Orlando,Frolidaで彼等と同じ時。Producer Lou Pearlman has died inprison。.Las VegasにSan Diego。.

Orlando,Floridaでは彼等と同じ時を過ごしていました。
オーランドでは良いものと悪いもの両方の人生体験がありまして、それはラスベガス、カリフォルニアとは別の意味での人生経験でした。

そしてこれらの歌を次回まとめて書きますと先月に記述していたので、ワニ料理の話も書かなければと今まとめていましたら、
この2つのバンドをプロデュースしていたルー・パールマンさんが先週金曜日に刑務所で亡くなられたことをひょんなことで偶然にも今、目撃致した次第です。刑務所で亡くなられたなど、何かが起きていたのですね、黒人さんでもないのに珍しいですが冤罪も絡んだ金銭問題かと思われます。そのいきさつは大体察するところですが90年代の男バンドたちも含めたHopCultureを創られた方ですのに基本のフォローが無く酷いものだと思います。心からのご冥福をお祈り致します。。

先月には急にこのバンドたちのことを掲載していましたが、まるで私は彼の寿命を知っていたかのようでした。
NatKingColeやMuhammadAli、DavidBowieが亡くなられた時のように、、。まさかしかしLionelは大丈夫でいて頂きたいところです。7月23日「私は神が特別に創造、、」の記述をお読み下さい。

The years those boys band came out, I had lived in Orlando the place where those groups formed their future. Those songs in which I have so many meanigful memories, for Orlando is the city that brought me so deep precious life experiences, both good and hursh. Suddenly,I wrote about these bands and up some songs last month, and their producer Lou Pearlmad has just died this morning,as if I knew he's leaving this place.
R.I.P

NSyncではJustin Timberlakeが今ソロで役者もやっていますが好きな曲はこちらでした。歌詞に希望はなしですが。2002年の年末あたりでのライブでTVで流れたものです。宣伝ではありませんので宣伝にはしないでね。ーー 







BackstreetBoysではNickが好きでした。ボーイバンドの走りがBackstreetBoysです。そしてその中でも断トツ人気がNickでしたが、女子が皆な好きだったせいか、BSBに関しては当時からメディアの書き方が大変酷く、そこから解散に追い込まれてしまいました。

当時は特に男性からの攻撃が酷くてメディアはそこに焦点を当てていましたよ。それは
ーー私がされていたマスコミからの攻撃と大変良く似ていたので何がそうさせているのかを私は理解していたのですが。
その攻撃を目にして可哀想でたまらずに、私はそのことを以前の2000年エッセイ本発売の中に書いていたくらいです。

つまりIlluminatiからの妨害の匂いが私にはしていたということで。この諸々バンドのメンバー全部の中で手を打ったのがJustin Timberlake 唯一人だと私は感じています。 ーーその話は今はおいとくとして。~ --
それと今回の早いプロドューサーさんの逝去流れに関係が無いわけがありません。。

実はNickは私の前夫さんに似ています。NickとPaulWalkerを混ぜた感じの人が元夫でしたが、いわゆる青い目で金髪の人です。ーー初めて言いますがこれは最初で最後の話。^^ 

Nickはこの曲で最初に歌い出す真中分けの金髪さんですね。




この曲でNickは一番左に座ってます。




良いもの悪いものの体験と言えばLas Vegasでもそうでしたけどね。 そして13歳の時から縁のあるCaliforniaですが、初めて住んだ場所はSanDiego、当時のカリフォルニアは雨が全く降らない場所でした。
そこでCaliforniaが私を呼びましたのでここで1曲。

California DreamingをUP、、、と思いながらもいや、これまたオーランド人脈のあるシンガーが私へ向けて想いながらいつも歌っていた曲なので思い出の曲として以下のHotel CaliforniaをUP致します。

彼は自分の被害妄想に負けてしまい、結局この出会いを信じるには私があまりにもToo Good To Be Trueな存在であり過ぎると思い、最初は可愛い妬嫉だったのがそこからやがては世の中の負に負け、^^;お互いの身を危険に晒すという事件を彼が作ってしまったということがありました。

私がカリフォルニアに住んでいるということで彼はこの歌を思い出したようで、「もしかして歌い出すのかな」と思っていましたら、私が傍に居る時もいない時も歌い出していたのです。
自分(彼)が私を信じることで傷ついてしまうのかな、と考え過ぎたことで自分が傷つく前に潜在的に私を危険な目に遭わせてしまったという運びですね。それだけ純粋な人ともいえるのですが負の純粋ですね、私はポジティブな純粋ですが。
~~ って、被害者である私のほうが理解示してどうするんだって感じですがね。

ゆえに私はこの曲を、人々に呪いを齎す曲とも言えると考えているのです。
皆さん、ただ聴かずにそこへ斬り込むつもりで聴いてみて下さい。<--またもや高レベル?

