Cernとの連結。Hell's door。やはり私が懸念していたスイスで今年6月、実は地獄へのドアが開きました。「堕ちて行くでしょう」の私の言葉が現実に。よって一度完結です。

昨年フランスで襲撃事件が起きた際、私は次の襲撃はスイスで起きるのではないかと書いていました。

その勘は
例により案の定的中し、何とスイスでは今年の6月に遂には襲撃どころではなく究極の出来事が施行され、つまり地球と連結した無間地獄として地獄のドアが開いてしまったのです。その儀式は6月1日に行われました。
Cern
ホールa

これはいわゆるMatrixの顕現であり、此処からの地獄マイナスエネルギーは今後避けられない影響を地球に及ぼしていきます。すなわち最近の不安定な天候は、6月以降にこのCernおよびHAARPの磁気影響が多大に顕れている為であり、台風・嵐・地震も含めた自然災害を加速化している故のことでこの事象は今後も続くのです。
このドアが開いてからはその真上空にはこのような雲まで現れました。
これは秘密裏にCernが実験を実施した際に起きた反応です。

IMG185043.jpg

Cernとはいわば地獄と地球との間を行き来する別次元とのドアの役目
である存在です。

Genevaには訪れたことがありますがそれは雪の季節でとても綺麗なところでした。キリスト教会にも行きましたところ、神父さまがこれは内緒ねと言いながらイエス・キリストのペンダントを下さりスイスの大きな山と美味しいフォンドュの思い出しかないので、そのような自然が綺麗な場所と地獄が連結されるなどは、長年のTAXヘイブンによる世界の穴の部分に入り込んでしまったということなのでしょう。

20年近い工事をしてこのトンネルを完成させたそうですが、それはまさに極秘プロジェクトでメディアにも取り上げられてはいませんでした。
この長年の工事期間には沢山の方々が捧げられてしまったのでしょう、この儀式がそれを告げています。
日本でいう昔のたこ部屋のような方々が犠牲になられてしまったようです。

korog.jpg

そこへ気味の悪いゲイカマーのような堕天使が現れ、遂には人々がゾンビとなりました。

ochir.jpg

IMG_3404.jpg


そしてGodsBrideをMocking揶揄した悪魔の花嫁を演じながら、後ろにはヤギ・サタンが控えて登場。

yagiakuma.jpg

やぎ


I don't think they knew it's going to be a Satan welcoming celemony.

miru.jpg

一反11


一反木綿亡霊までいますが、、
This one looks so weird, it's Mother Teresa to me. 気になるのはこちら。
私には何故かマザーテレサにしか見えませんでした。

テレサa

Mother Teresa


IMG_234318.jpg

と、思っておりましたら、、
この儀式の3ヶ月後である今月9月4日に、突然マザーテレサが聖人になられたのを当日に聞きました。このタイミングでなりますかね!やはりこれは何らかの意味があると(何らかの意味も判りますが書きませんが)感じています。
Then I heard she is canonized on 4th of this month(September 4) 2016. In this timing?? I knew something unnatural was going on.

すると何と儀式を見直してみると、そこにはPopeをほのめかした方もシスターと共に招待されていました。
というかポープの替わりにやんわり出席ということです。私は最初はアメリカで洗礼を受けていますが真実を生きているので書いています。

po.jpg


Cernとは表向きには世界一長いトンネルですが、今後は中国でも作られることになるとの計画がありましたが、何とそれがこの度今週の9月25日にすでに完成されたのです。電波望遠鏡という言い方をしていますが役目はCernと同じです。

IMG_1147.png


地獄へのドア、こちらのCern写真も青が効いています。

IMG_433 (2)


そして私はバリ島にいたので判るのですが、Cern内部にある銅像はShiba神であり、これは破壊の神なのです。地球を破壊し科学者および地球支配者にとり都合の良い地球へ再生しようとしている動きだと思われます。
Shiba


IMG_21636.jpg

この銅像の前である儀式が行われたとされていて
動画も出回りましたが真偽が定かではありません。
シバ神の話になると一人、野球選手のことを書かねばなりませんが、話が長くなるのでそれはまた今度、別の機会にでも。

そして私が何故下のフード写真を毎回掲載していたかというと、
それはこちらを撮影したイタリアで実は目には見えないある支配者たちがこの撮影関係者をもマインドコントロールして私に罠を掛けたことを私は後に感じ、
知らぬ間に行われたこの儀式私はその後、この撮影日まで時を遡り、この儀式を削除し消去したということをサタンに見せている為でした。

