タイミング良き昨日今日のDaVinciCode/天使と悪魔の映画放映。この世のカラクリ。-ー日本支配悪は日々私の存在を隠蔽しようと企み動いています。

昨日記述した私の先のイタリア・ヴェネツィアでの体験、それは後々のCern顕現すなわちそれは2016年6月1日でしたがそこに関わるものでした。そして奇しくも私の体験と同じような内容を映画にしたものが昨日と今日というこの良きタイミングでテレビ放映されています。ダ・ヴィンチ・コードと天使と悪魔ですね。

私はキリスト教徒ですがアメリカで洗礼(日本で再受洗)を受ける前に仏教を学んだこともあり、そして悪は繋がっていることを知りました。よってキリストからは離れずに同時にそこに偏ることはなく地球に起きている真実を大事にしています。それが銀河の創造主との対話の流れでもあるからです。

「教会の中にも悪が入り込んでいる」と、私はすでに書いています。これはキリスト教徒の中でも普通に洗脳をされている方々は同意しないことだとは思いますし禁断に近い事実ですがしかし一方では本当の道の方々には敬意を持つべきなので見極めが大事なのです。ほとんどの方は迷われることでしょう。悪の本当の顔と善の本当の顔を見極めることであるからです。
悪魔の存在を理解せずして、神を理解することは出来ません。

実は私はまだ本当に伝えたいことを伝えていません。それは皆さんの「聞く準備」が必要であるからです。今の日本の風潮は故意にそして知らぬ間に妬み嫉みの下、私の存在の隠蔽へと加担している動きに焦点を当てようとしている支配者に操られているだけですからね。

そ してこれまでに何度も書いてきました。今後も私の存在を隠蔽することで悪を蔓延させ限りなく日本を縮小し、未来は私の国地域のみを残すのか、あるいは今までのーー私に対する存在隠蔽湾曲逆恨み妬み嫉み事実無根虚偽記載ーーをこれより先は謝罪し、今後は私という存在の真実を認めるのか、このどちらを選択する のでしょうかと。 
これは私の魂がいつも私に伝えるので書くしかないわけです。
特に2012-29014年から。私は謙遜する人間にもかかわらず、書かずにはいられないわけです。


これはもしもキリスト様が「いやいや、僕はたいした人間ではないので」と言っていたとすれば、聖書など出来てはおりません、のと同じですね。 それと似たものを私は魂で感じているのです。が、この話は横においておくとして。--

そして実は私、教会とイエズス会の本当の動きも知っています。これは自分の体験から来た直感とそこからきた意識で突き止めた真実です。
先月9月30日に
Cernのことを記述した際にもCern顕現の悪魔儀式DevilWorshiperには、ご本人達ではないがVaticanヴァチカンのPopeとシスターまで招待をされていて儀式に参加していたと載せておきましたよ。
これは私がまだ書いていない皆さんへの真実の、カラクリ証拠としての意味でした。

こちら、Cern 地獄出現での悪魔儀式に参加したPopeとシスター達
po.jpg


Cern
IMG_433 (2)

キリスト様の誕生日に自分の誕生日をぶつけてきている悪魔もいます。そのようなことを私が知ることを、何故か一般の人がキリスト教も知らないくせに私への対抗かのように故意に記述をしたけしからん人らが蔓延しているのもNETです.
私を意識することで勘違いをすると皆、悪魔に脳をやられていくのですよ。今や玉もそうですね。脳をやられる所以にはバビロンのナルシスト女悪霊が絡んでいますよ。
この件は今までにも何度か示していますが、今度別の機会にでも詳細を記述します。ーーただ、このように私が教えていることを自分の手柄にはせず、私が書いていたときちんと伝えて下さい。そこに意味があるのです。外国かぶれの真似なぞり、中身なしのNET記事に未来はないでしょう。--真実を木霊させて下さい。

結局日本のエネルギーは私の真似なぞりばかりです。今後もしも私の言葉を資金調達・ビジネスに利用するだけの人らが多いのであれば日本住民さんはただ堕ちていくだけになるので心配しています。
そのような中、時事sつを湾曲せずに感謝をしてくれる人とのみ話していきたいところです。そのうちに会っていきますよ、。。

以下、昨日の記述から抜粋を少々。--

  以下のフード写真はイタリア・ヴェネツィアVenatia,Italyで撮影したもので、この直前にはバチカンVaticanにも訪れました。ヴェネツィアでのカーニバルの時期に撮影したのも偶然ではなく全てはエネルギーが仕組んだ流れであり、金色仮面ライオンを被った人たちとも写真に収まりました。
闇から来た流れもありましたが私はすぐにそれに気づいたため、その意図の全ては削除し、この写真をアートとしてのみ残したという意味で毎回掲載しています。これは私のあるものたちへの表明であります。

この撮影後にまもなく出てきた映画がトム・クルーズと二コールのアイズ・ワイド・シャットでした。
私は人様のオーラが見えるのですが、あの映画でのトムは黒いオーラになっていてそれだけが不吉に思いながら映画館で観ていたものです。何故か二コールに吸い取られているような気がしたので。
そして案の定、あの映画で得をしたのは二コールだけでトムには良いことなし。そればかりか離婚にまで至ってしまい、そのきっかけを作ったキューブリックは2人への陰謀のせいで2人の離婚前に自らが亡くなってしまったのです。
キューブリックは勿論、内部のことを描いてしまったことで命を落としてしまいました。
トムはその後何かが違いおかしくなってしまいましたが、それはあの映画に出演した所以からなのです。
そのようなことに関連し兼ねない罠を、私は自分で気づき一人で乗り越えてこのレールを削除しました。

Cern が顕現されてある悪魔儀式をしていた人らの動画も流出していましたが、それが本当かどうかは判りません。何よりも犠牲者に緊張が見られないことと、参加者 が素人のように見受けられるからです。撮った方の反応も演出めいたものを感じました。他の場所で秘儀を行ってはいるのでしょうが、、、。
Cernは破壊神のシバを崇拝していますし、紛れもなく地獄のエネルギーを携えて今、スイスでは門が開いています。

この世の不思議なことを理解出来なければ今後の地球の未来を理解することは出来ないのです。

France Italy

YahooJapan/Koreaが故意に表し載せている写真らは私のエネルギーまで改竄しており私ではありません。偽造工作は犯罪です。表に出る職業の人が行う整形は詐欺です。

これが私がよく書いているエネルギーの改竄でありクローン化の悪用という意味です。