FC2ブログ

アミューズさん、藤岡の次は三浦春馬ですか。ジャニーズ・キンプリの歌詞。そして三浦春馬の歌は私達の愛をパクリ真似もどきしたものでしかない!と断言しておきましょう。

ディ―ン藤岡が2度以上私をパクリビジネス歌にした話は書きました。
好きなStaffさんもいる会社なのに残念です。

私は藤岡のことを2度書きましたが、あれからすっかり失敗してしまったのですね。
つまり私の真実の言霊を見くびらないほうが良いわけ。


そして今度は三浦春馬。嫌いでは無かったが今度で大嫌いになりそうな予感がするこの次の人。
本当は可哀そうな三浦春馬。~ 気をつけて頂きたい。―

大体、番組も見てはいないがこのドラマ放映?直前の宣伝として流れていたtokio番組?での恋愛話の宣伝SPOT、そのセリフの取り上げ方がおかしいということはすぐに判っていたのです。あれはやはり、まともな恋愛もしたことがない人がただ恋愛歌を歌うことへの違和感を消すためだけの演出だったのですね。

そしてその歌の内容といえば私の愛エネルギーの世界であり。吉川晃司・晃と私の恋愛世界の話でした。つまり奴等はまたバンパイア―をしたのです。これらはただ私達の純粋な世界をただ勝手にパクり肖り、スポンサー騙しのビジネスをしているという礼儀知らずな真似泥棒たちであるということです。私には判りますので皆さんもご理解を。

この犯罪を隠すためだけにただちょっとした恋愛の話をしていたかのようなポーズで番組に出て恋愛歌を売ろうとしたのですね。でも今私がカラクリを記しておきました。

三浦っちといえば今やゲイの女装イメージになってしまったということをご存じ。

本人が魂を売りつけてしまったのかと思わせて頂いたのは3年ほど前でしょうか。元WATのあの子と共に可哀そうにとは思ってはいたのですが。今後はどのような道なのか、可哀そうですね。

Tokio松岡という人は前からどこか信憑性が無かったのですが^^;その人も急に過去の恋愛の話をしていたようで(宣伝での数秒目撃)、  つまりこの2人の宣伝セリフはいわば恋愛信じずというスタイルな、要は反・宇宙愛エネルギーを表す「マインドコントロール」であったにもかかわらず、そのくせに晃と私の愛エネルギーだけはビジネス利用しているという。愛を信じてもいないのに愛を歌うなということです。意地悪い制作にまんまと乗せられたのですね。。

ゆえに三浦春馬の歌は私達の愛をパクリ真似もどきしたものでしかない!ということを断言しておこう。私は本人なので判ります。ーー

そして例によりさくらのSNSが後に宣伝を仕掛けることでしょう。数字改竄のYouTubeでも?
ただ春馬っちには女装ゲイのイメージがついて回るのでしょうか、アミューズは酷い事務所でしょうか、Omg。

彼等真似もどきにとり私の存在は脅威なのです。宇宙愛エネルギーを盗みたい奴等にとってということです。そして晃と私の恋愛が奴らには脅威であり。しかし止めることは出来ませんでした。

今回また晃と私が今度は永遠に、のちには一心同体として繋がったことでそれを脅威に想い(その前にショーケンからの流れもあり)、  私達世界の真似づもりでパクリ歌ビジネスを世間には知られないように隠れて仕掛けているわけです。

しかし私が今見せていますので、パクリ感は否めないということになりました。
ーーだから私に挑戦するなと言っているのに懲りない失敗をまた繰り返すのですね。私は何度でも書くので構いませんよ。~^^

私達のエネルギーを湾曲することは宇宙的に許されないのです。
だから私は今 事前に潰していますよ、申し訳ない。~
これは私の愛エネルギー、私達2人の宇宙愛パワー世界をパクるなということ。

