SandyHook事件。 スマホなどでの殺人ゲーム。 罪悪感の麻痺が起こればあっという間にあなたもゾンビです。

子供たちが通う学校で20人が犠牲になった銃乱射殺人事件が2012年に起きました。

当時私はオーストラリアおよびバリ島で暮らしていたのですが、私がハーフカリフォルニアンだと ーー人生半分がカリフォルニアの意味ーー 知っていたホテルの方々が「大変な騒ぎで事件だね、知り合いとかは大丈夫?!」と聞いてきましたが、まさかあれは本当の事件じゃない、仕組みだと思うなどと言う事は出来ないので、
あの場所に友人はいないし小さな小学校みたい、だけど
銃乱射は心配な事件よね、と話したことがありました。


しかし最初のNewsが出たときもその後も何の写真も出ずに犯人はすでに死亡だと、そして親御さんが会見したのがすぐに流されて来ましたがそのコメントと表情、仕草がどうも私には芝居がかって見えていたので、これは仕組まれた嘘なのだと直感したのです。

その後にオバマさんがコメントを出しましたが
案の定これみよがしに銃を無くすことを強調し始め、出ていない涙を拭いてみたりしたので、これは民間から銃をなくす法案への布石だと確信したのです。

勿論アメリカ人でもこのステージ犯罪に気づいている人いない人がいますが、日本よりは人口も多い分気づきも多いのが頼もしい限りです。

そしてその後、私と同じように事件を疑う人もいたようで調査も始まり、実際に私が「俳優ではないか」と思った父親は本当に俳優で、他の母親は他の事件にも父兄として映りこんでいたことなどが浮上し、すっかり信用ならない事件へと落ち込んだので、やはり感じる人は感じるのだなと、そして証拠が出て来た時には更に自分の感覚に自信を得ていたものでした。


たとえばエイリアンやゾンビ、悪いロボ警察が襲ってきたときなどに身を守るため準備出来るのは銃だけであり、アメリカのような自然世界の車社会で無防備に生きるのは自殺と同じです。

地球の「侵略者」にしてみればすぐに地球人を服従あるいは機能停止あるいは亡くすのが目的なわけですから銃はないほうが都合が良いわけです。


私のアメリカ友人は15歳の誕生日に
父親からライフル銃をプレゼントされたほどでして。

しかしオバマさんもその法案は実行できないままで任期を迎えそうな今、そこへの脅しが未だに続き先日も銃をなくそうと言わされるために芝居事件が起きました。あれは最後のステージでしょうか。。

ただ、勿論銃などは必要がない暴動なき平和な世界になるのを私は望んでいるわけです。


日本は銃社会ではないですがその代わり、いとも簡単に警察さえもいないNETを社会と呼び出し、そんな「社会」には脳に向けてただウィルスを送信すればよいだけですから、被害さえ見えにくくて簡単な「人間制覇」です。

日本は、そして銃のない国はまずはNETから侵略して、あとは人間同士で思考停止で殺め合えさせれば良いと考えているわけです。


社会には常識として警察が存在します、すなわち警察もいないNETを「NET社会と呼ぶのは異常」なのです。

警察を配置してから社会と呼んで下さい。


私はゲームもやらないのですが、暴力的なゲームは明らかにゲームというバーチャル世界を利用して、
現実でも人を殺めることへの罪悪という罪の意識を失わさせるのを目的として楽しみながら殺人ステマを行っているに他なりません。

だから今では誰もが訳わからないほどにうじゃうじゃとゲームCMを押し出していますね。


気をつけて。 あっという間にあなたもゾンビ、、。~~



 以下に記した表明は多数回に渡り私を真似盗用し泥棒を行うという深刻な問題に関してであり、これまでに数々の番組・CM・雑誌等々内で私が直接目撃をしたという証拠に加えて、私の関係者およびファンの方々からも多数同意見の報告を頂いている状況です。

 私のアイデイアを無断で盗用し真似し泥棒し、番組やCMに反映することで資金を動かす泥棒行為を止めて下さい。
 更にその盗用泥棒犯罪を隠蔽するためだけにYahoo,Yahoo掲載の写真たち、勝手に関連させた人物たち、YouTube、サクラブロガー、某掲示板、やらせ検索、やらせ検索数、やらせ検索言葉などで集団で私へのマイナスイメージ過小評価ネガティブキャンペーンを繰り返し繰り広げるのも止めて下さい。
 私の特徴を真似しパクリ盗用をし、引用して偽の姿を作り仕事に引用するのも止めて下さい。
 私の真似をしてパクリを繰り返すことはすなわち私を高評価しているからであり、つまりネガキャンをすること自体が辻褄の合わない陰謀だということを表しています。
 私の本来の姿を、「妬嫉」により集団で正反対に湾曲しそれを公に記述することは営業妨害であり犯罪です。此処で記述することは全て真実である故、この真実を曲げる事は著作権侵害であり犯罪です。
 今後の犯罪行為は一切中止しご自重下さい。


フィヨルド・北欧の景色。 私のコバルトブルー。~

Canと着物 026
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.