FC2ブログ

確信。 「週刊女性」は私への捏造記事によって「廃刊」への一歩を踏み出した。 可哀想に、、。

昨日発売された週刊女性に掲載されている私に関する記事の内容は、

数々の嘘で固められた全くの事実無根、ただの妄想捏造記事であるということを伝えておきます。


その記事を本気で?まとめた週刊女性の編集部は、

「虚言癖」という持病をお持ちであるというのを今回確信致しました。


その姿は「この雑誌、とにかく買って買って詐欺」なのであります。


今回もいつものように非常識極まりなく、その野蛮な虚言癖が齎している全く信憑性のない捏造内容は、

どことなく東スポ臭が匂い今までよりも更に「気が触れ度数」が磨かれておりました。

最早これ以上静観している場合ではないと結論づけるしかない状態へと堕ちております。


まさかこのような嘘の証言なるものと共に陥れるような罠内容になるとは思いもよりませんでしたが、

(数回の訪問でどなたともお会いしたこともないので)

予感はしていたのでこのブログにも書いておきました。


悪いですが、其処に住んでもいないし私は逆に助けていた立場。

よって部外者が変な言いがかりをつけるのはおかしいし、二度と訪れることもない訳ですが。


書いてある唯一の事実は私はその道を、友人の親戚への差し入れをする為に歩いていた、

ということのみである。

勿論、通常は着ないものをわざと着て目立たないようにはしますので。


記事に書かれていた詳細な嘘ですが、

私はフィリピンには滞在もしていなければ、その親戚の家に家具を運びこんでもいない。

薬物中毒の他の方と間違えているのではないかと。

そしてその場所に住んでもいないので、勿論住民と話もしなければ会ったこともない訳です。


大きな声を出して私の名前を呼んだ、おヘビ女記者の方を諭すために話を遮ったのが勢いっぱいで、

そのへび記者の姿はヒステリーそのものであり、持っていたエネルギーはキチガイめいておりました。

何とかして、勘違いをして止まらないその大声での質問を私はただ止めておりました。

その記者の奇声が響いていましたからね。


書かれている何もかもが嘘であり、このように全ての事実を曲げているのは許しがたいことである。

すり替えている内容の虚言も甚だしいが、何よりも書いている内容がヤクザのような言い回しのように

工作しているのには抗議せずにはいられない。


この編集部の虚言癖には昔から目に余るものがあった。


あれは3年前の2010年、私が月1でいつも映画や食事に連れて行っている家族との日をある日「尾行」して

変な瞬間の写真を撮り、「33年ぶりに母親と再会!!」という

例の止まることのない虚言をまたもや平気で書いていましたね。


その一年前の2009年9月には、

当時の方と同年の3月前から世界中を旅しながらもその歌手本人に依頼されたので、

「新社長」として私は諸々事務的なことをしながら通帳と印鑑も持っていたのに、その件についても

まるで私が盗んでいたかのように書き連ね、そして

「結婚は嘘だった」という大嘘を書いていたよね。



勿論それも嘘の工作、事実無根な人権侵害内容・汚い捏造である。


33年ぶりの再会、などもあまりに酷いので事務所を通じて記事を書いた記者と直接電話で話したが、

そうなればすぐに謝る人たちである。

「すみませんでした。 僕が33年ぶりに自分の親と再会したものですから、、、」

こんな呆れた理由を話されたのだ。

これは例の、「情を利用する」という手段なのでしょうか。


では今回のこの記事を書いた記者は、友人の親戚あるいは母親に

「ババアなんか倒れても死なねえんだよ」と言っているということなのだろうか。


それはあなたがたの修羅の世界であって、私がそのようなことを言うはずがない!

夜中に騒いだりもしていない!

中耳炎て何です、それは良く子供さんが掛かる症状でしょう、

私にはそんな症状はないのですが??!


全くの大嘘、酷く非常識な捏造のオンパレードである!