そしてこの歌は当時私が住んでいたBeverlyHillsビバリーヒルズの自宅からLagunaBeachラグーナビーチにドライブした際にその人脈の流れでよく聴いていた中のひとつであります。斬り込むつもりでの、ね。

彼は自分の中のHell地獄を勝たせてしまい、Heavenを信じられずに自ら問題を作り、私への飛ばっちりをも作った人でした。間違われてしまい残念ですね、私は天国の存在ですから。ーー 今度天国の歌を載せます。~

そんな話の中、まずはこちらのHotel California。



私の存在が完璧過ぎないかと?そりゃあ神様が特別に時間を掛けて創造された存在ですからね。
これはTruth、真実なのです。 実は私の本当の理想の人はそれを信じれる人、です。そしてそれは私の半分でもあり私の男版です。^^

その被害妄想^^;な彼は、Too Good To Be Trueという歌も歌っていました。 やっぱりね!^^
それは「Can't Take My Eyes Off You」というFrankie Valliの曲です。日本でもカバーされていますが題名は多分「君の瞳に恋してる」というものですね。
この曲、最近CMで流れたりしているのですが、この私の大好きな歌に何の歴史もないくせの人達がただお金のためにCMで流されているのを聴くと、、、なまらむかつきます。^^

このような歌のようにポジティブに想ってくれる純粋な人が良いで~~す、裏切るわけもないので被害妄想にならない人が良いですね。--^:^




こちら写真は自然で自然なナチュラルSnapShot。 現地リゾート調達の楽な服装ミニスカート編です。下は見えていませんがね。 


ロスアンジェルス  027  


髪の長さは毎年変わらずで長いのですが、今は勿論こちらのサイパン時よりも更に長くて

093.jpg


以下の写真と同じくらいです。 37年間のキャリアの中で短編髪型など、2006年末から3ヶ月のみのものだけですからね。

ーー以上、同じことを繰り返し載せました。--

IMG_3185.jpg


France Italy


Singpore Marina Bay Sands


 以下に記した表明は多数回に渡り私を真似盗用し泥棒を行うという深刻な問題に関してであり、これまでに数々の番組・CM・雑誌等々内で私が直接目撃をしたという証拠に加えて、私の関係者およびファンの方々からも多数同意見の報告を頂いている状況です。

 私のアイデイアを無断で盗用し真似し泥棒し、番組やCMに反映することで資金を動かす泥棒行為を止めて下さい。

 
更 にその盗用泥棒犯罪を隠蔽するためだけに悪意ある記事を主にYahooへ掲載し、掲載写真たちをも工作改竄してYahooのTOPに NegativeCampaignを表し、勝手に関連させる人物たちやYouTube、サクラブロガー、某掲示 板、やらせ検索、やらせ検索数、やらせ検索言葉などを用いて集団で私へのマイナスイメージ過小評価ネガティブキャンペーン・FalseRumorを繰り返 しながら繰り広げる陰謀工作なConspiracy行動もStop止めて下さ い。

 私の特徴を真似しパクリ盗用をし、引用して偽の姿を作り仕事に引用するのも止めて下さい。
 私の真似をしてパクリを繰り返すことはすなわち私を高評価しているからであり、つまりネガキャンをすること自体が辻褄の合わない陰謀だということを表しています。
 私の本来の姿を、「妬嫉」により集団で正反対に湾曲しそれを公に記述することは営業妨害であり犯罪です。此処で記述することは全て真実である故、この真実を曲げる事は著作権侵害であり犯罪です。
 今後の犯罪行為は一切中止しご自重下さい。


フィヨルド・北欧、Scandinaviaスカンディネービア白夜の景色。 私の藍色コバルトブルー。~

こちら一時期の日焼け編 
いちいち説明を書かせないで頂きたい。バングラ人ではないので地黒ではありません。 
書いておきますが私の真似などは出来ないので試みないのが身の為ですよ。 それらの勘違いパクリな思いは刀となりそちらへ返り、そちらが怪我をするだけです。) 
 


photo_20160525044251d9b.jpg


Canと着物 026
Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.