FC2ブログ

小説執筆の真っ只中

実は、ここのところ ン週間、ホテルに篭り小説を書いております。 1月からお話を頂いてはいたのですが、何せ映画の準備と撮影が立て続いたので、なかなか始められなかったのです。


ここのところ急に沸き上がった不必要な問題を一方で解決しながら、もう一方ではロマンに浸る。。 これを同時進行しているのは本当に辛いです。。 


昨日の長~~いBLOGを、沢っ山の方々がお読み下さり誠にありがとうございます。 ましてや律儀な方々は、激励のメールまでお残し下さいまして、大変感謝でございます。


今度説明、と書きましたが、もう少々お待ち下さい。 事実が曲げられまくっている部分を、何とか致します。


状況は違うかと思われますが、いろんな犠牲にあわれていらっしゃるかた、逆切れされ苛められている方、どうか一緒に頑張りましょう!


真っ向から処理をしようとしても、逆にまたまたやられるときがあります。 死ぬ必要もないです。どうせ歩いていく人生ですから、笑顔で乗り切りましょう。 


“どうして、そんなに強くいられるのですか”と聞かれました。 


私は強いわけではないのです。 ただ、落ち込んでいるヒマもないだけ。 参っている余裕も無い。 泣いているのは物体ない。 進んで解決していくしかないのです。 そして “私だけは真実と共に生きている” という自信が、私に乗り越える力を与えてくれるのです。


何はともあれ自費ででも、結果的に映画は完成できたのですから、それは幸せで感謝です。 


真実とは、大変な強い見方です。ただ、簡単に“真実”なんて語らないで欲しい。 大変なんだよ。


お祈りだけしてても、世の中は良くならない。 自分の利益ばかり考えていても心が汚れるだけ。


秘訣は、、、 周りがどうであれ自分だけは、そして自分の生きる世界に関しては汚いものを入れない。 誤魔化さない。 苛められても笑顔で生きる。 そうしていれば、それが世の中への貢献になるのだと思います。 そしてそういう人が増えるしか、世界の救済はないのです。


結局は、個人単位の問題なのです。 本当に本当に世界を良くしようとしていらっしゃる方々もいます。 見ましたし、会いました。 けれども私は尼さんにはなれません。 偽善者にもなれません。 だから、、、なわなわで寄り沿うよりも、潔く生きるのです。 


と、昔から良く友達に“その哲学的な会話やめて”といわれます。 今夜はちょっとそんな感じで、そろそろ止めないとこのまーーんま続行しそうですので、またお話致します。


と同時に言わなければならないことは、言っていきますけどね。 嘘が一人歩きしていてらちが明かないので。


悪いですが、今回のごたごたの前に仕事の別件を相手に丁寧に断ったのは、こちらの方。 逆恨みにもほどがあり、あたかも自分が断るかのように言うのは呆れてしまうことです。 人間の小ささを見せ付けているだけですね。


媒体の方々、本当の話を私に聞くべきです。でなければ同じ土俵に立たず、いつまでも卑怯なままですので。 


それでは、執筆に戻ります。 どうか邪魔しないで頂きたいと思います。 はァ。  113


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.