FC2ブログ

日本はエリート魂の国 アジアであってアジアではない。

先月の中国暴動事件の際にも触れましたが、


日本が隣国と関わるということは、日本が自ら厄病神を拝んでいるのと同じことになる。

日本はアジアであってアジアではない。



世界に誇るエリート魂で形成されている発展途上国であるという真実を

今後も世界に証明していく為には、

まず国民が深くそれを認識し、

内部に入り込んだ敵の摩耶瑕疵で、国の知的財産であるエリートの存在を一人一人、

粘着性を持ち攻撃をしている脈絡を、戦争に打ち勝つのと同じ体制で厳しく打破していかねばならない。


その民族を情の肩入れという精神で賄賂と共に内部に招き入れているということで、

どれだけの不幸連鎖を導いてきたことだろうか。


常に隣国に惑わされ付きまとわれ、それは政府がNOと言うまで続くであろう、

この現実から目を逸らすべきではない。
 

賄賂で国の売買を試みる者はその名のとうりに売国奴である。


近くに位置しているというだけで、エリートが途上国の世話をする義務はない。

精神論者が唯物論者に変革をもたらす必要もなく、そこに関わるだけ無駄であるということを 先月の暴動で肝に銘じ、

そこを学ばずにただ変化なく通り過ぎるというような悲劇的な結末だけは

絶対に起こさないで頂きたいと願う。



Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.