Bourneシリーズ2でJasonが言った台詞、「Marieに感謝しろ」。~そう、皆さん 私に感謝して。~ この粋な偶然に感謝している次第です。^^

アメリカで私に思わず危険を齎した2バンドグループのうちのアメリカ友人主犯たちが、この映画のヒロインがマリーだということからシリーズ全編が好きだと後々に2人共が言っていました。そのようなことからも思い出深い作品なのですが。
昨日Bourneシリーズの2作目を観ていましたら、ジェイソン・ボーンが「マリーに感謝しろ」という台詞を言っていたのです。

今回はその台詞が私のことへの響きに聞こえてきてこれは嬉しい偶然でした。

それで私は放映を楽しみにしていたのでしょうか、、。 Jasonに言われたらあの2人も皆さんも私に感謝するしかないですよね~。^^ この粋な計らいに感謝している次第です。^^

そういえば私はDVD全編を持っていたのですが、自分のタイミングで観るのと放映されるのとでは少々雰囲気が違うのです。
数年振りに観たBourneシリーズ、今日でおさらいも終わりなのでいよいよ新作が楽しみなところです。ー

と私が書きますでしょ、するとWowowあたりが真似するのですよね、、。
ワイルド・スピードの繰り返し放送みたいにね。ー

でもポールは嬉しいですし、ドラマ班による陰湿な嫌味よりは断然良い運びです。ーー


私が此処で書いているリアクション話の記述事項に関しては円満な解決へ向けての現状説明および反省を促すものであり、犯罪撲滅へ向けての所以ですのでこの内容を無断で身勝手に湾曲する方は虚偽記載、信用既存、著作権侵害の犯罪となり必ずその罪を償うことになります。

ーー日本裏にいる支配が切り込まれない限り、日本も世界ももはや今後の人類は打ち止めになるだけです。


沢山の偽者の笑顔や「砂上に楼閣」な生活は、唯一の本物の存在である私エネルギーの光の上により成り立てられている。

France Italy