FC2ブログ

キムチに関する新政策。。
其処ここで結果のニュースだけを聞かされるのではなく、実際に形になる前に諸々が改善されて欲しいという思いが,

然るべき場所に届いているのか?と書き続けていますが。ー


8月中旬にふと、そういえば昔はよく食べていたキムチを此処十数年以上は食べていないな~と思ったのですよ。

それがきっかけで同じ週に偶然にも知ったこの政策、

「キムチ輸入時の衛生検査・3年間免除」というものが、2011年6月に成立しています。


農林水産省の制度として韓国の製造業者を事前確認登録し、輸入の際にスムーズにキムチが入荷されるように衛生検査を免除する、という

この政策なのですが、ご存知ない方々がほとんどであるかと思い

今までは周りの方々にのみ注意を促していましたが、今回皆さんにお知らせしておきます。


早急にキムチさんがこの日本へ来られるようにと、それほどまでに販売推進したいのはわかるのですが、

それとなく非常に極めて危険で、逆に一気に不安になります。


しかも時を同じくして7月下旬には韓国で大洪水が起こり、下水道の処理がままならない状況も起きていました。 

水浄化作用が危ういまま食品は変わらずに製造されている中で、無検査で輸入した食品が果たして清潔を保たれているものなのかは永遠に不透明であり、

健康を害する可能性がある上で胃の中に入れるのは危険であります。


そうなりますと日本産と韓国産の兼ね合いも解らなくなり、何処の産地であれ口にするのを躊躇してしまいます。


ですので、もしもキムチがお好きな方は是非気をつけて頂いて、解決案としてはご自分で白菜を購入してタバスコや

しょうが・にんにく、香辛料あるいは辛いスープなどを上手く利用してご自宅で、


逆に自分なりの味を作りながら楽しむ、、などの工夫をして、外食や市販で食するのはとりあえず避けることを

お薦め致します。 


勿論、これは韓国やキムチ自体の批判ではないのですが、、、しかし食品に関わる事で無視は出来ない法案を耳にして

しまった以上、問題が起きないように皆さんに注意して頂きたい旨をお知らせしておきます。ー


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.