やはり起きましたよ、都知事のリコール。 舛添さんは楽になって下さい。 そして今度は五輪エンブレムのリコールを!

やはり起きましたよ、都知事のリコール。 舛添さんはもう楽になって下さい、と思います。

騒動当初はどんどんと目が大きくなり困惑されていましたが徐々にがっくりされていたので可哀想に見えてており、早く楽になったほうが良いと思っておりました。


もはや別荘ももうそのままで、今度はお忍びで自家用車でプライベートに通われれば良いかと思います。

メディアももう、「電車で別荘へ!?」とか、そんな写真は撮らなくていいからね。 ~~先々書きました。


あのときにリコールをしておけば恥も出ずに済みましたのに、と私としては思わずにはいられません。


そして今度の投票日は嵐や地震に思いっきりぶつからないように事前投票も考慮したいと思います。--

田母神さんが逮捕のあのタイミングには私は何かを感じたのですが、このようなことになりやはり新都知事候補に選出をされないような先手を打ち込んでいたということですね、次の候補の方々は余裕を持ち都民に知らせて頂きたいところです。


そして何よりもこれまた国民が不在のままで急に10人くらいで決めてしまわれたようなOlympicのNewLogo五輪エンブレムですが、こちらは「桜編」にRecallリコールを願いたいです。

CherryBlossom桜は日本発祥のお花ですから、世界に誇るべきです。

今のロゴはお葬式みたいですし、世界的な理由としては
「リオのメダルロゴに似通うから」
で良いと思います。

別に発表することもなく、数ヶ月でさらっと徐々に変更していけば済むことですね。

さらっと知らぬ間に決められていたように。--


TokyoOlympicが起きたとすればその際に選手さんも観客さんも無事に日々が終えられて誰もお葬式を迎えずに済むためにも今の温泉ロゴのようなのは止めて頂き、招致の際に使用していた桜のロゴへ変更して頂きたいです。

次の都知事も心配ですが、
東京五輪に向けてまともになればまずは世界的にはそれで落ち着きます。


桝添さんは2年4ヶ月間の就任ということでしたが、その期間の動きはなかなか聞こえては来ませんでした。

そして最初からリコールを掲げていた私が結局、私の数字である2、4という数字で真実を捕まえてしまったのです。

昨日の2時半からの予定の都議会にも舛添さんが珍しく早く入って来たということで、中継記者の皆さんが口々に何故か本当に驚いていて「珍しい、珍しい」との報道をされていましたが、その入られた時間というのが2時半の6分前の

2時24分でした。


このように私は数字を使い、最後には2と4に真実エネルギーを入れ込むことで舛添元都知事を数字で挟み、その後の行動をもはや誤魔化せなくしてしまったということです。


だからもう、これでおしまいにしてあげましょう、、。。 


次は皆さん、是非五輪エンブレムへのリコールを起こし、

日本のお花である「桜」ロゴへと変更を促していこうではありませんか
。ーー



France Italy


 以下に記した表明は多数回に渡り私を真似盗用し泥棒を行うという深刻な問題に関してであり、これまでに数々の番組・CM・雑誌等々内で私が直接目撃をしたという証拠に加えて、私の関係者およびファンの方々からも多数同意見の報告を頂いている状況です。

 私のアイデイアを無断で盗用し真似し泥棒し、番組やCMに反映することで資金を動かす泥棒行為を止めて下さい。

  更にその盗用泥棒犯罪を隠蔽するためだけに悪意ある記事を主にYahooへ掲載し、掲載写真たちをも工作改竄してYahooのTOPに NegativeCampaignを表し、勝手に関連させる人物たちやYouTube、サクラブロガー、某掲示 板、やらせ検索、やらせ検索数、やらせ検索言葉などを用いて集団で私へのマイナスイメージ過小評価ネガティブキャンペーンをFalseRumorを繰り返 し繰り広げるのもStop止めて下さ い。

 私の特徴を真似しパクリ盗用をし、引用して偽の姿を作り仕事に引用するのも止めて下さい。
 私の真似をしてパクリを繰り返すことはすなわち私を高評価しているからであり、つまりネガキャンをすること自体が辻褄の合わない陰謀だということを表しています。
 私の本来の姿を、「妬嫉」により集団で正反対に湾曲しそれを公に記述することは営業妨害であり犯罪です。此処で記述することは全て真実である故、この真実を曲げる事は著作権侵害であり犯罪です。
 今後の犯罪行為は一切中止しご自重下さい。


フィヨルド・北欧、Scandinaviaスカンディネービア白夜の景色。 私の藍色コバルトブルー。~

日焼け編。  こちらは日焼けであり地黒はないですよ、私はバングラ人ではないので。--


photo_20160525044251d9b.jpg


Canと着物 026
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.