昨年に書くべきだったクリスマスエピソード。 律儀な私ですから今年書き残しておきます。^^ Paul WalkerからのChristmasGreeting挨拶。
昨年のクリスマスエピソード、書けていないままずっと気になっていたので今年が終わる前に記し残しておきます。

私は律儀なものですから。^^ ~


1年前の12月24日、
一瞬東京に用事が出来てホワイトクリスマスイブの中からトンボ帰りの予定を終えたのですが

その際にいつもは行かない新宿のとあるデパートに何気なく入りました。

すると丁度目の前がケーキ店さんで、クリスマスイブなこともあり急にケーキが買いたくなり

東京に近い雪国に着いたらまた本格的なクリスマスケーキを買えば良いかなと思いながら、

ちょっとした感じのそのお店でとりあえずショートケーキを購入したのです

ドライアイスも完全に機能消失し始めた頃に、無事お持ち帰りを果たしました。


そして冷蔵庫へ冷やした後、夜中になりふと食べようと思い箱を見ましたら

何とそこには「Paul!」の文字が。

全く気づきませんでしたが、偶然に入ったそのお店の名前が「Paul」だったのです。


いつもは行かない新宿でしかもそのデパートに入ったらPaulがいた、のはサインだなと。

驚愕して食べるのも忘れたまま暫く見つめていて、Paulからの挨拶をかみ締めながら開ける前の箱を何枚も写しましたが、驚きすぎた為に肝心のケーキのほうはつい撮り忘れてしまいました。。


勿論クリスマスですから映画「ノエル」を連日観ていた時で、何度もPaulの映画を観ていたことも手伝い、私の行動への返事が空気中に流れ届いてPaulがケーキになり^^挨拶をしてきたということでしょう。


だとすればわざわざ急用の
東京行きトンボ帰りという形にして、実はPaulが呼んでいただけのことなのかも知れません。^:^


無事にお腹へ収まったケーキは消えても、Paulからの粋な挨拶は一生涯残っております。

「ゴースト」も再上映されていましたしね


これは昨年の素敵なクリスマスエピソードです。


2014年、12月24日。


Paul場所隠し


197.jpg


(すみませんがこれを勝手に宣伝目的へと変えたり、恩仇を試みるのは止めて下さい。

そのせいで、

私はこのエピソードを紹介するのにもわざわざ一年を掛け、故意にクリスマス時期を外しているのです。)


Paulからの挨拶。 ありがとうね~~。^^ How's everything up there, Paul..




フィヨルドの景色。 北欧にて。 私のコバルトブルー。~

Canと着物 026


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.