なお、その数回訪れた場所で私が聞いた話は、

身よりもある高齢者の方なのにお一人で亡くなられた、ということや

精神を崩された方が夜な夜な騒いでしまい警察が呼ばれたことがある、などなど、

しかしどれも私とは関係のないエピソードである。


何処かで私を一瞬見かけたことがある人がいたとして、そこから話が大きく工作されて

例の如く、事実かのように記事に勝手にまとめられていくのは大迷惑である。


ましてや今回は、ただこのように冷静に分析して終えられるような話ではない。


一番の問題は、普段のあなたがた編集部の生き方を、まるで私の生き方や性格かのように報道した所。

すなわちチンピラやヤクザが行動するかの如く人様をおどして生き、人様をおどして話すその生き様を、

私の独自の言葉かのように仕立て上げて、そこが強調されるように後から後から嘘を嘘でまとめて記事にした。

そしてそのまとめたフィクションレポートをそのまま世間に売りつけたという点である。



この編集部のその工作捏造話には呆れるばかりである。  

今までも多めに見てきたつもりではないが、何せ私は前向きに生きているのでマイナスな人間たちと関わっている暇が無い。 

そのために、これまでは気づけばつい時間だけが経過していた、という事態の繰り返しだった。


しかし今回の内容は私への人権侵害は勿論、これは高齢者さん達への虐待記事にも思えているので、

ゆえにこれをこのまま放置しておくことは人として出来ないと考慮している。



この事実無根な内容、詳細は全てが編集部の虚言であり、近所での話題の会話もなく、

勿論出て行く出て行かないの話にもならないほど、(何度も言いますが)もともと私は住んでもいないのだ。

持ち運んだ家具というのも私のものではなく、この親戚の方のものか

その子供さんのものと間違えているのではないか。


あまりにも安易に記事を書いてそれを購買し続けているという違反はすぐに停止しなければならない。


これは、例えば他の芸能人によくありがちな、「本当のことを書かれたから怒っている」という状態なのではなく、

全くの嘘を、虚言癖が持病の編集部が故意に捏造工作している、ということに抗議をしているのだ。



これは「反論」でもなく、

本当の真実を基本から伝えている「抗議」と「訂正」なのである。


石原真理子・真理報道は鵜呑みにしてはいけない。


そこには思わぬものが絡んでいるからだ。(自分でいうのもなんですが。人が言わないので。)


そのあり方はまるで踏み絵と同類のようなものを私は自分のことながらいつも感じていた

すなわち、ある宗教たちが絡んでいるような書き方な訳でもある。


私はいわゆる日本宗教に絡んではいない。

私の親戚も家族も友人も宗教には加入していない。


今回の記事の内容は、ご近所である宗教に入っていない人を、入信者たちが嫌がらせをしている姿ではないだろうか、

とも感じている。

普段私が訪れない下町に遊びに行ったというところを狙って、、。


近所同士の嫌がらせなどは絶対にあってはならない。


TOKYO OLYMPICの決定理由の中には、ドーピングという「薬物違反問題」が日本にはないという点も

取り上げられていたらしいが、

早く、日本には「宗教の問題もない」国になって欲しいと思う。


そこから行けばこれまでの私へのマスコミからの嫌がらせは良く理解出来るだろう。

それでも心があるマスコミはいて、その人々は更に増えては来ている。


しかし「週刊女性」は完全にやられていて、もはや魂がないのだ。

おへび女、おへび男が巣食う虚言癖持病の編集部。


私に関する良い記事だけを書いていれば良かったのに、間違えてしまいましたね。^^


捏造記事を買わされている方々も早く気づくべきであり、洗脳に麻痺しているその姿は


自分でも知らぬ間に「地獄との繋がり」を敢えて望んで持っているという形になってしまう


反対に、私は真実を持っていますから。


これより先は野蛮な捏造記事を野放しには出来ないので、

私は厳重に抗議致します。


そして然るべきところで然るべきタイミングに「週刊女性」への告訴も辞さない、ということを伝えておきます。


ジャニーズにばかり入れ込んで、子供さんたちを間接的に生贄にし続けるその姿は本当に気味が悪いです。


Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.