FC2ブログ

やらせドラマ。SNSと連動してやらせ宣伝を行おうという魂胆で。秋ドラマでまず打ち出されたらしい、ストーカー話と元彼話。そして映画は海外を巻き込むという「戦略」。



SNSと連動させて私の名前と存在に絡めて宣伝しようというやらせドラマ。
今後2-3か月、私存在で宣伝を試みようとしている気満々ですよ。

TwitterやSNSであれらは連日主要な人を狙っている。

ま、私以外にはこのような執拗なことを広範囲な電波上でされている人はいないがね。


到底私ではない人格を私になすりつけ、それをドラマや映画に反映し宣伝を試みるというこれらサイコパスは異常な魂胆を持ち、発展堕落動物として連日異常な「動き」と共に


心もない魂もない脳もないキチガイ集団として地球をゾンビのように彷徨っているのであり
ます。

SNSと連動させやらせ宣伝を行おうという魂胆のやらせドラマ。
秋ドラマで早々と記事で打ち出されたらしいものは、

ストーカー女の話
元カレにたかが固執するかのような「マニア」な話
ーーところでこのストーカー話の方は内容を押し出すのをおじゃんにしたのだろうか、9月上旬以降。その時以来何も聞こえては来ませんね。

泥棒家族という映画はアメリカにまで持ち込んだらしい。--観てもいないが。
そんな本当の泥棒雇われ監督が今回制作したらしい映画はフランスを巻き込んでいるらしいです。

奴等は私に、私ではない人格をなすりつけながらそれを基に映画やドラマを作り上げるというサイコ中のサイコたちなのであります。そんな中でも非情な能無し心なし常識なしなサイコパス集団。そんなものらを業界に紛れこませてはならんのです。


このやらせ映画は私のファンの方が住む国まで巻き込み、というより私が住んでいたフランスということでも急に注目して取り上げていたのは5年前でしたね。そこでその後ファンの方がコメントに残されていたドヌーブの名前から調べて今回この引退もしたような女役者さえも利用しているとのこと。
そんなやらせ映画の題名は、私がいつも書いているワードである「真実」なのだとか。
普段それらは真実とはほど遠い生活で正反対な動きをしているくせにです。
図々しいにもほどがあるとはこのことを示すのですね。


真実に生きているのは 私 だ。


やらせで作り上げながら同時に私の感性まで泥棒するのもいい加減にし給え。

これらのパクリ・コソ泥制作下にいる大半は全て操り人形たち。

ーーそう、私が倒しているのはその上にいるサイコな元締めたちなわけです。






Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.