悪い宇宙人、良い宇宙人。 Area51の意味

8月中旬にも触れました、アメリカCIAがついに認めたArea51という存在、

今なお亡命中のスノーデン氏が漏らしたという機密書類のおかげもあり

初めて明かされる経緯に至ったのだと思う。


アメリカでは政府と宇宙人がコンタクトを行う場所として知る人ぞ知るという場所でした。

私は2回訪れたことがありますが全部回るのに8時間ほど掛かる広大な土地、

途中では牛にも遭遇するほどでした。

片道終えたところには大きな看板があり、そこでは友人に肩車をして貰い、看板に自分の名前も書き残したものですが、、、

2回目は一人で訪れました。


いずれも不思議な体験をしております、

Area51近辺に宿泊するならここしかないというような小さなホテルでも

街中で起きている不思議な出来事をそのまま素直に信じる人もいれば疑わしく見る、

心の曲がった人もいるという具合で様々です。


そしてこのArea51には、良い宇宙人はいません。

此処はアメリカ政府と共に地球を支配するためだけの欲のある宇宙人とのコンタクト場所であるからです。


9月に書く予定が今日になりましたが、

此処で伝えたかった事は、今すでに昨年の6月より世界単位で如実に始められている地球上での

悪魔集団の地球制覇計画のこと。



皆さんが普通に見られているTVの中にも沢山潜んでいますよ。

あるアイドルグループやその事務所全体はモンスター系で世の人々や事務所関係者

(ファンに見えるエキストラ含め)の魂を一人一人取りこんでいる様子です。


先日にも書きましたが、悪い宇宙人は人間のふりをして世の中に紛れ込んでいますが

本人はなかなか姿を表しません。

しかし宇宙人の元である悪魔の子供たち、すなわち神を裏切った子孫たちと

爬虫類の合いの子はTVでも良く見られる人の中に沢山おります。


急に「気持ち悪い!」と思われたことはありませんか。

あれは気のせいではなく、魂が相手の悪魔魂を見透かし、その「へび」さ加減に

「気持ち悪い」と反応しているのです。

今後は放心状態でTVを見ないで下さい。

思考の竜巻に持っていかれてしまいます。


そしてしっかりとそれが悪魔と爬虫類の子なのである、ことを見極めて頂きたい、心底そう願います。


ある「池田たぬき教」は、想像を絶する汚いやり方で私を狙っていました。

その最中に「やつ」が考えた中には、爬虫類へびを私の存在に重ねようとするものでした。


姿形を真似るのは無理なようだと判断をしたらしく、(当たり前ですね。^:^ )私の名前の半分に掛け合わせて来ました。


よって、例えば検索をかければそのカエルの子の名前が先に出るように仕掛け、

自分たちが出しゃばりしゃしゃり出るようにしているのだということです。


勿論その宗教は、へび系であり魂はすでにへびのもので、勿論あの口ビルタレントもこの口ビルタレントも

爬虫類。

本当に気味の悪い正真正銘悪魔の子だということですね。

どんなにブス顔で化粧で誤魔化してTVの中で誘惑してきても騙されないで下さい。


今日は悪魔の数字の日である11が2つ並んでいる日、

日本は迷信めいたものは信じるのに、いざ本当のことに対しては疑うという逆に捉えるところが多々あります。



今日を機に、悪魔の存在を認識して悪魔系の存在には親しまない、

悪魔には騙されないように生きていくようにして下さい。



かつてブッシュ大統領がホワイトハウスで演説をした際、

後ろの部屋の内側の窓からエイリアン(悪い宇宙人)がグレイの顔でブッシュをレーザービームで

打ち付ける姿がCNNで生中継されてしまいました。


ぞのビームは緑色で、グレーが打ち付けた後にすぐにブッシュはビームを知らないのにその演説を止めました。

この映像は数回流れたあとに全て放映はSTOPされています。


アメリカは悪い宇宙人の影響を受けているということ、

それは8日にも観た、私が体験した内容も織り込まれている別バージョン内容である映画 「Forgotten」にも関係する内容です。



最新のスパイダーマンがただの映画だと思いますか。

歴代のアメリカ大統領の中には如実に姿を表す爬虫類と悪魔の合いの子が居て、

スパイダーマンのあの敵のように、人間から爬虫類へと変身する大統領を目の前で見たと証言をする

元政府関係者もいるほどで、ブッシュはReptillanだと噂されています。


カマーやビアンの中に「普通の人をこちらにこさせるのが好き」ということを言う人がいるようですが、

あれは普通の人の「魂」を捕る悪魔爬虫類です。



宇宙人の場合、へびの場合、爬虫類の場合、バンパイアの場合、

様々ではありますが、全ては悪魔の子孫であるということ、

共通するのは、人様を魂から滅ぼし魂を捕るのを趣味としているということ、


その子孫と地球外でコンタクトを取っている一派が世にいうあの悪い宇宙人・グレー他であるということ、

その存在をCIAが認めたということは、隠すことはもう出来ない事態に来ている、

悪の崩壊も近いということにも繋がるので「これはすごいことだ」と申した次第です。


カマーやビアンは悪魔のもの、


思考を取られないようにして下さい、

記憶を取られないようにして下さい、


悪魔を崇拝する人たちは人間の血が好物、

人を殺す人たちは悪魔に喜ばれるのだそうで、

血を見るのが喜びになっている変態悪魔たちなのです。


犯罪者を庇わないで下さい。

犯罪者を可哀想に思わないで下さい。

世のため、人のために、被害者の身で考えて日々を過ごして下さい。

いつ本当に人がバンパイア化されるのか、吸血鬼になるのか、それも冗談では済まされない世の中になりました。


という、現実を考えさせられるArea51の存在の認識なのです。


心して覚えていて頂きたいと思います。 。





Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.