FC2ブログ

昨年のフジの番組。 「女性について」、、。。
私は普段、性別を意識しないで生きている。


それは、性別を考えるのが「気持ち悪いから」という理由から来ている。


しかし昨年からフジテレビが少々疑問に思う番組作りをしているので、

「女性には2種類の存在がある」ということを世間に知らせる必要があると思われます。


フジテレビは昨年、「怖い女性の特集」のような番組をレギュラーで作成していたようですが、


心底、その番組の題名を見ただけでとても驚愕致しました。

何故あのような番組を作るのでしょうか。

明らかなる嫌がらせではないのかと思われます。


その内容に当てはまらない一方の女性に対して、です。



人間として公平であるならば、次には「怖い男たち」というのを作るべきですし、


「怖いカムカムカマーたち」、そして「怖いトレビアンたち」、をも作るべきであると考慮致します。


けれども一向にそのような番組は見られません。全てが「女性」なのです。



その一種類の女性にのみ集中して特集を仕上げて、女性という立場を日々「過小評価」するように、


世論を誘導させているかのような番組作りをしていませんか。


それは間違っていると考え、BPO問題にもなりかねないことです。

そのような生き方をしていない女性の方々も存在している、


現に私もその番組内容の女性には当てはまらず、そのようにずるくは生きていない女性であり、

他にも存在していらッしゃると思うので、決め付けた内容で女性全てを括るのは止めて頂きたく思います。

その事実は必ず番組の冒頭で「尚、これらに当てはまらない女性の存在もある」と


一言アナウンスをするべきです。


番組内容に登場する方達と同じように見られてしまうのは迷惑です。



特に私は冒頭にも書いたように性別に関係なく生きているので、男女に分けられること自体が気持ち悪いのですが、


性別で人格を特定すること自体にも無理があると思われます。

良い女性もいればするい男性もいるし、酷いカマーもいるでしょう。



これだけ女性のみを特集されると、まるで幸せな男女を増やさないように、


あるいは幸せな男女の姿を妬んでいるカマーやビアンたちが、


その腹いせでただ創作しているのではないかと、まさにそれは世も末へとわざわざ誘導しているかのような、


異常な執念を感じてしまいます。



性別で結論づけようとするのは止めて頂きたいと思います。


2種類の女性が存在しているということ、番組の女性過小評価の内容で、その一部の方々が

まるで全体かのように誤解をされて迷惑をされている方々が、私以外にも存在していると思いますので、


今後は存在を決めつけたような番組作成は控えて頂きたいと思います。


そしてそこに同じ女性を使い金銭を使い、信憑性があるかのように作成するのは控えて下さい。

何故かフジテレビだけが女性特集を作成しているようですので、


以後気をつけて頂きたいと存じます。



このように真面目にテレビの影響を考え、その悪影響が出ないように媚びずに意見していますが、

それは私の貴重とも言える(^:^) 立場ですので、前向きに捉えて下さいませ。


わざわざ皆のために書いているということを、

わざわざ「私が」書いているという意味を、深くお受け取り頂きたいと思います。



(、、、、昨年書けば良かったですかね。。


 でも手遅れではないので、、。。)



Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.