私の身に起きた陰謀。マイケルジャクソンなら理解してくれるでしょう。これらを知ると世界が見える。
日本で体験した陰謀以上に本場アメリカでは更なる奥深い体験をした。勿論。本場だもの。

どうも私は、その中枢の場所全てに関わった模様である。いや、私の魂の体験として行くように’仕組まれていた’のだが。

 
何たって無償の愛を持つ神の子が一人で来るように、遠隔で隠れ悪魔崇拝の国に呼んだわけですものね、私の使命として。

そりゃあ計画通りに狙うわけです。

世界から愛の光を奪える大好物なチャンスを奴らは逃さない。 「キリスト教」を謳っている国なのにです。


でも死なずに生き延びました。--


次期アメリカ大統領選で更に見えてくるものがありますよ。


下記の名前と場所は全て、私の身に関連し危険をもたらしたものです。

これらを調べると何が関連していたのかが解ります。 今はヒントくらいで終えておきます。


ウォルト ディズニー ワールド、 ディズニー カンパニー、  オーランド、  フロリダ州

Luxor(ルクソー)ホテル、 ラスベガス、  ネバダ州、   Area51/エーリア51、   アリゾナ、 

UCLAおよびハーバード大学、 シアトル、 ワシントン州、 CIA、 NASA, FBI、  ふくろう、 他、、、。

偽物の霊能者、悪の儀式による被害、キリストを語る人の数々の裏切り


罪なき濡れ衣、間違った司法 などなど。




嘘のような本当の話でしょう。 

そうですね、マイケル・ジャクソンくらいにしか同じレベルでは解らないかも知れないです。

しかし、早くこれらの真実がRevealされることを望み、そして私は今後も書いていきます。


マイケルが生きていたら、私たちはお互いの大親友になっていただろうと思います、真剣に。
 
共通点も沢山あるし、何たって二度の濡れ衣と警察絡みが決めてでしょう。


小さい頃からの境遇、若い時からの人気、幼少時代、家族、お金、プライバシーのない生活、

間違った司法、 罪なき濡れ衣、 数々の人の裏切り、嘘の記事、生まれた国への失望、

一人で頑張る、マスコミの陰謀、国中の人が敵に思えてしまった、、など。



彼は私の通った道が良く解るだろうし、私は彼の通った道が全て解ります。

奇しくも、二度に渡り起きたしつこい濡れ衣は、2人とも同時期の1995(ほとんど1996年)~2003年に起こりました。

それ以来マイケルのことは、同じようなことを超えた仲間のように見ていましたよ、たまに思い出すような感じで。



同じ体験をしていないと解るはずがないでしょう、ならばただ黙っていて欲しい。 


その時からマイケルの周りにも、見えないものが存在していると確信していたので気になっていたのです。


当時から亡くなるまでアメリカ中が(日本も)記事は酷いものでしたよ。

だからマイケルはファンのことも誰のことも信用出来ていなかったと思いますよ、実は。

亡くなってからつべこべ言っても意味がないですよ、薄情なものです。


もう少し頑張って頂けたら会えてお話が出来たかもしれないのにね。。 と、たまに思います。


彼と私は同じレベルでお互いに存在と経験が理解出来る、とても稀に同じ使命の生き方を持つ縁がある

間柄なのです。


本当に理解を持つ話し相手がいなくて、マイケルはとても寂しかったと思います、。

だからこそ解り合える大親友として色々と話すことが出来たのにな、と。。


ひょんなことでマイケルと私が奇跡を起こして、そのうちにこっそりと会えたとしたら嬉しいことですが。 ^:^

とにかく私はその分、生きなくちゃです。


歌を作って行きますよ。 もう少々お待ち下さい。。。 


以上。  このアメリカ発祥の陰謀に国内外で絡まれた私の人生と、無実の中でのアメリカ司法との対決体験は、

本当の意味でマイケル・ジャクソンにしか解らないかも、、 でも解ってみてね、

のお話でした。




Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.