FC2ブログ

ロンドンオリンピックで建立されていた塔。 六本木ヒルズ。 第二次世界大戦はもう終わりましたが。
ロンドンのオリンピックで建立されていたあの黒い塔は、

必ずどこの局や国でもニュースの後ろに映りこんでいましたが、

あれは蜘蛛を意味していますよね。


ところどころ赤を入れていましたが、それも意味がある訳です。


夏に3週間の日本滞在を経て再び8月16日に日本を飛びったので、閉会式も日本で見れたのですが、

開会式の 儀式 のおどろどろしさとは違い、「もうやり終えた感」が充満していました。


あの塔の黒色とチタンの質感が、

かつて六本木ヒルズの建立時に置かれていた、大きな気味の悪い「蜘蛛」と全く同じでしたね。


ま、そういうことです。


私はすぐに解りましたよ。

日本ではこの言葉さえもまだ聞きませんか?


それでももう今年が終わる。

なのでヒントを落としておかなければと思いました。


日本の政府やメディア、そして国の裏側は、

まだ第二次世界大戦の影響を受け続けるつもりですか。


日本は充分に独立が出来る エリート だということを認識下さるように願います。

アメリカの本場でも「狙われた体験をしたのに」生き延びているという奇跡を作った私だからこそ、

言えること、伝えたいことが多々ある訳です。


アーメン。



Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.