されていたかのように工作をするのは 事実に反しているので無理だよということ。


私は 自分を紹介することで眠っている魔神を起こすことにも繋がるということを彼らは「元から工作」している

のだということを書かずにはいられませんでした。


何故ならば魔(人)が死んだままであれば良いからです。



魔(人)とともにあれなどどは、私の歴史改竄にもなりそのような風潮がある日本は歴史の素人なので、


今後の地球での生き残りは日本として難しくなります。


すなわち私が個人レベルでこれが日常かのように示すことで、皆さんの目を地球レベルへと覚醒させて頂けるのであればそれは幸いだと考慮しているということです。



よって、表紙などに現れる名前はわざとピンからキリであり、レベルが全然違うことで並べられていることがあるわけです。

ピンからキリとして並んでいるのに一瞬、ピン(一番上)である私と並んだだけのお名前を今、

利用し魔人として地球の断末魔の手助けをする動きを

私は止めなけらばならないのです。

ーー OK?


つまり、まあ許せる明菜と^^それ以下の後輩1人以外は黄色で省きました、ということですね。 



ーー小さく世俗的に判りやすく低いレベルで説明するならば。ですが。


今までもたった一度たった一枚で 私のエネルギーをバンパイアーして来うとよ試みて来た人たちが、

今後はトライさえも出来ないようにと、


逆に常識としてバンパイアの行動は 佐野問題のように世間に嘲笑われていかれる、という


そんな常識ある日本になって頂きたいと願っています。



奴等は自己中な底なし沼なので 感謝もしないどころか恩仇、それは二度と行わせまい、と決めさせて頂いた次第です。


彼等は関係のない下の人達を上げ上げし、 


私にはその反対を工作し、上げ下げを反対に表し、


あなたがたの脳を実験しているのだということ。



事実を逆さまに示すという教育を受けている ロボットたちの存在を知るべき
です。


真実とは反対のことを故意に示そうとするこの工作を

壷の中のモグラ集いは毎日行っていると私は感じるため、


そのような中にみすみす自分から其処へ餌を投げるようなことをすることは出来ないという意志の現われを

此処に示しました。


ところでそのうちにやむなくオリジナル写真が載せられるかも知れませんが、


私は触れずに黙っているので皆さんも気づきませんように、、、。。。~~ ^^



なので、
もう理由は書きましたが今回黄色塗りにしたこの事情の裏側の件については、


ねちねち考えないで大丈夫ですよ。。^^


さて。 


ひとまずこれらを横においておくとして、


やっと普通に写真紹介です。^^



~~ 一枚目。 こちらは北欧の4カ国を約2ヶ月かけてドライブ旅をして写真を撮った時のもの


チボリ公園の近くでしたでしょうか。



この着物の写真は大好きで 今でも一番好きな写真の1つかも知れません。


何でも私は北欧のイメージ、だとのことで^^この楽しい旅は決まりました。



Canと着物 026



この着物を着ている顔UP写真は何処か他にあるのですが、、、それはまた次回にでも。



二枚目。 表紙の写真は例により私らしくない表情を何故かまたもや選んでいるようです、


ハレーションや影のせいでしょうね。。
 目も顔も同じなのに変えるんですよね、、。^^



写真aa



着物のほうはまさに自分らしい顔なので
もう一度。^^



Canと着物 026


そしてこちらはCanCan表紙。


こちらはまだ私らしく写っています。。^^



CanCan_201511041551530fb.jpg




それではまた。。^^



_3486aa.png


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.