fc2ブログ

私はこれら輩犯人たちを、ほらねほらね真実攻撃地獄へと墜とし葬り去ることを誓います!私が謙遜をすると奴らがつけいるので、奴等に向けては本当に謙遜をやめなければ!ほらね。ーー例えば、春馬ちゃん関連urlたちも消されないように残しておきます。

大事な春馬ちゃん関連urlたち。消されないように残しておきます。ーー私が謙遜すると奴らがつけいるので、奴等に関してはそれを止めます。

すなわち、私は今後これらの輩の罪へは何度でも何度でも、
ほらねほらねを繰り返すと致すなり。

以下のurlたちは、春馬ちゃんに触れた重要な記述ですが、敢えて載せずにいました。
何だか誇示をしているようで、ほらねほらねみたいなので避けていたわけですが。

しかし! 奴らは私が謙遜をすればそこへつけ入るゴキちゃんたち。もうこれらに関しては謙遜などすることはないぞ。ーー実はこれ、以前にも決めたことですがね。
何故昨日4度目の事象として発見をしたような、私が私の同意の上で私の良き個人情報である^^、ソバカスはもう無いよ~という^^のどかなアンサーを私の佳たんに向けて書いたほのぼのとした記述を、奴らが勝手に削除する気になるのだ?? 人様(私)の記述を勝手に削除するというこの精神異常な行動が許される訳がないという常識をお判りではないのか。

これは一作家の著作本を出版の担当が勝手に無言で改竄を行いまるで違う内容へと勝手に仕上げていたという異常な行動そのものでありそれ以上のこと、子の輩は担当でもなければ出版社の外部が会社に侵入をして、チマチマと一人の昨家さんの著作を改どころかもろごと削除をするという、それ以上の極悪罪である!

何の罪も攻撃性も何もない私のほのぼの記述を削除とはどういうことだ、私がソバカズはもうないよ~という、私の個人情報が悔しいということだ。それがどれだけの勘違いサイコパス等であろうことか。佳たん真理たんの仲にも妬み嫉みを止めず、私達とは何の關係も無い輩の分際で、私がミュージシャンに愛されて沢山の曲をプレゼントされているというのが悔しくてか!勝手にそれを削除するというこの犯罪暴挙。この犯人は2018年1月にも、昨年にもそして2020年1月12日にもやりました。二度と許されないので犯人確保に動きます。 
最早やこの精神異常さ加減はそれを示す言葉さえも見つからないほどですよ。

今後これらの者どもには、それらが一番嫌いな真実を私から毎秒毎秒突き付けられ、「ほらね ほらね!」ほらねほらねと言われ奴等が真実から目を耳を反らすことの出来ない地獄へと墜ちて貰おう。それは「著作物改竄罪」も然り、「ハッキング罪」をも行った、「真実改竄罪」の犯罪者であるとして。
ほらねほらねほらね真実地獄で、ほらねほらねの苦しみを未来永劫味わうことになる。
その名も、冗談ではなくて「ほらねほらね攻撃地獄」。
ほらねほらね、これら輩は更に私から真実を見せつけられ、真実地獄へと葬り去されるわけである。私は、これら犯人をほらねほらね真実地獄へと堕とし入れることを誓います!
これら嘘つき改竄犯罪者たちの嘘が、今後はドンドンと暴かれていくのだぞ。

ほらねほらね ほらねほらね


私は春馬ちゃんが7月16日にはその形がどうあれこの世からいなくなっているということを、同じアミューズ所属のフジオカくんから、しかもフジオカくんが危ないという意識への注目の仕方で宇宙から伝言を受けていたのです。私の直感は宇宙と繋がっているゆえに。よってここに、春馬ちゃんに関する大事な記述を残しておきます。

ほらねほらね、ほらほらね!
追)三浦春馬ちゃん!嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ がんばれ!って1月からずっと、また春馬ちゃんのことを書こうとしてたところだったのに!7/18/2020: fairyangelvictory.blog83.fc2.com/blog-entry-3818.html

ほらね!ほ~らほらほら!
ほら見なさい私は書いていたのだぞ。ほらね~ 
追)アミューズさん、藤岡の次は三浦春馬ですか。ジャニーズ・キンプリの歌詞。そして三浦春馬くんの歌は私達の愛をパクリ真似もどきしたものでしかない!と断言しておきましょう. 7/22/2019: fairyangelvictory.blog83.fc2.com/blog-entry-3437.html


ということで皆さん、もしも今後皆さんが気になる私の記述が急に表示されなくなった場合は、断言しておきますがそれは私がやったのではないということ。つまりそれは外部が勝手に侵入をして勝手にいじり、勝手に削除をしているという犯罪であり、皆さんはそれをいち早く目撃をした重要証人という立場の方々ですので、どの記述がないのか等をこちらにコメントで一報下さいますれば幸いです。ーー

Fc2さん、今後について今週中にご連絡致します


Copyright © marieIshIhara真理子 "ふわっとした瞬間”. all rights reserved.