FC2ブログ

飛騨

  この前の スピリチュアル 精神世界の旅が、ついに完結  への沢山のご質問に取り急ぎお答えを致します。 ^^


 昨年の11月に飛騨高山にお墓参りに行かせて頂いたのですが、

 そこで衝撃的な事が起こりまして。。
 
 母方の先祖は真田家といい、真田幸村さんが先祖なのですが、

 小さい頃から聞かされてはいたものの、別に真田さんご本人のことはよく知らずにもおりまして、、、

 ところが石原家というのが母の叔母の嫁ぎ先で、母の直接の家系ではなく、

 また、父も自分の家系から抜けて石原家に来てるんですよね。

 で、私は今その石原家代表みたいになっているわけです。。。

 今回はその石原家のお墓から何と今まで340年以上もの間、日の目を見ずに

 何十代もの石原家の何十人ものお骨が入った骨壷が現れました。

 しかも、その石原さんたちは皆、同じ個人名を引き継いで生きてこられて、

 それぞれが亡くなられた日付けが書かれてあったのですが、それは元禄時代からの日付けとなっており、

 その骨壷が突如としてお墓石から出現したという訳なのです。


 ご先祖さま供養はとても気になり、20代の頃から親戚では何故か私のみが一生懸命続けていたのですが 、

 真田家と石原家のお墓に直接お参りしたのは昨年が初めてのことでした、、。

 そして私の目的は、お墓を綺麗にさせて頂こうということだったのです。

 ですからその骨壷姿を見た時に、私としてはもろもろのこれまでの人生の全てが理解出来たという訳なのです。 
 
 1996年にはアメリカで、あるミステリー事件が起きたのですが、その奇怪な事件を通しても

 その「並々ならぬ精神世界と霊的な仕組み」

 を深く理解していたのですよね。。。

 あ、、 伝わってますか、、?。


 とにかくその後は生前に石原さんのおじい様が好きだった京都にも行き、

 石原家系の浄土真宗大谷家のお寺でご供養をさせて頂きました。

 、、、以上が取り急ぎのかいつまんだお返事となります。

  また書きますね。
 

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.