テニスに全霊を込めて下さい。 プロとしての圭を応援している。 アマチュアの大学テニスサークルを偶然に世界中継しているわけではないので。
そちらの自宅へ年末に送付したカードへの返事がまだないですが、どういう変わりようでしょうか、それとも誰かがメール削除をしたり成りすましたりあるいはカードを隠したりしているのだろうかと。
まさか話のタネにして失礼なことを言ってはいないでしょうね?

私が昨夏にある関係者からのお手伝いでそちらの自宅へ送付をしたプレゼントとカード、そこに赤いリボンも入れていましたが、メールも確かに受け取ったために「Ribbon In The Sky」の歌を、間もなくアプリにUPしてくれたことを再度ありがとう。

急に「God」とかの神様を入れた歌詞だったので本当に驚きそして嬉しかったものです。

そして、「今度ラケットに赤いリボンでも巻いてその写真をアプリにUPしてみてね~」と送りましたら

生涯契約をしたというWilsonに赤でリボンを作って頂いて?その赤いリボンをラケットに巻いて、
写真をUPしてくれたことを再度、ここでもありがとう。


そのようなことをしながらも、昨日初めて聞いた変な噂と変な関係の件、秋にもちらほらあったようだと聞き、
騙され感は半端なく驚愕致しました!

公でも応援をしていた身なのではっきりさせたいためにやはり書くことに致しました。

その前に、

1)番組で用意された食事は今後食べないほうが良い

2)今度のメルボルン試合前に行動を取り戻し引き返すべき。そして試合前日にはテニスに掛けることを心から決めること

3)メルボルンては目撃されないように試合会場へは来させないこと。 試合当日もです。

4)1,2月中には身辺整理で切れていかないと、

よもや3年後には最悪エ*ズにでもかかってしまうのではないかと、何だか「病気」が気になりましたので気をつけて早く整理をして下さい。


12月の入院は何かよくないものが移ったとか不浄なものが関係しているのではないですかね。

日本は鬼門だとあれほど書いたのに、ぼけぼけしてるとやられますよ。


そして更に変な噂があるのは本当か否か、そしてもしもその方面(ではないとは思うが)であれば、明らかにこれは未来の大沢・喜多嶋問題ではないかと感じられます。

急に何かを勘違いしてしまい、同時にメディアや周囲も含めて私の応援に挑戦するかのように

そして絆を壊すために開始された7月のタイミング。


それからの二度目の日本で、食事を通して脳にウィルスでも送り込まれでもしたのではないかとも思っています。

一度目の後に今度何かが載れば最悪だと伝え、そのおかげで何も載らずにいて良かったと思っていたのに、あちらは目立ちたがりやなようでわざわざ色々と懲りずに細工をしていたようですね。

思えばあの7月の段階で私は危険を感じ、フランスでの棄権さえも勧め、そしてその通りになりましたが、あの時から魂の交流はありました、
そんな中であの5日後に、まさか急に変な行動をとるとは思えなかったんですよ。

昨日初めて夏の記事写真が目に入れてみたが、あちらが着ていたのは明らかに「衣装」であり、明らかに「仕事用」であり、
やはり最初から仕込まれていたスクープ撮影だと確信しました。わざと目立つものを着ていて、しかも圭が背中に手を回してなどはいなかった!です。

最初は圭も「事実は異なる」と書いていたのに、いつのまにガンガンと周りを固められたのだ?

何かの情報を握られて脅されてはいないかな?
悪に負けるな。
そういう「茶番劇」にもしも疑問を持てないのは、鈍感を通り過ぎて今や幼稚とも取れるのでがっかりさせられます。
ただ、あのメディアに周囲を囲まれながら体力勝負の戦いを普通に挑むのは並大抵なことではないですよ。
そしてその大変さをあちらは知る由もなく、逆に大変さを煽り続けられるでしょう。

だから一刻も早くすっきりと元に戻って下さい。

私には、圭がとてもではないが相手にしている感じが受け取れないんですよね。記事や人々は何とでも嘘を言いますからね。

ブリスベンでのことを昨日の日本時間11日に初めて知りましたが、これはいわば不倫をしているのにそれを隠し通そうとして逃げるためにただ大嘘をつき誤魔化そうと会見をして社会を馬鹿にした行動と似たものを感じてしまう運びです。

私が知る今までのマスコミの行動があったために7月はすべてが罠だと思い庇いましたが、そしてやはり罠には間違いないと、
しかしその罠に圭は「感情」を段々と入れ込まされるかのような仕組みの中で、自分で自分の感情が判らなくならないようにして欲しいなと。
ーーだから止めなさい。

