FC2ブログ

二度目のオバマ政権と日本
2008年からこの4年の間には色々な事が起こり、そして環境が変わりました。

特に日本におきましては。


今回オバマさんが勝利されたことは4年前のオバマ当選時での、初の黒人大統領ということへの

期待と喜びに満ちていた状況とは異なり、

今後は逆にRomneyさんに投票をしたアメリカ国民の半分あるいはそれ以上の国民からの

反感と不満が募る中での政権となるので、常にその存在との戦いになり

Mr. Obama に取りましては将来の4年間がとても厳しいものになるかと存じます。
 

特にGAYやMARIJUANAの新法律に関しては心情的なものが大いに伴うので、

その体制への怒号は大変深い罪を残したものだと言えます。


日本との関係にも影響して来ることが多々あるわけですが、

今後は同等の立場で、アジアであってもアジアではない本質に戻り

威厳と共に外交政策を新体制で臨んでいかれることを期待致します。


日中関係ではアメリカが日本の味方であるという契約を相手方が破らぬよう、

言うべきことを言える外交で臨んで頂きたいものです。


要求をされる筋合いはない、こちらが要求するべき問題であるということ、 を

今年からは肝に命じて「付け込まれない政府」として潔く日本国をお守り下さいませ。


例えカツカレーがたまたま5000円であったとしても(毎日でなければ ^:^)

日夜国民の為に動かれている姿が見せて頂けるのなら、見ず知らずの国 あるいは捏造大国に

お金を横流しをされるよりも国民の為に働かれる政治家さんに

ご褒美をお渡しした方が良い訳です。


何卒、国民の声を大事にして政府を作ることに専念頂きたいと願う所存であります。




Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.