世界を変えているのは晃と私。

それらの者らではないのである。

私エネルギーを吸っているのに、突然未来で急に「これはただの歌だ」とほざくことも出来ないことを書いておきますね。自ら蒔いたカルマを積むのは常にそちらなのです。 
私には朝鮮しないで下さいね。あなたがたは必ずや失敗するので。――

三浦っちが書いたわけでもないこの歌詞。ジャニーズの歌詞がよく私を題材にしているのと同じエネルギーなので私には判ります。最近ではキンプリが歌っている歌詞がそうですね。

晃が私に書いた、俺の想いをすり抜けて~ というものまで使用しています。
あのね、私でなければ。そして晃の想いでなければすり抜けるとかいうことも浮かばないわけ。

判る??
いくら整形で親の世代のことを無しにするつもりで動いても完全犯罪な過去隠しをしようとしたとてそんなことは出来ないわけです。その顔を誤魔化そうとしたとて私への意識は止まらないわけ。
それはそちらが充分に知ることだ。私ではなくね。

そんなね、歌詞に出てくるような女性の存在などね、あーた、私以外にはいないわけ!私はミューズだと言われておる。これは世界でも珍しいわけ。判る???
早く認めて楽になれ。~~^^

ま、とにかくね、もしも藤岡の時と同じように三浦が書いたかのような細工をして売り出すならまた書きますね~~。それは嘘でしょう~と書いてその嘘を潰しま~~す。
つまりね、私の存在を隠さないようにすれば良い。正直に感謝しろということである。

私の吉川晃司ちゃんと私、宇宙からの運命な大恋愛のこの縁をだね、ただ勝手にパクリ商品化をしてドラマ主題歌を作るとか、その背乗り精神が異常なわけです。
私達には少しも近づけやしないくせに。^^~

いくらYouTubeで再生数を5万分の一、水減らしして私への注目度を改竄しようとしたとてそれも到底無理な話で。
あなたがたはそこまでしても万能な宇宙パワーを知らなすぎるのです。

私の日本語が判りますかね。それともやはり日本人、ずっと私を意識しているくせに尊敬はしないで
エネルギーバンパイア―だけは行うのかと。そりゃあこんな社会にもなりますわ。

今までのような商売はもう出来ませんよ。まずは私に敬意を示すこと。話はそれからですね。^^

ーーところで私がアメリカに移住していた際に日本で出てきたのがアミューズの福山雅治で。

私にはその意味が何であるのかをすぐに直感で捉えていました。

そんな福が、数か月前に突然自分はバス停の君だとか言い出しましてね、、、。

あれは事務所会議とかで決めたものでしょう? 私のパクリとして。
何故今頃言い出すのか? 
あ~そうです、あれは私が2年前の2017年に中学生の時のバレンタイン話としてバス停の君のエピソードを書いたからです。

それを福がパクりました!本当のことなら20年前にすでに隠し切れずに話してるって。
笑っちゃうよ~~福山っち~。

しかもあの2017年当時は2つのCMが同じことを私パクリして「パクリ被りCM」を流していましたしね。私が記述したことを皆さんも覚えていることでしょう。

福がバス停の君だとか? あは~~っ悪い冗談~~。^^

アミューズさん、私をパクリビジネスに無断使用するのは許されないのです。
今後は一言挨拶をしてCreditに乗せるとか何だとか、ことを円満に運ばせて下さいませ。

あなたがたのパクリは私にはすぐ判りますので誤魔化しは出来ないという現実を知ったほうが良いのです。少しはただ勝手にパクるのを止めて私の人生を敬うことに磨きをかけるのは如何でしょうか。
そちらの罪を消すためにもです。~

パクられたら書きますよ。 
私は書きますよ?

これまでにも何度も忠告をしていますがそろそろ無断な泥棒ビジネスは諦めたほうが良いのです。
ーー潰されたくないならば。ーー

円満にいきましょう、円満に。~^^


さもないと ジャニーズ、吉本、、、ときて

次は アミューズ になることでしょう。



Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.