天皇陛下の生前退位はありえません。 陛下の本当のお気持ちを重複させて頂くしかないようです。


以下、天皇陛下のお気持ちの一部です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました

ーーーーーーーーーーーーーーー

美智子皇后様は聖心女子学院のご出身であり、私も同様に聖心女子学院の三光町出身である為、芸能界に初めて天皇家と縁のある女性がデビューをしたという意味でも、お嬢様の意味でも容姿の意味でも私はとても広い注目を受けて話題とされてきました。

成人式には天皇家のご家族の成人の方もNHKホール観客席にご招待を受けておられまして、私もその式には舞台上でインタビューを受けつつ天皇家の方とも会話を交えながら共にお祝いを頂いたという縁まで御座います。

ーー生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。ーー

ことを、国民としては尊重していく限りに努めるべきであると存じます。


エリザベス女王は90歳を過ぎており、まだお若い日本の天皇陛下で御座います。
マスコミは自分に都合の良いように天皇陛下のお言葉をかいつまみ記事にしているようです。
いつのまにか「多くの国民が退位を賛成している」などとTV/記事ではうたい始めているようですが、それは全くの逆説でありその言葉は事実ではありません。

本来のお言葉の意味は上記の意味を伝えるための全文でありますゆえ、
天皇陛下のそのお気持ちを重複させて頂きました。


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.