例えば 今回「ファン」と「想定」したのがプロ市民街頭取材で、‘いつも’の「亡霊」による呪縛だとすればこの上なく茶番なからくり。本当に願いたい「回避」は過労や精神重圧です。Black企業かと思われますよ。

~またもやどんどんと真実に砂をかけて埋め始めている動きになって参りました、報道とは恐ろしいですね。



例えば結婚している身で不倫をしながらもまだ満たされない思いから場合によっては子供さえも連れ出し週代わりで2-3人の異性偶像をローテーションで追いかける、

それを毎年繰り返して対象のグループ名を叫びながら内部では喧嘩し合うことをファンと呼ぶのであれば、

それは根本的に生き方を間違えているとしか言えません。


あの「裏切り」はすでに起きました。そこへの反応が今後の状況を変えたとしても
それは裏切りへの単なる
リアクションであり自然現象。
対面を考えて「反応」を裏切りへとすり替えることは間違いなので、
亡霊たちは今から覚悟をしていたほうが良いでしょう。

人様が死にいく時に「死なないで~~」と叫び、自分らの想念で他人の寿命さえも操作出来るかのように行動をするナルシストでコントロール好きな振る舞いは、
傲慢と横暴さが創り上げたエゴでしかありません。


死にいく猫を呼び覚まし、その想念でマシュマロマンのように大きな偶像を作り上げたとするならば
それは猫が天国にいく妨げをしているだけに他ならない。

あなたがたがコントロール出来る物は何もないということを知るべきです。


関係ないですけど、カトゥーンの入り口出口さんが3月までと昨年発表したときには、今までで一番すっきりした思いが致しました。

とはいえワイド番組ではこれ以上、まさか9月まで引っぱり騒ぐのは止めて頂いて、亡霊同士でこれ以上電波上やNET上で茶番を行うのも止めて下さい。

しかも常識としてのダメージは修復不可能なほどになってしまいました。


どちらにしてもこれはそろそろ一個人として生きていくことを第一に考えたほうが良いということです。

大丈夫ですよ、たとえ今後解散しても活動がなくてもSmapはSmapでしょう。


先程も書きましたが(関係ないですが)契約期間て大事ですよね。 期間が切れればもはや違反にもなりません。

今からは何も決めないほうが身のためです。


何かの危険が起きれば司法も警察も動かなければなりませんよ。

私が此処で伝えてあげます。^^~ 私の後ろには神様がおりますし。

再度書きますが、本当に「回避」するべきことは過労と精神重圧であり今後の方針の違いです。


しかも社員(マネージャー)が絡んだ謝罪会見といえば、普通出て来るのは社長であり
芸能界は少々異なりますが、今回の場合は出てくるべき状況でもありました。

よってこれは未だ解決はしていないと私は見ているのです。 しかしもう騒がないで下さいね、メディアさん。


ところで草薙君がちょっと縮んでいた感じがするので、今後気をつけて頂きたいです。

そしてSmapというのは中居のまーちゃんがリーダーでなければ、此処まで残ることは出来なかったですよ。

どちらにしてもBlack企業に入り込んでしまった新入社員かのような対応があってはならないゆえ。


フィヨルド・北欧の景色。 私のコバルトブルー。~

Canと着物 026
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.