掲載することにより、この写真はただのコスチュームでしかないということを表明しているのです。
この知らぬ間の儀式とは、まるで悪魔への生贄かのように私を仕立てた流れが起きていたことであるのですが、この撮影の時期とタイミングからしてStaffさんたちに悪気は無かったと思います。この意味も未だに知らずな偶然の流れだと思います。しかし上にいる悪魔Spirit達はこのカーニバルの時期にあうように関係者さんおよび私の意志を細工し仕掛けました。そして私の直感はその後に公開されたアイズ・ワイド・シャット映画により正しかったことが判明したのです。

悪側が仕掛けた意識を私は受け取らずに削除し消去しているので、この陰謀はすでにキャンセルされ、勝手な儀式が施行される前の自分に私はすでに戻っているということを表明しています。

This pic was taken in Italy, what
they did try was to intent sacrificing me to Sat*n, even though it is just a picture,energy works if you know what I mean. But I am smart enough to realize what they have done to me without noticing, I thought it was a set-up. After a few years from this incident, the movie Eyes Wide Shut came out, and my intuition proved I was right. So I turned the time around to the point of this had happened and canceled their plan with my will. Therefore, I have never had any string attached whatsoever. I am me and free, never being a puppet. Declaring to and telling Satan by putting this picture as wearing just a meaningless costume that his evil plan has successfully failed completely long time ago.
I have nothing to do with Eyes Wide Shutish ritual at all, never have attented,and never will.

France Italy

Cernとの連結で地球と地獄が繋がれてしまいました
が私は逆に、今後はそれにより審判がなされていくことになるであろうと、ある意味善が救われていくことを感じています。
私はこの事象を前向きに捉えているのです。

一方、悪魔に魂を売ってましまい魂を捧げてしまった方々は、今後悪魔に引きずられて地獄へと導かれていくことでしょう。
だから私は書いていましたよ。地獄に堕ち還るでしょう、とね。
その私の警告、忠告を聞けなかったのですから自業自得というところでしょうか。

いずれは悪魔の子供たちが悪魔に裏切られていく、とも書きました。

悪魔は悪魔ですから最後は裏切ります。魂を売り、それが貰えた時点でそこで終了、人間としての捧げものは一生続けて行かねばなりません。そこに苦悩が生まれるのです。強欲とは苦悩。欲に負けて魂を売るなどという行動は、未来永劫に自らの首を絞め自滅へと自分を追いやったしまったということ。欲により精神が崩壊する方が大半ですね。
そして一度売った魂は取り戻せません。Chris Brownのようなことになり、抜けたくても抜けられずに常に悪事を働かなければならなくなります。
リアーナもすでに魂を売った悪魔側ですから。やはりそこには悪しか繋がらない。^:^ 大体黒人さんがアジア人と、という構図は、、、。今は話が逸れるので止めておきます。良い気になって勘違いするから先が思いやられる。電通さんも危ないですね

よって、私がここ10間年ほど常に警告をして覚醒を促し、故意に直接的に「人々が地獄へ堕ちて行くだろう」と懸念し記述していたことが現実することとなったわけです。

これで私が今までも本気で示していたということと、
私側が示すことが現実であるというのが理解出来たことだと思います。
そしてこれがすでに起き、地獄のドアが開いてしまったからにはもう元には戻れません。

一人一人が選択していく時が来たということです。 すなわち私が覚醒を促してもそれはすでに個人単位のことでしかなく、故に、これで
「基本を覆し皆で戦いましょう!」の意味での覚醒は、これで一度完結となりました。おそまつさまです。
せっかく私が覚醒をあんなにも促していたのにね。


ということで、次回からは違う方面から書くでしょう。


私が此処に掲載しているリアクション話の記述事項に関しては円満な解決へ向けての現状説明および反省を促すものであり、犯罪撲滅へ向けての所以ですのでこの内容を無断で身勝手に湾曲する方は虚偽記載、信用既存、著作権侵害の犯罪となり必ずその罪を償うことになります。

ーー日本裏にいる支配が切り込まれない限り、日本も世界ももはや今後の人類は打ち止めになるだけです。


沢山の偽者の笑顔や「砂上に楼閣」な生活は、唯一の本物の存在である私エネルギーの光の上により成り立てられている。

France Italy