FC2ブログ

宇宙の原理を知るにはエネルギーの動きを理解して下さい。Teleportation瞬間移動、AngelsVoice天使の声、ろくろく首目撃に黒いオーラ、UFOに異次元姿幽霊。 天使仲間の守り。

宇宙の原理を知るにはエネルギーの動きを理解することです。

私はアメリカと日本、フランスでTeleportation瞬間移動を数度体験していて、フロリダではAngelsVoice天使の声を聴いています。
何といわゆる「ろくろく首」もアメリカで目撃しましたし、UFOや異次元の姿幽霊も見ていますし神隠しや数々の不思議現象も幼少の頃から体験していますが、どれも別に怖いことはありません。。

ただ、夜に電気を消して寝ることだけはしませんがね。

私の仲間である天使^^は私が人生で初めて非常に危険な目に遭うのを事前に止めようとして声を出してくれたことがあります。 しかしまさか天使の声を聴くことなど?はあまりにも不思議なことでしたので私はすぐに信じることが出来ずに結局
Floridaフロリダのオーランドで危険な事件に巻き込まれてしまったのです。

「Don’t Go!!」と天使に言われたあの声は今でも覚えていますが、私の声の高さと同じに加えてもう一音上の音声を出してくれることで私の声ではないことを判らせてくれました。
あと10歩で
ホテルを出て行くというタイミングでしたが運転をしながらもずっと考えていました。「行かないで」ってどういう意味?あれは本当に言葉なのか、誰の言葉なのか、と。

今の声は何だろう自分の声では無かったし、と引っきりなしに15分ほどのドライブ中はずっと不思議で不思議で、
何だったのかと考えながらも目的地へ運転し切ってしまったために、まるで「用意されていたかのような場面」の陰湿さでとんだ目に遭ってしまったわけです。

その瞬間は狐につままれたように空気がスローモーションになりましてね、「あの声はこのことだったのか」と一瞬で理解を致しました。 出来ることなら瞬間移動で
ホテルへ戻り、あの時にこれが天使の声なのかと信じていれば良かった、と天使さんに謝りましたが、今でも時々謝っている状態です。。 

今度話しかけてくれたら絶対に従いますと言っているのですが、多分あれ以上に危険なことはもう無いからなのか、今のところ天使仲間たちは私のことを黙って見守ってくれているだけなようです。^^

その後ラスベガスではろくろく首を目撃しましてね。 私を危険な目に遭わせた2人のうちの一人の後姿に何とろくろく首が現れたので実は驚愕したのですが、そのろくろく首は
嫌味な感じで私に「見つけた~!」言ったのですよ。

実は本当に気味が悪かったのですが、気味悪がると相手(ろくろく首)の思うつぼだと思い^^;、すぐに無視をして怖くはない、と跳ね返したのです。 小さな頃にどこかで読んだろくろく首なるものが本当にこの世にいるのか~~?!と思いましたよ、しかもラスベガスのカジノホテルでです!^^
 
20Mくらい伸びると聞かされていましたが、私が見たのは1Mぐらい。
大したもんじゃない、怖くはないですよ。 ^:^

同じ頃にまたもやOrlando、Floridaフロリダのオーランドではある連中の一人にBlackAura黒いオーラを纏った人Personを見ましたので、
やはりこの大きな事件の本当の犯人が誰なのかが私にはすぐに判りました。
その人だけが絵に描いたように真黒なオーラでしたので、またもやそんなことがあるのかと驚愕はしたのですがね。
 
しかし全ては自分の目で見ていますし私はお酒も飲まないし薬もやらなければとてもまともに生きているので、これらの全てを受け入れましたし真実なのですから仕方がないわけです。

しかしそれを警察やFBIに説明するのは困難なことでしたね。 何せ、事件の最初から闇のエネルギーが関わっているという不思議な運びでしたので。

そして
例により良いタイミングで私はテレビ(アメリカ)のある番組を目撃したのですが、それを観て原因は「これだ!」と思いました。つまりこの事件には黒魔術が関係していた、ということ。 この話はまた今度にでも書きます。

一人暮らしで誰も中へ入れていない生活の中、ある人の留守電を証拠として残していた
留守電音声が、ある日突然にFAX電話機の録音から削除されていたり、

お祈り中に留守電録音が入り男性のような女性のような声がかなり響いて録音されて聞こえていたので、場所は違えど同時のお祈り時間を決めていた友人からの録音かも知れないとお祈りを中断して友人に掛け直すつもりで留守電を確認しに行けば、他には教えていない番号なのに誰の声も入っていず。

結局それは私達のある人を救おうとする為のお祈りを、ただ邪魔してきた悪魔だったりしたわけです。

私が救いたかった人がある時ステージにいると、私はその人が
周囲を柵で囲まれているという姿を見てしまい、すなわち刑務所にいる姿を見てしまったため、それを助けようとしたわけです。

