Paul wasn't speeding,by the way. ポ-ルはスピードを出していた訳ではなかった、とポールは言っています。
He wasn't speeding at all, by the way.  

He wasn't even driving, you see. 

I'm getting his thought from Paul that his long time friend who was in the  drivers,

may have known what was going to happen.

Or, the driver was mind controlled remotely that he was urged  to drive at 3:30pm,which  

are the numbers very significant to 'them'.

Then he slowed down and almost stopped where 'they' wanted them to park...and the bomb happened right there.


You can see with the security camera that Pauls car was stopped for a min only with black smoke

but yet the fire.

Soon after, the other car came from their left right after the first bomb, and while Paul was trapped with the trapping

seat belt in a car , making black smoke.  

He was unable to got off.

This car passed by Pauls troubled car, but very strangely lt was not only appearing uncaring and unruffled but also

giving some kind of assuring energy of that had happened to Paul.

Although there are some trees in screen that hid some parts of both cars,

I see their energy.

Add to that, it looked this car threw some products to make Pauls car exploded at the exact time they passed right by

Paul.

You can see this in recording, too.  

THE CAUSE OF THIS INCIDENT(NOT AN ACCIDENT) WAS NOT THE SPEEDING,

that's only 'they' want us to think to  cover it up. 

They always do that.  They have trapped me nearly 10 times so far, but I have survived every time all through it.


That's why I believe what Paul gave me the truth.



ポールはスピードを出している訳ではありませんでした。

彼が運転した訳ではないですしね、最初から。

しかし彼の友達は何が起きるのかをもしかしたら知っていたのかも知れない、あるいはわざわざあのタイミングで

都合良くマインドリモートコントロールに引っかかり

どうしても「3:30pm」に運転がしたくなり5分のつもりのドライブを悲惨な事故へと変換してしまったのです。

(事故が3時30分だったというのは昨日まで知らず、33という数字はあの人達の中では最高のパワーを表し、よく使用される時間であり数字なのです。)

そして「彼ら」がポール達に停止して欲しかった場所にゆっくりと向かって居た時に事は起こりました。

あんな細い木にぶつかって車が大破したのではなく、最初は煙りだけしか出ていませんでした。

火が出たのはその1 分後で、その間はポールの搭乗した車が煙りを出してただ停止しているのが、民間セキュリティカメラに映っています。

すると間もなく左手から一台の車がタイミン良く出て来ていて、

ポール達の煙りを出している車に躊躇する様子も無いように私には見えて、

大木で隠れているのでよくは映ってはいませんが、まるでただ確認の為のような通り過ぎ方のエネルギーを出しながら

その車が丁度横を過ぎた頃に何かが爆発しているのが映っています。


車の動向だけを見ると偶然にも見えそうですが、その前後が映っていないのを見ると、

この車が爆破させていたのではないかと私は見ています。


最初の仕掛けではうまく行かず、ただの黒煙止まりで本人達はしシートベルトの罠で動いけない間にもう一度爆破させたんです。

事故の原因はスピードであると「あの人たち」は世間に思わせたいのです。

このようなやり方をいつもするんですよ。


私はもう10回以上仕掛けられていますが、乗り越えて脱出し生き残って来ました。 ^:^

だからポールが私に伝える真実をそのまま受け取り信じているんですよ。




Copyright © 石原真理絵     “ふわっとした瞬間”. all rights reserved.