「ごきげんよう」で私が質問した「ぴったし」番組。 そしていつの間にか複活。 え、私 聞いてな~~い。

2001年、「ごきげんよう」という番組で私は小堺さんに20年振りかにお会いして

「昔、ぴったしカンカン」というのをやられていましたね、

もうやらないんですか~?」

と、それとなく(色々考えて)申しました。
 

そこには復活すれば楽しいですね~~の意味がありました。

勿論同じような番組司会者の形の意味で。


するとどうでしょう、いつの間にか20年ぶりにスレッと復活されていたんですよね。

「私、聞いてない~」 ^:^


ならばだね、きっかけを作った私にだね、

何らかの誠意を示すのが普通でしてね。


「今度ぴったしカンカンを復活するこになりました。

きっかけは勿論、ごきげんようで石原さんが復活話を振られてからな訳で、皆であ~そうだ、そうだとなりましたから、

この度無事に復活に至りました。 ついてはご出演頂きたいのですが、例えばレギュラーなどは如何ですか」

などというのが ^:^ 世の常識ではないですか。

これ、またもやTBSで御座います。


いつ復活なさいました、2005年にはもう出来てましたか。

誰も忘れていたであろう ぴったしカンカンなる番組名を フジで小堺さんに振ったのは2001年、

数年掛けて準備したと思いますが、


近いうちに何らかの挨拶を待っていますよ。



今のところは恩を仇で返されていますから。

協力すべきところを逆のことをしてますよね。


TBSの制作会社さんには良いスタッフさんも居ますからね、2010年には一緒にブームを作りましたから。 ^:^


私は色々と貢献しているんですから感謝して下さいよ。

(基本としてこのようなことを本人に言わせるのもおかしいのですが。)

色々なゲストも出ているでしょう、

レギュラーもいるんでしょう。



あの時はみなさん、小堺さんでさえ忘れていて あ~~ありましたね~~って

感じでしたよ。

VTRがあるでしょう、チェックしてごらん。

視聴者もスタッフの中にも私が今回このように示しているのを読んで思い出す人もいると思いますけど。

(フジの三宅さんは覚えているのではないですか?。。 ^:^ )



再度言いますが、普段私に対して妨害をしていなければ私も何も言わないんですよ。

私は優しくてとても良い人なんで。 ^:^

でも良いスタッフの中で悪い人も居て、私は感謝されるべき人なのに「迷惑をかけられている」


貢献している方に対して無礼過ぎる態度だから自分の立場でわざわざしなくてもいいのに示している、

という行動には人間としての深い意味がある訳です。



同じ業界人として何らかの誠意を示して下さい。

私の言葉がきっかけで復活した番組さん。ーーー

そして別件の金曜ドラマの件も、お願いします。



Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.