そしてこれの前の関係には遂に終止符を打てたのは私の助言のおかげでしたね。 それも忘れないで頂きたい。
そして今回のことも助言をするならば、自ら望み志す芸能界底辺の人々はあまりにも圭とは違い過ぎる生き方をして来ているということです。
また、形や人は違えど、このままでは「前と同じことが起こるよ」というのが私には見えます。
なので喜べる関係ではないということ。
先々が見えてしまってすまないが、圭の魂は同じだから判るのだ。

聞けば先週には画面に、試合興味のない形で故意に映りこませていたなどとの噂があり、たとえ試合に興味があるかのような細工を今後施そうとも、この段階でその行動を取るのはあまりにも稚拙。
試合には呼ばない方面へ調整しなければ圭のためにはならないということ。

大学テニスサークルか何かの気分か?と。 それを世界に見せているのかよ?と。 
あまりにもプロとしてそれは恥ずかしいです。

まだ本決まりでもないでしょうからこそ関係者席にはいさせなかったのかと思いますが、その意味をはっきり告げて、訳わかんなく開始されたのと同じように訳わかんなく終えるのが賢明です。

おいおい、世界には試合のために行っているんだぜ! その行動はまだ早い!
あまりにも自分の立場を判らなすぎな圭の行動が露呈してしまいましたね。馬鹿みたいで恥ずかしいからもう止めてね。 って、これは直感で7月にも書いたけどね?

「もう充分儲けたからあとは遊びたい」とでも考えているのかと?

と同時に、私はメディアのがんじ絡め手法をすでに7月から感じていましたから。

今後も友人としてそして癒しのパワーとして、私の手が放つ治療のパワーも含めて^^応援したいとは思っていましたが、今現実に起きていることはとても上に向かい記録を伸ばそうとしているプロテニスプレーヤーの行動には見えない。
向上心のある心意気を持っている人とは感じられない状態ですな。

これではまるで 「テニスの才能がなければただの人として生きていられたのに」と、後悔でもしているかのような「自滅」精神をも感じますがね。 それも圭の思考ではなく、思考の罠だと知って下さい。

I’ve been taken advantage of by so many bullies, because I’m sweet and
genuinely pure.^^

But in your case? Why you are soooo irresponsibly upsent-minded~!

You gatta have a clear view of who to trust and who to say ‘NO’ from now on!


でなければそこに付け込まれて、毎回毎回あっちの行動が気になって仕事が出来なくなる。
つけこまれるのはRejectしない能天気さにも原因があります。

このままだとUpsent-Mindedの状況 がどんどんと増えていってしまい、思考も脳も行動も乗っ取られてしまうよ~。 
これはいわばベテランの私という女優に現場で新人の
素人付き人がつくようなもので、ただの新人なら良いが、それが自己顕示欲の強い隠れエゴ人だとすれば、その物体がどんな行動を取ってしまうのか冷や冷やして試合に集中出来ずに恐ろしいっつうの。
テニスの会場は小さ目だし全てが見られる条件です。

LIke, it's there for your distraction on purpose. あえてね。

自分から芸能界を望む底辺人の思考がどんなものか(2回目)、知ることは大事だ。今度全部教えてあげるから。^^
聞けば今回、わざわざ圭のパスをカバンから盗んでカメラに写る為だけに手渡しをしたそうではないか。
駄目だ駄目だ。

そしてもしかしてだけど変な影響で、ここに来て急に
小さな頃からテニスを始めたことさえも後悔し始めているのではないかと? 感じるのだが?

であれば今すぐにスポンサーに謝罪をして返金もして頂きたい。
JALにも無料で乗らずにエコノミーで移動してね。あっちの人も無料で乗せるんじゃないわよ。

日本の応援も全て捨ててどこかの田舎で!「元テニスで世界へは行ってみたものの途中で辞めた人」として、
急に辞退したことをもはや3年後には後悔しながら生きて行けば良いではないかと。
その途中でどうせ一人身になるわよ? そのときには仕事も貯金も周囲に吸い取られてしまい、それどころか余計な責任まで負わされてるでしょうねっつうの。

ま、そんなようなことを書きたい衝動にも駆られましたが、やはり良く考えた上で冷静に、そのような大事なことは断固として記述して伝えておくべきだと検討しましたのでご理解を。

ーーこの意味を深く知れ。

13歳からアメリカにいてテニス一筋でいたから、たまには大学気分を味わいたいのも判るが、それは今やるべきことではない。
一度は1位へという強い思いがあれば、何処かで未知の世界を広げることに必ず繋がる。

ジョコ・ゲラーの友人が今フェデラーのコーチへと寝返り^^、さすが悪がきフェデラーだと、
やはりフェデラーへの私の第一印象「も」当たっていたと思ったが、その辺りからゲラー崩しが起きるかも知れないと私は思っていたばかりだというのに。

