FC2ブログ

女性人権保護問題

話は大きくなるのかも知れません。 魔のThird World, 第3世界。 日本沈没阻止。 世界崩壊計画失敗。 に、しなければなりませんね、悪いけど。


これ以上、理不尽なことに振り回されるのは御免です。 20年も前からへきえき(漢字の弱い方向けです。馬鹿にしているのではなく、優しさです。 お受け取り下さい。なお、意味はお調べ下さい。 はァ。。)しており、二の舞いは阻止します。


   完成試写会は沢山のお客様で満杯で、(ついでにマスコミの方々もいっぱいで)四面楚歌になんかはなっていません! あるライターさんからの謝罪はいただいており、私はある死亡説なども流しておらず、その担当の方とは変わらず仲良くやっております! しかも、脅迫メールもヒットマンなども出すわけがないのでいい加減にして欲しいので。


 裏切りは受け,映画の完成途中で納品まで時間があるのに、無断で勝手にフィルムにしてしまったスタッフ2人、付随して裏切りを続けている人には二度と一緒に仕事をしない旨は告げ、全く話していないだけです


しかし、これからもいちいち事実をその度に説明するのは不可能です。だいたい、記事が出ていたことさえ知らされなければ、事実をお伝えしようもない。そんな馬鹿な文面をつい信じてしまう人がいるかもしれない、という恐ろしさが恐ろしい限りです。


これならば、せっかく受けた先週の某取材の内容も心配です。。。


いっそ20年前のことも含めて、すっきり綺麗にぐちゃぐちゃにまとめて糸で縛り、ケリをつけた方が良いのかとも思います。これからは武装をし、気分は “なめんなよ”ネコ。


ここまで事実をくつがえされぐちゃぐちゃにされると、私は“ねらわれた” のではなく、“選ばれた人”なのではないかと思わざるを得ないです。 


本当に、本当に全てに感謝で、心からどうもありがとうございます。 これは、イヤミではないのです。


絶対に、絶対に、絶対に、死ぬもんか!!  あ、、、、 スイマセン。


あ=====!!! お願いだから!小説を書かせて下さい! お静かに願います!


さようなら。


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.