1998年の秋まで、もしも私が若くして急に亡くなる時は、交通事故だと思っていました。 今はもうその罠からは逃れましたけどね。だから色々とポールのことが今でも心配なのです。

実はポールにも伝えたことがある。

「もしも私が急に若くして無くなるとしたら、それは交通事故だと思う」

スピード好きな彼は静かに聞いていました。


そして幼少期から感じていたその感覚は、1998の秋に急に無くなったのです。

と同時に今度は他の不思議な感覚が出て来ていました。

それは

「もう一人の自分はすでに天国に居て、その私は自分と同時に生きている。。」 というもの。

その後に「ハイヤーセルフ」という言葉をアメリカで知りましたが、そんなスピリチュアル騙しのようなものではないんですよね。

現実に朝目覚めた時に、急に降りて来た感覚でしたものですから。。。


本当に奇妙な感覚で、その2年前には(以前にも書きましたが)フロリダで私を危険から救おうとした天使の声を

聞いているし、2003年には200人ほどの小さな天使が夢に現れて「いつも守ってますよ~」と、

トランペットを吹きながら宣言もしてくれました。。


そして1999年以降にはもうひとりの自分、という感覚は日に日に薄れ出してすっかり忘れていたのに、

突然先週、それが戻って来たのです。


これらすべての出来事やポールに告げていた感覚のこと、そして彼はカーレースの映画に出始めてから有名になったこと、

そして彼の方が事故で亡くなってしまったこと、、いくつかの小さなピースが今回全部繋がりました。


これはただの偶然ではないのです。

今回彼に起きたことは避けたかったことでした。

もっとあの人たちのことを忠告してあげられていたら良かった、と思ってしまいます。


事故のことを聞いてすぐに解りましたが、何せ私の人生の速度と一般の皆さんの間には 人生体験について

大きな時差がある。

それでもこれ以上は待たない方が良いので、もう言いますよ。


「あの人たち」は、機械・および車、そして数字のエネルギーを利用します。

ハンサムなハンサムな綺麗なBabe, 私の永遠の彼・ポールは ^:^ 

2013年の11月30日(アメリカ時間)に天に登りました。


2013 + 11 + 30 =

 

2+4  + 2  + 3  = 


  

    1  1


  11 なのであります。


これは偶然ではなく本当の罠。 皆さん早く目覚めて下さい。

奇しくも私は先月、11の文字は悪魔だとポッキーのことも含めて伝えていました。


11は、ANTI- CHRIST のエネルギーに上昇します。

人様の死を利用して悪魔に捧げるということです。

ーー ガガ がポッキーを手にして食べながら成田を出て行く映像が今日の夕方一瞬流れていました。ーー
 
私はまた偶然の一瞬を目撃して、それを逃しませんでしたよーーー。

あの人は人様の血を食べて生きていますよーーーー。。



日本人を怪獣、モンスターにしようとしていますよ~~。。

関わるのはやめましょうね、日本人。 本当に無知は恐ろしい。


反キリスト、 ANTI-CHRISTと聞けば、私などはざわざわ~~っと鳥肌で恐ろしい色が浮かびますが、

そういうの、ないですか、日本の人は、、。。 

ま、 大事なことなので、覚えていて下さい。。


これ以上、罪のない神の子たちが生贄にならないように、私たちが彼らを止めなければならないのです。

まるで解っていたかのようなタイミングで、今までになく立て続けにポールはこのところ映画に出演していたようですが、

そのどれもが

「まだ公開されていない。」


目撃者によれば、ポールは「5分で戻るよ」と、

まるで試乗の感覚でチャリテイの人々に告げて車に乗り、その友人の車のデイーラーは、

事故現場のすぐそばにあったそうです。


1-2ヶ月前にも車が急加速したのに「自殺」と言われて亡くなった方がいました。

(、、、、 名前を思い出したら書きますね。。)



ポール ・ウォーカーは永遠に私の中では生き続けます。

永遠に。。ーー 




Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.