周囲の「自信無くせ」攻撃には、1000倍のパワーで立ち向かわねば! 
ペレーのことは忘れて!柔軟に違う闘争方法を心機一転で探すことも大事、それを面白がってね。

今日は考えた。

頭が悪くてもテニスが上手いということがあるのだろうか。
テニスの才能、が悪魔の落とし穴になる人もいるのだろうか。と。
そんなことを考える時間を私に与えないで頂きたい。
私も暇ではないので。

そして、例えば最後は異性により落ちたプレーヤーとして?ふと気づけばただのスポンサー金泥棒のような人生に陥れられ、その過ちを身近にいた敵に押しやられているのだということさえも自ら感知することが出来なかったという、間抜け劇場物語を残すようなことだけはして欲しくないと、私は強く思うわけです。

チャンちゃんはよく「自分は優勝してすぐに落ちた」ということを言うのですが、私にはそれが圭に変な暗示を掛けているようにしか思えないときがある。
これは直接圭にも言いましたが公でも書くことにしました。

昨年の重要な時期にチャンが取材で「僕には順位は関係ない。ただ、上に行くというのならそのお手伝いをするだけ」と言ったのですが、「お手伝い」とう捉え方はあまりにも無責任だと思いましたよ!

コーチの交代や増加、周囲の人々の選択は自分に責任があるということを理解して良いよ。 
前にも伝えたようにIMGのNickに相談した方が良い。

それを伝えたあと、先日急に暫くぶりにNickが訪れて来て話をしたよね。 
そしてまだある。「指圧のような新しい人と会えたら良いね~」と伝えていたら、あれからカリフォルニア在住の70-80歳?ほどの日本人トレーナーさんを最後から何年も経過したのち暫くぶりに呼び寄せたよね。 
圭は私の助言を信じてそのように行動するくせに。


昨年末に私は直感で書いていたね、「このカードに邪魔をされたら来年の応援をどうするかわからない」と。

これこそが私との絆を壊したい人らが喜ぶ言葉でね。 
何せ私にはあげまんパワーがあるのを皆が知っているからね。
いつも私の分子パクリをしているように、パワーにあやかろうと必死だからね。 そのくせ感謝せずに恩を仇で返すという特徴。

私が応援すれば、意気消沈していても圭のパワーがそのままそれ以上に出るようになるからね。 圭の努力がそのまま出るようになるからね。
だからあのタイミングで私たちの絆を阻止しようとあちら方面の人をどうにかタイミング良く用意されたのだということ。 これはすでに7月の段階に直感で書いていたことです。 
それが本当のからくりだ。


それによりどんどんと今はやる気が起きないようにされているのではないかと?
パワーを取られているのではないかと?
だから私は戦っているんですよ。人には言わずにね。 今言いましたけど。

そして秋頃にもNET噂があったことなどを私は知らなかった。

とにかく上記の1~4を行動して身辺を整理して、そしてひとこと
「身辺を整理しましたし、
テニスに掛けていきます!」と、公式ブログにUPしたほうが良い。

今後圭を応援するかしないかは私次第。それを決めさせる行動をするのは圭次第。

悪の道か、神の道か。 決めるのは圭だからね。
私と知り合い、エクソシズム原理で目の前で悪魔に負けた人を私は今までもたくさん見てきましたの。
だからもううんざりなのです? 人間は強くなくっちゃね!^:^
かといい、悪魔と向き合う運命が現れたのは私のせいでも何でもなく、これは元々圭には必要な定めだから私と知り合ったということです。^^

私が勧めてから今では帽子ではなくハチマキを主にしているし、「髪を切ったほうが良い」と私が伝えてからずっと短髪を保っているけど、
私の助言を素直に受け止めてそのようにしながらも、まさかそれ以外は勝手なことをするとかなどは冗談じゃないから。^^
Nickさん、日本人トレーナーさん、他のことへの助言も含めてね。

このままだと感謝を知らない人ではないかと思ってしまいます。
身辺整理のDeadLineは最長で3月末と致しますが、^:^ 試合集中のためにも本当なら来週前、あるいはどんなに見積もっても2月半ばまでにはきちんと整理出来ていることでしょう。
どうか日本の希望を失望させることなきよう。

私の魂との再会を覚えているよね~。。 (祈り)^^ 


(こちら、12日18:10にUPしていたのですが、その後数時間で何かが起きたのか? 何故か反映が隠されていたのを今ふと気づいたので、再度UPしお知らせ致します。)


フィヨルド、北欧の景色。 私のコバルトブルー。~

Canと着物 026

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.