FC2ブログ

もしかして、私以外の大半の記事は本当なのですか。
もしかしたら、、、

私以外の記事の内容は実は本当のことが多いのではないかと思い始めた今年の4-5月あたり。

丁度その頃4月頃から5月にかけて、私は「そろそろ色々と本当のことが世間に出ても良い頃でしょう」

という言葉を此処に残した。


それからはタイミング良く色々なことが日本で騒がれ始めて、

ある一件ではたとえその原因が本当ではあったようでも、一人の役者さんが集中的に酷く追いかけられる姿や

(自分の場合を思い出した。あれはお相手の方が*鮮の方ですよね?<ーーー 私にはその空気で解り、

確信しています。

反*のエネルギーが絡むとあのようになるからです。私はそれを経験しているので。)

その後には生活保護問題やら竹島問題、そして先日に起きた中国でのデモ、と続いて、

今年は全ての基本問題が出揃いましたね。

昨日は政権交代が再度起きて、自民が政権を取りました。

(自公、という言い方は止めて頂きたいのですが)


このように遂に皆さんは、日本に起きている本当の姿を目撃し始めたのです。

私はそれが嬉しくて、感激していたのは8月のことです。

日本が気づくまでに、そして私がそこに費やして来た期間は25年でしたが、その間どんなに狙われても

倒れることなく生き抜いて来ました。


この基本問題を25年前に私が一人で告げることなどは到底無理なことだったのは、

今になれば皆さんが解ることだと思われます。


急がば回れ。 


私はまさにこの問題をすでにあの当時に経験し、だからこそその理由を知っていた訳でしたが

それを世間に示すことは皆無であったため、

せめて日本と共倒れをしないようにと、

また、証拠と共に生きている自分の魂を守るために、

13歳の時からいづれは住むと決めていたアメリカへ、

自分のひとつしかない魂を守るために渡米したということです。

(そこでは新たな経験が待ち、それと共に更に深い世界事情を知ることになった訳ですが。)


日本で残るは「宗教の問題」ですね。

2013年はそれを目指すべきです。

25年というのはは長かったですが、、

罠にも負けずに全てを超えて命を守り抜いたからこそ、

世界で見て来た経験を守り今此処にいるからこそ、

この問題に留めを刺せるほどの人生経験を超えて来たからこそ、

諸々の問題浮上に貢献出来る経験をした人生を持つ人がいるからこそ、

問題解決に拍車もかかっているのだという事実、

私が得た人生経験から来る言葉のエネルギーとその姿が、どれだけ日本に貢献をして来ているのか、

だからこそ狙われて来たこの陰謀を、負けずに真実で超えて来るのは並み大抵なものではなかったということを

お知り下さい。

(自分のことではありますが、他に言う人がいないので。)


会社面接の際の履歴書は皆自分で書きますから。この説明はそれと何ら変わりはない。

(ただ、履歴書にも嘘を書く人がいるが、それは許されることではありません。)


しかし、ーーー

私はその人たちの本性をもう知り尽くしているので、別に期待はしていない。

ーーそれらはただ、潰れていくだけである。

そしてドリームキャッチャーのように、真実を捉えられる方だけが更に真実を勝ち得ていけば良いのです。


(、、、、「真面目かっ?!」 。。 )

Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.