それにより、闇に引き込まれそうな人を助けようとして闇と対決させられたという体験もしました。

こんな感じで、綺麗なエネルギーで生きている私のような周囲には色々と起きます。^^ しかしそれ以上に私は守られているので今は安心です。 
何せ此処まで来るのに私はそれでもそれでも綺麗に綺麗に生きて生きて戦いに戦い抜き、その全てを天使仲間たちは常に見てきているわけですから、必然的に私への守護も人1000億倍になるわけですね。^:^

神隠しにも遭いましたし小さな頃には危険な場所で迷子のところを、仲間の天使さんが急に人になり代わって助けてくれたこともありました。

東京の自宅でUFOを呼び目撃をしたということは先日記述しましたが、異次元姿の幽霊は日本とフランスでも見掛け、
NYニューヨークのホテルでは、急に夜中にラジオが点いたりもしました。

そして「奇跡」は其処此処で自分と神様で多々起こしてきています。

これらは現実ですが、夢の中でも小さな天使たちが200人ぐらい、その中のボスがラッパを吹きながら「今夜からMarie(私)を守るよ!」と集合を掛けてくれましたので安心です。

現実にろくろく首を見た後の夢でした。

大きなものに追いかけられたので私は飛んで逃れたのですが、着地したのが大きな大きな天使の羽だったのです。 すると小さな天使たちが現れて守ることを宣言してくれたという流れですね。それは2003年の*月(秘密)のことでした。

そんなこんなの体験から^^、私には宇宙エネルギーの動きが察知出来ましてね
様々な事象は
エネルギーの歪みにも関連して生じているということを確信しているので、自分の光子や分子も感じ取ることが出来るわけです。

自分だけではない、他人の分子も判ります。


これまでに芸能人では真似されていることはあまり見掛けないですね。 5度くらいなもので、しかも皆さん大きく1回づつほどです。^^ そしてお互いにすぐ消えていっていますね、、、。

日本企業さんが真似されているのをお見掛けした時は見ていられないので、その度に此処で書いてはいますが、誰も私が真似されていることを書いてくれてはいない。^^; やっと昨年あたりからファンの方々が書き始めてくれているようです。応援を感謝致します。^^ 

私は正義に燃えているので人様が人様に無断で失礼なことをしているのを放置してはおけないのです。

ゆえに私を味方につけたら怖いものなしなのですが、^^ 
これ以上は人様ばかり応援していても仕方がないというところですね。 感謝がない姿には疑問ですので。

本当のパートナー、いつかの
一人だけに今後は絞ります。^^


以上、今までに体験してきたこれらの不思議な話の数々、細かい詳細は今度一つ一つ書きますね。~ 

良い宇宙人悪い宇宙人の話や天使の声のエピソード話など
は2012年、2013年にも少々記述をしていますがまた次回に詳細話でも。

注: 今年からは自分のレベルで記述すると宣言していたようにそこに沿い書いたもので、
こちらは1月~2月初旬に予告をしていた不思議な話たちの内容の一部です。


 IMG_5032 ゴールドコースト0121226011004


 以下に記した表明は多数回に渡り私を真似盗用し泥棒を行うという深刻な問題に関してであり、これまでに数々の番組・CM・雑誌等々内で私が直接目撃をしたという証拠に加えて、私の関係者およびファンの方々からも多数同意見の報告を頂いている状況です。

 私のアイデイアを無断で盗用し真似し泥棒し、番組やCMに反映することで資金を動かす泥棒行為を止めて下さい。
  更にその盗用泥棒犯罪を隠蔽するためだけにYahoo、Yahoo掲載の写真たち、勝手に関連させた人物たち、YouTube、サクラブロガー、某掲示 板、やらせ検索、やらせ検索数、やらせ検索言葉などで集団で私へのマイナスイメージ過小評価ネガティブキャンペーンを繰り返し繰り広げるのも止めて下さ い。
 私の特徴を真似しパクリ盗用をし、引用して偽の姿を作り仕事に引用するのも止めて下さい。
 私の真似をしてパクリを繰り返すことはすなわち私を高評価しているからであり、つまりネガキャンをすること自体が辻褄の合わない陰謀だということを表しています。
 私の本来の姿を、「妬嫉」により集団で正反対に湾曲しそれを公に記述することは営業妨害であり犯罪です。此処で記述することは全て真実である故、この真実を曲げる事は著作権侵害であり犯罪です。
 今後の犯罪行為は一切中止しご自重下さい。



フィヨルド・北欧、Scandinaviaスカンディネービア白夜の景色。 私のコバルトブルー。~


Canと着物 026
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.